タミヤ 1/35 ティーガーII(ポルシェ砲塔) 製作記①

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はタミヤのヘッツァー駆逐戦車が完成しましたな。

今回は何を作るのでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

再びドイツ軍のAFVとなる。

今度は量でドイツ軍を支えたヘッツァーとは反対に、質の面でドイツ軍を支えた戦車を作ってみよう。

レーナ
レーナ

ティーガーかな?パンターかな?

アドルフ
アドルフ

どちらですかな・・・・・・。

 

スポンサーリンク

今回のお題 タミヤ ティーガーII(ポルシェ砲塔)

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

タミヤMMシリーズより

ティーガーII(ポルシェ砲塔)だ。

正式な商品名は「ドイツ重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)」

例によってここではティーガーIIの名前で統一する。

レーナ
レーナ

今回はティーガーだね。

アドルフ
アドルフ

筆者はティーガー好きですからね。

ティーガーII(ポルシェ砲塔)とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

ティーガーIIは第二次世界大戦後期に登場した、ドイツ軍の重戦車だ。

レーナ
レーナ

そういえば以前も作っていなかったっけ。

タミヤ 1/35 ティーガーII(アルデンヌ戦線) 製作記①
アドルフ年末が近づいてきましたな。レーナその前に、クリスマスだよ。アドルフ筆者はまた自分用のプレゼントと称して、無駄遣いをするのでしょうか。ヴァルダそういえば、筆者が数年前に自分用のプレゼントと称して...
アカデミー ティーガーII(最後期型)製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はタミヤのマルダーIIIが完成しました。今回は……。ヴァルダ既に次の車輛の生産が始まっている。今回はそれの紹介を行おう。アドルフですな。...
アドルフ
アドルフ

あちらはヘンシェル砲塔搭載型ですな。

今回のはポルシェ砲塔となります。

ヴァルダ
ヴァルダ

前身となる重戦車ティーガーIが戦線に姿を現して間もない1943年初頭、総統閣下はティーガーIの後継となる71口径8.8cm砲を搭載した新型重戦車の開発を指示する。

この新型重戦車が後のティーガーIIとなる。

レーナ
レーナ

気が早いなぁ。

ヴァルダ
ヴァルダ

ティーガーIの時同様、この新型重戦車の開発はポルシェ社とヘンシェル社の競作となった。

ポルシェ社がVK4502(P)ヘンシェル社がVK4503(H)としてそれぞれ設計をする。

レーナ
レーナ

なんかややこしい名前。

アドルフ
アドルフ

VKは試作車輌とか計画車輌といった意味でよいかと。

45は45t級、02と03は第2(3)案とかの意味ですね。

(P)(H)は担当したポルシェ、ヘンシェル社のことですな。

レーナ
レーナ

そういえばティーガーIがVK4501だったんだよね。

アドルフ
アドルフ

実際はティーガーIが60t弱、ティーガーIIは70t弱となっていましたが・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

ポルシェ案のVK4502(P)は車体すら完成せず、ヘンシェル社の開発したVK4503(H)がティーガーIIとして正式採用されるのだが・・・・・・

ここで1つ問題が発生した。

ポルシェ社が正式採用の結果を待たず独断で砲塔のみを生産指示してしまい、車体側が開発中止・不採用になったのに砲塔のみ50基作ってしまった。

レーナ
レーナ

あらら。

アドルフ
アドルフ

実はこのポルシェ砲塔、名前こそポルシェ砲塔ですがどうやら設計と部品の生産はクルップ社で組み立てはヴェクマン社のようですな。

ポルシェ案の車輌に載る予定だったことからポルシェ砲塔と名前がついたのだとか。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに正式採用されたヘンシェル型の砲塔もクルップ社の設計だ。

・・・・・・とりあえず作ってしまったものは使うしかないので、50基のポルシェ砲塔は最初の50輌のティーガーIIに装備することとなった。

これが今回作るポルシェ砲塔搭載のティーガーIIとなる。

レーナ
レーナ

なんかすごい紆余曲折感が。

ヴァルダ
ヴァルダ

この砲塔、曲面を多用したことにより良好な被弾傾始を持っていた。

しかし丸みを帯びた形は量産に不向きで、さらに正面下部は窪んだ形状からショットトラップを誘発することが懸念された。

なのでポルシェ型の砲塔は50基分の在庫処分で終了。

以降は直線的な前面装甲を持つヘンシェル型が搭載されることになる。

レーナ
レーナ

ショットトラップ・・・・・・

パンターのときにも少し触れたっけ。

アドルフ
アドルフ

跳ねた砲弾が車体上部や砲塔リングを損傷する現象ですな。

パンターの場合はG型の後期から防盾の下部に垂直のアゴをつけることで解決しています。

ヴァルダ
ヴァルダ

他にもポルシェ砲塔は前面装甲厚が100mmなのに対してヘンシェル砲塔は180mmという差もあるね。

レーナ
レーナ

ポルシェ案は新型重戦車のわりには薄いような。

傾斜を強くすることで補おうとしたのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

曲面を多用した独特の砲塔を搭載したティーガーII。

ヘンシェル砲塔搭載型との違いを楽しみつつ作ってみよう。

 

箱の中身を確認する

ヴァルダ
ヴァルダ

長々と語っていたけど、キットのほうを見てみよう。

箱の中身はこんな感じ。

アドルフ
アドルフ

お馴染みのサンドイエロー成型色ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

付属のプラパーツはこんな感じ。

ランナー5枚に、車体上下の部品が付属する。

基本的にヘンシェル砲塔型と同じ内容だけど、肝心の砲塔は新規ランナーで差し替えられている。

レーナ
レーナ

説明書を見た感じ、他のランナーにはポルシェ砲塔型では使わない部品があるみたいだね。

組み立てるときは間違えないように・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

その他付属物。

接着・塗装が可能なベルト式履帯にネジ&ナット、ポリキャップ。

それとナイロンメッシュに両面テープ、デカールだ。

アドルフ
アドルフ

メッシュ類はエンジングリル上に被せるネットに使用しますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

紙媒体は説明書とTech Tips!

説明書にはポリパテを使用したツィンメリットコーティングの方法が書かれている。

当時はコーティングブレードが無かったから、ノコギリの刃で代用しているね。

レーナ
レーナ

なんか可愛いイラストが。

ヴァルダ
ヴァルダ

上田信氏のイラストだ。

90年代前後のタミヤMMシリーズの説明書には氏が描いた兵士達がところどころに現れるんだ。

created by Rinker
¥2,577 (2022/10/08 03:47:36時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装は3色迷彩と冬季迷彩の2種類が収録されている。

前者は車番違いで更に3種類からの選択が可能だ。

アドルフ
アドルフ

実質塗装は4種類ということですな。

 

 

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで終了。

次回から作業を始める。

アドルフ
アドルフ

このキット、有名な車輌だけあってタミヤ製品の中でもオプションパーツが多数ありますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は幾つかある別売りオプションパーツのなかでも、このエッチンググリルセットを使ってみることにした。

レーナ
レーナ

以前アルデンヌ戦線のキットでも使ったやつだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は使わないけど、他にも接着組み立て式の履帯セットツィンメリットコーティングのシートなんかも発売されている。

気になる人はこれらを用意してもいいだろう。

アドルフ
アドルフ

今回のキットには予備履帯としてランナー1枚分の履帯が付属します。

別売りの組み立て式履帯はそれを6枚集めたものとなっています。

レーナ
レーナ

そういえば、以前のアルデンヌ戦線版では実際に余剰の予備履帯を集めて作っていたよね。

タミヤ 1/35 ティーガーII(アルデンヌ戦線) 製作記②
アドルフラインの護り作戦に投入されたティーガーII(キングタイガー)を作って行きます。ヴァルダ前回は車輪類を装着したところで中断した。今回は車体後部のパネルと履帯を組み立てる。レーナなんか筆者が慌てている...
ヴァルダ
ヴァルダ

今回は無いものを追加するということで、エンジングリルのみ使うことになる。

実際の作業は次回以降だ。

レーナ
レーナ

かくして、次回に続く!

この記事で紹介しているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました