タミヤ 20mm4連装高射機関砲38型 製作記④(完成)

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤMMシリーズの20mm4連装高射機関砲38型こと2 cm Flakvierling 38を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装作業を行った。

今回はウェザリング作業をして完成まで持ち込もう。

レーナ
レーナ

そういえば、前回紛失した照準器は見つかったのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

無事見つかった。

ただしそれを探すのに結構時間を消費したようだね。

アドルフ
アドルフ

また生産活動に遅延が。

スポンサーリンク

スミ入れ系ウェザリング

レーナ
レーナ

まずはスミ入れ兼ウォッシング。

タミヤエナメルのバフを中心に、リベット部分にブラウンを少量。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥315 (2021/06/15 20:16:12時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥277 (2021/06/15 06:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

使った塗料は前に作ったIII号突撃砲と同じですな。

ただ今回は基本塗装がグレーなので、バフをメインにしています。

レーナ
レーナ

そうそう、ウェザリング前には部分塗装を行っているよ。

主に弾倉や紛失していた照準器。

それと座席のクッション部分。

基本塗装でも使った黒鉄色タイヤブラックだね。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥390 (2021/06/15 21:58:54時点 Amazon調べ-詳細)

ドライブブラシ!

ヴァルダ
ヴァルダ

続いてドライブラシ。

グレー系の塗装なので、明るいグレーであるニュートラルグレーを使っている。

更に今回は機関砲部分が目立つ。

金属色であるこれらはクロームシルバーでドライブラシ。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥165 (2021/06/15 16:45:04時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥352 (2021/06/15 22:17:13時点 Amazon調べ-詳細)

レーナ
レーナ

シルバーの塗料は結構主張が強いね。

他の塗料と同じ感覚でやると機関砲全体がピカピカになりすぎるから、含ませる塗料と力加減を調整して軽めに……。

アドルフ
アドルフ

ドライブラシについては過去記事参照ですな。

ダメージ表現を施す

アドルフ
アドルフ

続いては傷系の表現を。

まずは装甲板角や可動部分付近にぶつかったような跡を。

ウェザリングカラーのグランドブラウンをチョコチョコ置いています。

ヴァルダ
ヴァルダ

装甲板の雨だれや雑具箱の蓋なんかにはウェザリングライナー錆色セットを使用。

ちょっとしたアクセントに。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥373 (2021/06/15 20:07:39時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

これも過去記事で軽く扱っているね。

軽めの泥汚れを施す

アドルフ
アドルフ

ウェザリング最後の工程は足回りの汚し。

今回はウェザリングカラーのグレイッシュブラウンで。

ヴァルダ
ヴァルダ

ドロドロの泥濘面を走り回った感じではなく。

かといってカラカラに乾燥した砂地を走ったわけでもなく……

といったのをイメージして仕上げている。

アドルフ
アドルフ

戦車などの泥汚れよりは軽めに留めています。

つやを消して完成させる

レーナ
レーナ

後はつやを消して整えるよ。

表面がざらつくので、ここでタミヤのウェザリングマスターAセットで砂埃を足す。

アドルフ
アドルフ

こちらで多少足回りに表情をつけてあげる感じですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

これで完成としよう。

以下、ギャラリー。

タミヤ 20mm4連装高射機関砲38型 完成!

レーナ
レーナ

せっかくだから、筆者がここの開設以前に作ったヴィルベルヴィントと並べてみよう。

アドルフ
アドルフ

主武装が同じなので、今回作った4連装機関砲のパーツがそのまま流用されています。

レーナ
レーナ

そういえば今回の機関砲、人形が付いてこないね。

同じ金型のキットであるヴィルベルヴィントのは流用できないかな?

アドルフ
アドルフ

んで座らせてみましたが……

どうもしっくりきませんね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ヴィルベルヴィントの場合狭い砲塔内に武装と人員が収まっている。

なので足の位置とかが通常の4連装機関砲とは合わないようだね。

レーナ
レーナ

使うなら改造する必要があるかな。

アドルフ
アドルフ

この服、防寒着で迷彩柄と白い冬季迷彩とのリバーシブルになっていたそうです。

仮に使うなら、機関砲と防寒着ともに冬季迷彩にするとよりしっくりしそうな。

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

筆者初めての火砲系キットだったね。

ヴァルダ
ヴァルダ

やや古めのキットのタミヤキットらしい内容だね。

パーツ数が少なめですぐ形になる反面、押し出しピン跡が目立つところにあるのが難点。

もっとも裏側もしっかり見える火砲であるから、ある程度は仕方ないのだけれども。

アドルフ
アドルフ

公式HPによると、2021年5月現在の定価は税抜き1000円となっています。

安価で比較的手を出しやすいのは利点かと。

押し出しピン跡の処理や砲口の凹みなど、ちょっと手を加えるだけでそれらしくなりますよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回筆者は射撃形体で製作した。

運搬形体で作って他の車輌に牽引させる等、様々な遊び方もある。

射撃形体の場合、陣地系のジオラマが似合うかな?

レーナ
レーナ

こうなると他の火砲キットも気になるね。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の「財政・予定・気分」次第ではまた何か買ってくるかもしれないね。

今回はここまで。

次回はまた別のキットを作ることになる予定だ。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました