エアフィックス 35(t)軽戦車 製作記②

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

アカデミー社のOEMである、エアフィックス社の35(t)戦車を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はパーツ紹介で終わってしまった。

今回は早速組み立てていこう。

レーナ
レーナ

見た感じ、履帯の組み立てまで進むようだね。

アドルフ
アドルフ

小粒ですが少々足回りの部品が細かいです。

落ち着いていきましょう。

レーナ
レーナ

ガンガンいこうぜ!

スポンサーリンク

車体を箱組みする

ヴァルダ
ヴァルダ

本キットの車体は箱組み式。

板状の部品を貼り付けて、箱状にしよう。

リベットモールドがあるので、接着剤のはみ出しに注意。

アドルフ
アドルフ

組み立てる前に

  • 側面パーツに穴あけ
  • 前面パーツに人形用の台座接着

をお忘れなく。

レーナ
レーナ

箱組み完了。

その他部品も取り付けていく。

ここで独立した誘導輪が1組付くのが特徴だね。

足回りを組み立てよう

アドルフ
アドルフ

35(t)の足回りはリーフスプリング方式。

ボギー1組に対して、4組の転輪が付きます。

ボギーは4組なので、転輪は16組必要です。

数が多いので、ちょっと面倒ですね。

レーナ
レーナ

この転輪、軸部分が弱くて作業中にポロポロ取れる。

気になるようだったら接着固定したほうがいいかも。

ヴァルダ
ヴァルダ

転輪組み立て完了。

ついでに起動輪、誘導輪や同じFランナーに入っていた部品も、まとめて整形してしまう。

スクレーバーを取り付けろ!

ヴァルダ
ヴァルダ

この戦車の機動輪部分はスクレーバー(泥除け)がつく。

・・・・・・なんだけど、取り付け位置がわかりにくい。

アドルフ
アドルフ

取り付け部分にはモールドも凹みも一切ないので・・・・・・

ちなみにスクレーバー本体には、裏側に押し出しピン跡があります。

筆者は軽く削って処理しています。

アドルフ
アドルフ

先にスクレーバーを固定してしまうと、起動輪が取り付けられません。

一旦取り外します。

画像のオレンジ色で示した部分が取り付け場所ですな。

レーナ
レーナ

起動輪を先に取り付けて、スクレーバーを・・・・・・

なんだけど、これが結構やりづらい。

アドルフ
アドルフ

筆者は

  • スクレーバーを仮接着
  • 完全に固着する前にスクレーバーの位置をずらしながら、起動輪を取り付ける
  • スクレーバーの位置を戻して、再接着

という流れで組んでいます。

ヴァルダ
ヴァルダ

スクレーバーと起動輪の間は結構タイト。

筆者はスクレーバー全体を軽くサンディング。

一回り削って小さくしている。

レーナ
レーナ

車輪類を取り付けるとこんな感じに。

先ほど側面に空けた穴に、予備ゴムリムパーツも取り付けよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

この戦車は誘導輪にも歯が付いている。

わかりにくいけど、後部が起動輪だ。

履帯の取り付け

アドルフ
アドルフ

本キットの履帯は組立て式です。

一部直線になった部分と、1枚ずつ組む部分があります。

比較的直線部分が多いので、速乾流し込み接着剤で迅速に進めます

ヴァルダ
ヴァルダ

ドイツ製戦車とは違って、履帯に接着剤の受けになる部分がない。

接着剤を付けすぎると表側に流れ出すので注意。

今回の戦果

レーナ
レーナ

取り付けるとこんな感じに。

ヴァルダ
ヴァルダ

両端の合わせ部分がガタガタになりやすい気がするね。

履帯の構造上の問題かもしれないけど。

歯が起動輪、誘導輪ともにあるので、どちらで合わせても大丈夫。

今回は前部、誘導輪で合わせている。

アドルフ
アドルフ

今回はこんな感じですかな。

続きは次回にしましょう。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに!

この記事で作っているキット

created by Rinker
エアフィックス(Airfix)
¥2,693 (2021/07/26 05:45:42時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました