タミヤ 1/35 キューベルワーゲン82型 製作記⑤(完成)

※記事内に広告を含む可能性があります

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤMMシリーズより、ドイツ軍のキューベルワーゲンを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は車体の塗装とマーキングを行い、そのまま兵士も塗った。

今回は車体のウェザリングを行い完成させよう。

レーナ
レーナ

前のMe262が実際は年末には完成していたから、このキューベルワーゲンが2023年の完成第一号だね。

アカデミー メッサーシュミットMe262C-1a 製作記⑥(完成)
アドルフアカデミー社から発売されています、Me262を作っていきましょうヴァルダ前回は塗装とマーキングを済ませた。今回は軽くウェザリングを施し完成させよう。レーナ実際は先月末、というか年末に完成していたんだけどね。アドルフ記事のほうは変なタ...
アドルフ
アドルフ

滑り出しは順調ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

この調子で進みたいところだ。

それでは作業を再開しよう。

 

 

スポンサーリンク

スミ入れ兼ウォッシング

アドルフ
アドルフ

手始めにスミ入れ兼ウォッシングを。

タミヤスミ入れ用ブラウンと薄めたガイアエナメルの埃色を塗布・ふき取りします。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥750 (2024/07/25 17:16:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥470 (2024/07/25 08:39:20時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

本体がダークイエローだから埃色はあまり目立たないね。

いらなかったかも。

ドライブラシ

アドルフ
アドルフ

続いてドライブラシ。

これはタミヤエナメルのバフで行います。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥277 (2024/07/25 15:33:47時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

詳しいやり方は過去記事で。

車体よりもカーキのキャンバス部分にやってやるとそれらしくなる。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、またウェザリング講座を行う。今回は、ドライブラシを解説し...

 

その他車体のウェザリング

アドルフ
アドルフ

排気管部分は錆汚れを施しています。

戦車ではなく移動用の車輌なので、そこまで錆びさせなくてもよかったかもしれません。

レーナ
レーナ

錆びに関しては過去記事参照だよ。

部分塗装省略!戦車の車外装備にいきなり錆ウェザリング
レーナ 今日は何しようか。 アドルフ 前回は、ティーガーIIを完成させましたが・・・・・・。 アドルフ そういえば、もう1輌ティーガーIIが放置されていますね。 今回はそれを...

 

車体下部のウェザリング

アドルフ
アドルフ

車体下部はクレオスのウェザリングカラー、グレイッシュブラウン

ウォッシング感覚で塗布&ふき取りを行います。

やはり移動用の車輌なので、戦車よりは控えめに……。

GSIクレオス Mr.ウェザリングカラー WC07 グレイッシュブラウン

 

最後の仕上げ!

アドルフ
アドルフ

最後に水性のつや消しクリアーを吹きつけ。

道中でウェザリングマスターを擦りつけつつ……。

ヴァルダ
ヴァルダ

フロントガラスパーツもここで軽くつや消し。

曇ってしまうけどウェザリング目的だ。

ヴァルダ
ヴァルダ

そのフロントガラスはMr.カラー用溶剤でワイパー部分を拭き取ってそれらしくしてしまう。

接着にはセメダインのハイグレード模型用。

クリアーパーツの接着ではおなじみのやつだ。

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥397 (2024/07/25 03:16:52時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

ドアはいつものピットマルチ。

これをヒンジ部分に塗布して、兵士とフィッティングしつつ取り付けます。

created by Rinker
トンボ(Tombow)
¥216 (2024/07/25 03:25:55時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

これでキューベルワーゲンは完成だね。

以下、ギャラリーだよ。

タミヤ 1/35 キューベルワーゲン82型 完成!

レーナ
レーナ

元が乗用車だけあって、かなり小柄な感じ。

ドイツ軍のなかでも標準的なサイズである突撃砲と比べると……。

タミヤ III号突撃砲G型(初期型) 製作記④(完成)
アドルフタミヤから発売されています、III号突撃砲G型(初期型)を進めていきます。ヴァルダ前回は組み立て作業が完了した。今回は塗装を行い、そのまま一気に完成させてしまおう。レーナおっ、今回は早いね。アドルフここのところ組み立てに時間がかかる...

 

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

サクサクっと……。

ヴァルダ
ヴァルダ

このキットに関する筆者の感想は

  • いつものタミヤクオリティ。部品の合いが良くすぐ形になる
  • 2023年1月現在定価は税込み1650円。MMシリーズのなかではお手ごろな価格。
  • 収録マーキングも5種類と豊富
  • 付属の兵士はドアを開けて片足を地面に着いた独特な姿勢。ジオラマで走行中の風景とかを作る際は別の人に乗せかえる必要がある。

とのこと。

レーナ
レーナ

この兵隊さんは走行中ではなくて、停車して会話しているみたいな感じのジオラマなんかだと似合いそうだね。

アドルフ
アドルフ

先ほどの突撃砲と比べた画像からもわかるとおり、かなり小ぶりな車輌です。

他の戦車とかの横に置くといい感じのアクセントになりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

限定生産品含め、このキューベルワーゲンをベースにした派生製品もいくつかある。

現在比較的手に入りやすいのはアフリカ仕様だろう。

熱帯装備の兵士や砂地での走行に優れたバルーンタイヤが付属するのが特徴だ。

見た目の好みや組み合わせる車輌でチョイスしてみたいところ。

レーナ
レーナ

迷ったら両方買っちゃえ。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

筆者の様子を見たところ、次回も陸モノになりそうだ。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

 

↓タミヤの公式オンラインショップはこちら↓

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました