タミヤ 1/35 ティーガーI初期型製作記②

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

皆さんどうも。本ブログの案内人であるアドルフです。

ヴァルダ
ヴァルダ

こんな時間にどうしたんだい。

筆者のやつは明日仕事のはずじゃないか。

アドルフ
アドルフ

それがですね・・・・・・

筆者の会社が明日・明後日と珍しく連休になってしまいましてね。

昨日途中で切ってしまった作業記録を紹介しておこうかと。

ヴァルダ
ヴァルダ

どういう風の吹き回しだい?

アドルフ
アドルフ

ただの台風ですよ。

筆者の住む地域を直撃するようで。

とりあえず、作業と行きましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

まあいい。

とりあえず作業と行こう。

アドルフ
アドルフ

前回は足回りの組立てが完了。

車体の箱組みが出来たところでしたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ああ。今日は車体後部を組み立てる作業となっている。

スポンサーリンク

ジャッキをお手軽ディティールアップする

ヴァルダ
ヴァルダ

ティーガーの車体後部には、整備などに使うジャッキが搭載されている。

最初に、ここの整形をする。

まずは押し出しピン跡による凹みが目立つため、これを黒い瞬間接着剤で埋める。

ここは完成時に下向きになるため、ひっくり返さない限り見えなくなる。

面倒な人は処理しなくてもいいかもしれないね。

created by Rinker
ウェーブ(Wave)
¥900 (2021/07/26 15:44:46時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

さてこのジャッキ、脚の部分がこんな形になっている。

ここを整形して実物の四つ脚っぽい形状にしてみよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずは中央部をへこませるようにデザインナイフで削る。

偶然刃先が折れていて平らになっていたので、より形状が出しやすくなっていた。

アドルフ
アドルフ

デザインナイフよりも、刃先の平たい彫刻刀のようなものの方が良いかもしれませんね。

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて左右にある脚の部分の、赤く印した箇所をデザインナイフで削る。

多少表面がぱさついているけど、これは流し込みのセメント系接着剤で均す。

アドルフ
アドルフ

どっちにしろ後で錆塗装をします。

多少ガタガタでも気にしないほうがいいですな。

車体後部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

後部のフェンダー裏にもパーツの押し出しピン跡があった。

ここは比較浅いので、ヤスリでガリガリ削って均した。

ここも上からは見えないので、面倒な人は無視していいかもしれないね。

アドルフ
アドルフ

または後で土を盛り付けたような汚し塗装をして目立たなくさせる、という手もあります。

ヴァルダ
ヴァルダ

各パーツが出揃ってきたので接着していく。

排気管は合わせ目ができる。

けれども、上から取り付けるカバーパーツで見えなくなるから、適当な処理で大丈夫。

ヴァルダ
ヴァルダ

始動クランク(?)は形状の異なる二種類からの選択式。

今回はまっすぐなタイプをチョイス。

エアクリーナーの取り付け

ヴァルダ
ヴァルダ

ここまで来たら、初期型ティーガーの特徴であるエアクリーナーを組み立てる。

エアクリーナー自体も前期型後期型の2種類が付属する。

S04号車は後期型を装備している。

クリーナー上部のような広い平面では、鉄ヤスリが面出しに役立つ。

アドルフ
アドルフ

ただ、力の入れ方を間違えると傷がつくので注意ですね。

下部の入り組んだところはデザインナイフのカンナがけで対応。

いずれにしろ、最後は紙ヤスリの仕上げが必要ですが。

GSIクレオス MF14 匠の鑢 極 雲耀(うんよう) 単目(粗)
ヴァルダ
ヴァルダ

エアクリーナーとその他車体上部に取り付ける小物たち。

クリーナーのパイプ部分はメッシュパーツ

説明書にある長さで切っていくけど、切り口がささくれる。

瞬間接着剤で、接着ついでに切り口を固めてしまおう。

アドルフ
アドルフ

切る前に瞬間接着剤を染みこませて、ささくれを防げそうな気が・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

排気管カバーも取り付けて、後部は組みあがりましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

後部の構成も、生産時期によって変わるポイントだ。

いわゆる中期生産型と呼ばれる個体からは、ここで組み立てたエアクリーナーが廃止されているんだ。

その他車体への装備品の取り付け

ヴァルダ
ヴァルダ

そのまま車体上部へ。

ここは今のところ説明書の指示通り、ただ組んでいく。

ただライトは後で手を加えるので、ここでまだ取り付けない。

操縦手、通信手用ハッチもまだ保留。

ヴァルダ
ヴァルダ

説明書では、車体側面のワイヤーパーツはデカールを貼り付けた後に取り付けるように指示がされている。

ものぐさな筆者は、マーク自体をパーツの隙間にスライドさせて貼る戦法を使うので、ワイヤーは先に取り付ける。

ただぴったり車体に接着すると隙間にスライドできなくなる。

接続ピンの部分だけ点付けで接着する。

アドルフ
アドルフ

今回はここまでですかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

台風が迫っているけど、筆者の自宅に被害が出ない限りは作業が出来そうだね。

アドルフ
アドルフ

筆者は鉄道通勤ですから、鉄道各社が計画運休をするのでどうやっても出勤はできませんよ。

鉄道といえばまたamazonで筆者が。

ヴァルダ
ヴァルダ

かつて常磐線で活躍していた415系電車だね。

鉄道模型に関しては、そのうち記事にしてみたいところ。

ただこちらは、完成品を集めるのがメインの世界。

作るのがメインのプラモデルとはちょっと毛色が異なるから悩むね。

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました