タミヤ 1/35 III号戦車L型 製作記②

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤのIII号戦車L型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はパーツの確認を行った。

今回は早速組み立てに入る。

主に足回りの組み立てになる予定だ。

レーナ
レーナ

何か本格的に暑くなってきたね。

アドルフ
アドルフ

少し前は暑くなったと思ったら冷え込んだりしていましたが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

体調を崩さないように注意だ。

それでは作戦を開始する。

 

スポンサーリンク

まずは合わせ目消し

アドルフ
アドルフ

まずは合わせ目が出来る部分を貼り合わせていきましょう。

主に主砲周りですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

III号戦車L型の特徴である60口径5cm砲も真っ二つ。

左右でずれて段差が出来ないように注意しつつ接着しよう。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについては過去記事参照だよ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドル...

 

車体下部の組み立て

アドルフ
アドルフ

乾燥待ちにまずは車体下部、足周りから組み立てていきましょう。

パーツはご覧の通りです。

機動輪基部の最終減速器カバー内にポリキャップを組み込み忘れないように……。

レーナ
レーナ

見た感じIII号突撃砲G型やIII号戦車N型とほぼ同一だね。

タミヤ III号突撃砲G型(初期型) 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 半ば放棄されていたドラゴンのシャーマンファイアフライが前回完成しましたな。 ヴァルダ ...
タミヤ 1/35 III号戦車N型製作記①
アドルフ どうも、筆者に代わって本ブログの案内を担当しているアドルフです。 ヴァルダ 同じく、アホな筆者に代わって本ブログの案内を担当するヴァルダだ。 ...
ヴァルダ
ヴァルダ

ただしタミヤのキットではIII号突撃砲B型のみ設計が異なる。

これは可動式のサスペンションを採用したためだ。

タミヤ 1/35 III号突撃砲B型 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者が戦車プラモ付属の兵士を塗っているところを紹介しましたな。 今回は……。 ヴァルダ ...
レーナ
レーナ

タミヤのキットはほとんどが後期の車輌なんだね。

やっぱり金型流用の都合なのかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

足回りの側面には脱出用ハッチを接着する。

キットに施された凸モールドを参考に位置決めしよう。

アドルフ
アドルフ

このハッチはL型の途中で廃止されたようですな。

キットでは「取り付けられていない車輌もありました」と任意になっています。

塗装図では全ての車輌で描かれていますが。

レーナ
レーナ

こんな小さいハッチでうまく機能したのかな?

アドルフ
アドルフ

使いづらそうですな。

本来脱出ハッチは車体底面に装備するのが理想なのですが……

III号戦車は車体底面をトーションバーが貫通しているため、このように左右に取り付ける形になっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

脱出できるようにするよりは、そもそも倒されないようにするのが重要なのだろう。

後の戦車では対弾性を重視したのか、車体側面にハッチを装備したのものは少ない。

アドルフ
アドルフ

ポルシェティーガーなんかも、試作段階では車体横にハッチがありましたが実戦投入されたものは廃止されていましたね。

created by Rinker
アミュージングホビー
¥9,860 (2022/12/09 06:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

足回りを全て組み立てるとこんな感じに。

ここではいままでに何度もIII号シリーズを組んでいるので、お馴染みの姿ですな。

 

車輪の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

車輪類も他のタミヤ製III号シリーズと同じもの。

転輪は2枚重ねの間を陰色で塗りつぶしたいので、いったん保留。

機動輪、誘導輪、上部転輪だけ先に組み立てる。

レーナ
レーナ

ここはポリキャップ類は組み込まないで、単純に2枚重ねにするだけだね。

 

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

後部はマフラーは排気口を取り付けます。

排気口も転輪同様、陰色を内部に塗るためここではまだ接着しません。

ヴァルダ
ヴァルダ

マフラーの排気管部分、後期では防熱・防塵目的で整流板が取り付けられていたようだ。

今まで作ったキットだと、タコムのM7偽装車に取り付けられていたね。

【2022年4月】タコム M7偽装車(III号突撃砲G型偽装型) 製作記②【新製品】
アドルフ タコムから発売された新製品、M7自走砲へ偽装したIII号突撃砲G型を作っていきます。 ヴァルダ 前回はパーツ紹介をした。 今回は組み立て開始。 足回りや...
レーナ
レーナ

見た感じタミヤのはIII号突撃砲G型含め、整流板は装備されていない形式を再現しているようだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は少し短いけどここまで。

先に奥まった部分に陰色を塗りたいので、次回は一度車体上部の組み立てに飛ぶ予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました