クレオス IV号駆逐戦車L/48製作記③

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

続きといきますが、どこまでやりましたっけな。

ヴァルダ
ヴァルダ

確か主砲が組み終わったところだ。

アホな筆者が変なところで切ったせいで忘れかけているね。

スポンサーリンク

車体上下を合わせる

アドルフ
アドルフ

前回までの作業で車体上下が揃いましたので合わせます。

車体下部側の一部を切り取ってあわせますがそのままではうまくはまらないようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

前後で反っているというか。

アドルフ
アドルフ

とりあえずまずは前面だけを接着。がっちり抑えて乾燥待ち。

ヴァルダ
ヴァルダ

こういうとき、筆者はセメント系でプラを溶着。その上から瞬着でパーツがはがれてこないように速攻をかける。

アドルフ
アドルフ

その後、車体後部を接着。

説明書では車体後部の製作が最後に来ていますのでここで組んでしまいます。

アドルフ
アドルフ

最後にシュルツェンフックの取り付けです。

そのままだとうまくフェンダー側に接着できなかったので赤くした部分を削ります。

アドルフ
アドルフ

それでも嵌り方がぎこちなかったので現物合わせで削ったりしています。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに本キットにシュルツェンは付属しない。

実車でも資材不足や整備時に邪魔になることから装備しない車輌があったようだ。

最後に立ちはだかる事件達

アドルフ
アドルフ

さて、一度外した履帯を組みつけようとしましたが・・・・・・

見事にバラバラになりました。

ヴァルダ
ヴァルダ

くっつけよう。

取り外し可能にしようと思ったけどこれはダメだね、大人しく接着してしまおう。

アドルフ
アドルフ

ヴァルダ殿!アホな筆者がC45の部品を紛失しました!

ヴァルダ
ヴァルダ

単純な形の部品なので押し出しピンのランナーと伸ばしランナーで自作しよう。

あとはウェザリングでごまかす。

ついでにアンテナ基部の簡単ディティールアップ

アドルフ
アドルフ

筆者があれこれいじっている間に戦闘室後部のアンテナ基部が外れてしまいました。

ついでなので再接着する前に簡単なディティールアップをしておきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

やり方は簡単。赤くした部分を削るだけ。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずはニッパーで軽く切れ込みを入れる。

このままニッパーで不要部分を切り取りたいけどここで刃を入れると部品が割れるのでストップ。

ヴァルダ
ヴァルダ

不要部分の端から、エッチングソーなどの薄刃の刃物で切り取っていく。

ヴァルダ
ヴァルダ

後はデザインナイフやヤスリで整形するだけ。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりつけるとこんな感じに。アンテナ部分は一旦切り取ってピンバイスで穴あけ。後でアンテナパーツを自作した際に取り付けられるように備えておく。

アドルフ
アドルフ

このテクニックはこちらの仲田裕之氏著「戦車ダイオラマの作り方」という本から拝借しています。

こちらの著者は表紙にもなっているIII号突撃砲G型の車体前面のライト台座に今の改造を施しています。

ヴァルダ
ヴァルダ

以前本ブログで紹介したIII号戦車N型の戦車兵の塗り方。

これもうちの筆者がこの本で紹介されていた戦車兵の塗り方を参考にして独自に簡略化したものだったりする。

created by Rinker
¥2,750 (2021/07/29 18:05:39時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

ここでようやく組立てが完了しました。

ヴァルダ
ヴァルダ

短いけど切りがいいので今回はここまで。

やはり前回変なところで切った感じがするね。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました