エアフィックス メッサーシュミットBf110C-2/C-4 製作記②

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

エアフィックスから2010年ごろに発売された、メッサーシュミットBf110C-2/C-4のキットを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は箱の中身を確認した。

今回は一気に組み立ててしまおう。

レーナ
レーナ

なんとなく予想はしていたけど、ダイジェスト版になりそうだね。

アドルフ
アドルフ

基本的に内容は前作の2017年発売版と同じですからね。

詳しくはそちらを参考にしていただければい幸いです。

エアフィックス メッサーシュミットBf110C 製作記②
アドルフエアフィックスから発売されています、メッサーシュミットBf110Cを作っていきましょう。ヴァルダ前回はパーツ紹介をした。今回から組み立て開始。各部の貼り合わせをしてコクピット内部も塗り分けよう。レーナ筆者が大量に保有しているBf11...
ヴァルダ
ヴァルダ

装備など一部異なる部分を中心に紹介していこう。

それでは作戦を開始する。

 

スポンサーリンク

主翼などに取り付け穴を開ける

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は機体下部に増槽を取り付ける。

取り付け用の穴を開ける箇所があるので、ピンバイスで開口しよう。

アドルフ
アドルフ

主翼下部に2つ。

胴体下部に1つ。

それぞれ穴を開けます。

ヴァルダ
ヴァルダ

穴の指定は全て0.5mm径

ただ後に判明したけど、胴体下部のものは1.0mm径のものがちょうど良かった。

なので後で同径のピンバイスで穴を広げている。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,250 (2024/07/25 18:58:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

合わせ目接着

ヴァルダ
ヴァルダ

主翼の準備ができたら各部貼り合わせ。

今回は増槽と爆弾も取り付けるので、それらもここで接着しておこう。

アドルフ
アドルフ

爆弾と主翼下の増槽は大小2種類あり、どちらかを選んで取り付けます。

今回は

  • 爆弾→小
  • 増槽→大

にしてみました。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについては過去記事を参考にしてね。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドルフ 何をするのやら……。 合わせ目消し...

 

コクピット周りの組み立て

アドルフ
アドルフ

乾燥待ちにコクピットを進めていきます。

ここは前に作った2017年版と変わりませんな。

詳しくは本記事冒頭に乗せた過去記事を参考にしてください。

レーナ
レーナ

座席の奥まった押し出しピン跡を処理して……

付属のパイロットを乗せる場合は処理しなくていいかも。

ヴァルダ
ヴァルダ

準備ができたら内部の塗装。

一度サーフェイサーで押し出しピン跡部分をチェックした後、RLM02グレーをメインに吹き付けていく。

塗装が済んだら各部組み立てて、計器のデカールを貼り付けてスミ入れやドライブラシだ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥395 (2024/07/25 04:45:22時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

このあたりも過去記事を参考にしていただければ。

Part3の範囲ですな。

エアフィックス メッサーシュミットBf110C 製作記③
アドルフエアフィックスのBf110Cを作っていきましょう。ヴァルダ前回は各部貼り合わせを行い、コクピットを組み立てた。今回は組み立てたコクピットを塗って組み込み、機体の大まかな形を作っていこう。レーナ今のところ順調に進んでいるようだね。アド...
レーナ
レーナ

計器板の周りも少し削りこんで薄くしておこう。

後で胴体に噛み合わせる際にうまくはまらないから……。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみにこの作業、わずかな塗装面積のためだけにエアブラシを用意するのがもったいないと筆者が判断。

以前の2017年版と同時に塗っていた。

レーナ
レーナ

エアフィックスのBf110はこれで2機目。

……コクピットブロックが4つあるような。

ヴァルダ
ヴァルダ

詳細は後のお楽しみだ。

アドルフ
アドルフ

後は胴体もコクピットに組み込み、胴体を接着。

機首側は接着剤をはみ立たせて合わせ目消しの準備。

尾翼側は合わせ目を残し、後にタガネでモールドを強化します。

created by Rinker
スジボリ堂(Sujiborido)
¥7,980 (2024/07/25 03:22:37時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

このあたりも前作品と同じ流れ。

いきなりタガネで彫りかえすよりも、先にデザインナイフとかで当該部分を軽く彫ってガイド代わりにしておくといいかも。

エンジンバーツなどの取り付け

ヴァルダ
ヴァルダ

接着剤の乾燥待ちに各部を進める。

エンジン、機首、主脚、尾翼などを組んでおこう。

レーナ
レーナ

尾部パーツは大小2種類あるね。

今回は前作品と同じ小のもので。

ヴァルダ
ヴァルダ

接着剤が乾いたら主翼や胴体を整形し、組み立てた各部品を取り付ける。

ここで前作と異なる箇所は右エンジンの吸気口パーツ。

塗装図Aパターンだと前作と同じ68D番パーツを選ぶ。

今回作るBパターンだと96B番パーツとなる。

間違えないようにしよう。

アドルフ
アドルフ

エンジン吸気口パーツはいくつかバリエーションがありますな。

熱帯方面の機体だと防塵仕様になっていたり。

 

機体下部の装備品組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

成型の都合か、増槽部分は支柱と本体がこんな感じの分割になっている。

タンクの一部が支柱側についているので、合わせ目消しの要領で接着・整形をしておく。

レーナ
レーナ

そのままだと支柱パーツははまりにくいね。

接着前に少し削りこんだほうがいいかも。

アドルフ
アドルフ

組み立てるとこんな感じに。

ヴァルダ
ヴァルダ

さきほど胴体下部の増槽用の穴を広げたと言ったけど……

実際はここで仮留めした際に行っている。

主翼下の増槽支柱よりも太かったから、0.5mm径ではハマらなかったんだ。

レーナ
レーナ

増槽だけでなく、爆弾ラックも忘れずに。

これは取り付け穴が最初から設けられているから、そこにラックパーツを接着するだけだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

この爆弾ラックを増設したC-4型をC-4/B型と呼ぶ資料もあるようだ。

更にエンジンを換装したり、爆弾ラックの種類がいくつかあったりするとも言われている。

アドルフ
アドルフ

細い部品や細かい部品を省略している本キット。

前作同様、胴体下のアンテナパーツだけ自作しておきます。

詳しいやり方は前作の過去記事を参考に……。

エアフィックス メッサーシュミットBf110C 製作記④
アドルフエアフィックスのメッサーシュミットBf110Cを作っていきましょう。ヴァルダ前回はコクピットを組み込み、胴体を大まかに作り上げた。今回は風防など残りの部品を取り付け、組み立てを完了させよう。レーナ今回のBf110に限らず、筆者の積み...

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

増槽部分はここでは接着せず仮留め状態。

塗装の利便性を考えた。

レーナ
レーナ

風防のマスキングも完了。

これで組み立て終了かな?

ヴァルダ
ヴァルダ

そういうことにしよう。

今回はここまで。

次回は塗装作業になるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました