サクッと!ウェザリングライナーでプラモデルに雨だれ・錆だれ汚れを施す方法

ガンプラ製作記録
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回は筆者が作りかけで遺棄していたジンタイプインサージェントを使い、チッピングの実践をしていましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はそのジンを使い、もうひとつウェザリングを紹介する。

雨だれ・錆びだれ汚れだ。

レーナ
レーナ

筆者がよくやるやつだね。

アドルフ
アドルフ

いつものアレですな。

「毎回説明するのが億劫になったから独立した解説記事を作る」

という。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者お約束のパターンだ。

それでは作業を開始しよう。

 

 

 

スポンサーリンク

雨だれ・錆だれのイメージ図

ヴァルダ
ヴァルダ

例によって過去作品をみてみよう。

装甲面上部や奥まったモールド部分から、下に向かって流れたような跡があるのがお分かりいただけるだろうか。

レーナ
レーナ

過去作品はそれぞれ

  • タミヤ パンターG型(後期型)
  • タミヤ ヘッツァー(中期型)
  • HGUC ザクI

だね。

タミヤ 1/35 パンターG型(後期型) 製作記⑥(完成)
アドルフ タミヤのドイツ軍中戦車パンター(パンサー)のG型。 それの後期生産型を作っていきます。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを行った。 今回はウェザリングを...
タミヤ 1/35 駆逐戦車ヘッツァー(中期生産型) 製作記⑤(完成)
アドルフ タミヤMMシリーズのヘッツァー駆逐戦車を作っていきます。 ヴァルダ 前回は細かい装備を組み立て、そのまま車体の塗装まで行った。 今回は細かい塗装やマーキング、...
HGUC ザクI(旧ザク) 製作記⑤(完成)
アドルフ HGUCのザクI(旧ザク)を進めていきます。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを済ませた。 今回は主にウェザリングなど仕上げを行って完成させよう。 ...
アドルフ
アドルフ

どれも筆者が今年の1~3月にかけて作ったものですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はこれを実践してみよう。

 

 

 

今回の犠牲者 HG ジンタイプインサージェント

ヴァルダ
ヴァルダ

実践するに当たって使用するのはこちら。

前回に引き続きガンプラHGシリーズより

ジンタイプインサージェントだ。

レーナ
レーナ

筆者が変な状態で遺棄していたのをサルベージ。

塗装をして前回はチッピングの実験台にしたところだったね。

GO!GO!チッピング! ガンプラに傷を描き込む方法
レーナ 模型大体戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者が数年間放置していたHGのレギンレイズが完成しましたな。 今回は……。 ヴァルダ ...

 

ヴァルダ
ヴァルダ

ついでなのでこの雨だれウェザリングの解説にも付き合ってもらう感じだ。

 

 

使用する道具

ヴァルダ
ヴァルダ

雨だれは液体塗料を用いたものが多いみたいだけど……

筆者はよくクレオスのウェザリングライナーシリーズを使う。

今回もそれを使ってみよう。

アドルフ
アドルフ

ウェザリングライナーはいくつか種類がありますが……

筆者が良く使うのは

  • 錆色セットのスートブラック
  • 泥色セットのディープブラウン

ですな。

頻繁に使うからか画像でもこの2本は他のものよりも短めです。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥373 (2022/05/10 03:07:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥710 (2023/02/07 23:48:34時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

他に使うのは

  • クレオス ウェザリングカラー用薄め液
  • ガイアノーツ ガイアフィニッシュマスター

だ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥369 (2023/02/08 12:36:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥505 (2023/02/07 16:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

スートブラックで雨だれ風の汚れをつけてみる

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは作業開始。

このサイドアーマーで試してみよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずは錆色セットのスートブラックで。

こんな感じにちょこっと線を引いてみる。

レーナ
レーナ

これだけだとただの味気ない線だね。

ヴァルダ
ヴァルダ

んで溶剤を染み込ませたフィニッシュマスターを使って線を伸ばしてやる。

フィニッシュマスターの面部分ではなく、角とか端部分を使って線を伸ばしてやる感じ。

擦りすぎて線が消えてしまったらまた引きなおすところからやり直せば問題ない。

レーナ
レーナ

伸ばし方によって線がはっきり残ったりうっすらと残ったり。

この辺りはお好みで。

 

ディープブラウンで錆だれ風汚れをつけてみる

 

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて今度は茶色系のライナーを使って錆だれ風のを試してみよう。

前回のチッピング作業でも使った、肩アーマー部分を用意する。

レーナ
レーナ

焦げ茶色の傷があるね。

塗装が剥がれて錆が浮いたような……。

ヴァルダ
ヴァルダ

今度は泥色セットに含まれるディープブラウンを使用。

前回施したチッピング部分から線を書き、やはり溶剤で伸ばす。

アドルフ
アドルフ

こちらは傷の錆部分が雨などで流れた感じに。

チッピング部分もウェザリングカラーなので、擦り過ぎるとそちらも落ちてしまうので注意ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ウェザリングライナーはペン先を溶剤に浸しても線を引くことが出来る。

乾いた状態で引いた線よりも主張が強くなるので、強弱使い分けるときに利用するのもいいだろう。

レーナ
レーナ

さっきのヘッツァーに施された、車体前面左側のバイザーブロックから流れている茶色は溶剤で浸したウェザリングライナーで引いた線。

かなり強めの錆だれに見えるね。

その他ウェザリングライナーで色々と

ヴァルダ
ヴァルダ

せっかくのウェザリングライナーなので他にも活用法を。

ドライブラシ同様、装甲面の角に塗ることで塗装が剥がれて錆が浮き出た表現ができる。

アドルフ
アドルフ

ペン先でトントン突っつくように塗ってやると、チッピングのようにぶつかって塗装が剥がれたようにも見えますな。

液体の塗料と違って極小面積でもコントロールしやすいのが利点です。

レーナ
レーナ

今回はあまり出番のない錆色セットのラストオレンジとかの錆系。

それらの色はトントン塗りでアクセントに使うといいかも。

ヴァルダ
ヴァルダ

他にも機体のあちこちに雨だれ・錆だれを追加する。

赤い「K」のマークは錆色セットに含まれるラストレッドを使用。

マーキングに使われた赤い塗料が流れた感じをプラスしている。

レーナ
レーナ

赤文字が流れていると流血表現みたいでちょっとゾクっとするというか。

アドルフ
アドルフ

エナメル塗料とかでも塗料が流れたようなのは表現できますが……。

ウェザリングライナーは固形上にコントロールしやすいのが利点ですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

全体像はこんな感じ。

主に装甲面のチッピング部分やモールド部分など、水とかが貯まって流れそうな場所から線を引いている感じだ。

アドルフ
アドルフ

過去作の戦車類でもそうでしたが、広い面が単調にならないようになる効果もありますな。

その他仕上げ

ヴァルダ
ヴァルダ

雨だれ・錆だれは以上。

完成目前で放置するものアレなので

  • 足回りの泥汚れ
  • つや消しクリアー吹きつけ
  • H・アイズなどクリアーパーツ貼り付け

を行いそのまま完成させてしまう。

アドルフ
アドルフ

足回りはクレオスのウェザリングカラー・グレイッシュブラウン

戦車模型で行っているようなものなので、そちらの過去記事を参照に……。

やっつけ!戦車模型足回りウェザリング
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は小改造を加えたIII号戦車N型が無事組み立て終了しましたな。 今回は……。 ヴァルダ ...
レーナ
レーナ

とりあえずこれで完成。

以下、ギャラリーだよ。

 

HG ジンタイプインサージェント 完成!

レーナ
レーナ

ジンシリーズって原型が20年ぐらい前のキットだけど、ヒザ立ちは余裕でできるんだよね。

アドルフ
アドルフ

結構前の製品ゆえに単純な真っ二つ構造でそのままでは合わせ目が多めです。

ただ単純構造なので加工しやすいといえばしやすいのですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

細部のアップ。

ウェザリングを施したところは是非ともよく確認してもらいたい。

アドルフ
アドルフ

非正規の武装勢力が使用したジンタイプインサージェント。

今回は整備が追いついていない感じを出すため、ややオーバー気味なダメージ表現にしていますな。

レーナ
レーナ

タイプインサージェント。

なんかかっこいい響きだね。

デスペラードみたいな。

アドルフ
アドルフ

インサージェント(Insurgent)は英語で暴徒とか反乱者という意味ですな。

武装勢力による改修機なので正式な型番や規格はなく、総称みたいなものです。

ヴァルダ
ヴァルダ

余剰となるノーマルジンのパーツと混ぜたり武器を変更したりして、設定とはまた違った装備のジンタイプインサージェントを作るのも面白そうだ。

アドルフ
アドルフ

以前作ったハイマニューバとの比較。

察しがいい方はお気づきかもしれませんが、ハイマニューバの脚についたカバーは通常のジンのバックパック下部のカバーパーツと同一です。

HG ジンハイマニューバ 製作記⑤(完成)
アドルフ SEED MSV HGシリーズより、ジンハイマニューバを作っていきます。 ヴァルダ 前回は頭部の組み立てと塗装を行った。 今回はマーキング作業やウェザリングを...
レーナ
レーナ

余剰パーツと思いきやそっちに使い回されているという。

ヴァルダ
ヴァルダ

ハイマニューバに施した加工と同じようなものを今回のタイプインサージェントにも施している。

一連の過去記事を参照にしていただけると幸いだ。

HG ジンハイマニューバ 製作記②
アドルフ ガンプラのSEED MSV HGシリーズより、ジンハイマニューバを作っていきます。 ヴァルダ 前回はサルベージしてきたキットの外見を確認した。 今回は組み立て...
HG ジンハイマニューバ 製作記③
アドルフ ガンプラのSEED MSV HGシリーズにラインナップされています、ジンハイマニューバを作っていきましょう。 ヴァルダ 前回は武器・胴体、バックパックを仕上げた。 ...

 

作業まとめ

アドルフ
アドルフ

さて、今回の本題となったウェザリングライナーによる雨だれ・錆だれでしたが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

手順を要約すると……

  • ウェザリングライナーで線を軽く引く
  • 溶剤を浸したフィニッシュマスターで線を伸ばす

だけ。

レーナ
レーナ

ものすごく簡易的というか。

アドルフ
アドルフ

拭き取りは筆や綿棒でもできますが、フィニッシュマスターは面と角があるのでより狙った拭き取りがしやすいのがメリットですな。

拭き取り作業ではモールドのスミ入れなどの奥まった部分まで拭き取ってしまうことがありますが、平面を持つフィニッシュマスターはそれがないという。

ヴァルダ
ヴァルダ

利点としては

  • 溶剤成分がウェザリングカラー薄め液のみなので作業中の臭いが控えめ
  • メインが固形のウェザリングライナーなので作業中あまり汚れない
  • 液体の塗料に比べてコントロールしやすい

といったところ。

気になる点としては

  • ウェザリングライナーの色数自体が現時点では少ないのでバリエーションに乏しい
  • ライナーはセット商品だが、一部の色だけ減っていく感じになる

といったところ。

アドルフ
アドルフ

筆者の手元にある泥色セットは砂系の色が余り気味ですな。

筆者はよくエナメル塗料のバフや埃色でウォッシングをしますが、それの代わりに砂色系のライナーで雨だれをしても良さそうです。

お手軽戦車ウェザリング!伝家の宝刀バフウォッシング
アドルフ 年末が迫っていましたな。 年末といえば、大掃除ですが……。 レーナ 筆者の部屋を漁っていたら色々出てきたよ。 ...
レーナ
レーナ

なにか筆者に活用法を考えてもらわないと。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回の雨だれ・錆だれはいわゆるストレーキングというものに近いかな。

ただあちらは見た感じ液体塗料を用いたものが多いみたいだけど。

ガイアノーツからはそれ専用の筆も発売している。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥681 (2023/02/07 20:07:15時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

ストレーキングはもう少し規模が大きい雨だれ感がしますな。

今回のウェザリングライナーのは1本ずつ描いていく感じですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

そのうちそちらにも挑戦してみたいものだ。

今回はこれで終了。

この記事が何か模型製作のヒントになれば幸いだ。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥3,280 (2023/02/07 14:45:29時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました