タミヤ 1/35 III号戦車N型製作記②

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

III号戦車N型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は砲塔を組んだ。今回は車体を組んでいくよ。

車体下部(足回り)の組立て

アドルフ
アドルフ

III号戦車は2枚の転輪を1組として片側6個の転輪を備えています。

組み立てる前に2枚の転輪同士の間を暗い色で塗っておきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

後々ここはエアブラシの塗料が入りにくいからね。使用したのは単純に黒。

ヴァルダ
ヴァルダ

転輪類の前にサスペンションなどを車体に取り付けておく。

ティーガーと違い転輪同士の間隔が広いのでサスのゲートやパーティングラインはしっかり処理しておこう。

アドルフ
アドルフ

側面には脱出用ハッチがつきます。

今回のBパターン塗装には取り付けます

・・・・・・がCパターン塗装の車輌は廃止されていたのでそちらを選択した方はモールドされているアタリ線をヤスリで削り落としておくと良いでしょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

後部にはエッチングパーツがつく。以前のティーガー同様ゼリー状瞬間接着剤の点付けで対抗しよう。

アドルフ
アドルフ

ちなみにこのエッチングパーツセット、「StuG III」と刻印されているとおり、元々III号突撃砲G型に対応したものだったようです。

同じ車体のIII号戦車にも問題なく使えるのでご心配なく。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここでようやく転輪達。筆者の気が変わらないうちにさっさと処理してしまおう。

アドルフ
アドルフ

車体下部の足回りがほとんど揃いました。

次は車体上部に行きましょう。

秘儀 ランナーつぶし

ヴァルダ
ヴァルダ

ここまでの状態で写真のようにAランナーにはもうほとんど部品が残っていない。

筆者の場合ここで「ランナーつぶし」と呼ばれる戦法をとるんだ。

ヴァルダ
ヴァルダ

残った少数の部品を説明書の組立て手順を無視して先に切り出し、整形を行う。

そして部品のなくなったランナーはそのままゴミ箱へ。

アドルフ
アドルフ

わざわざ少数の部品のためにランナーを持ち替える手間が省けます。

難点としては部品の番号がわからなくなる、取り付けるまでの間に紛失しやすくなるといったところでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

部品番号に関しては番号が書かれたンゲート部分ごと切り出しておくのも手だ。

紛失に関してはチャックつき小袋で保管という方法もある。

それと、某D社のような説明書の部品指示表記ミスのあるキットではあまりお勧めは出来ない感じかな。

アドルフ
アドルフ

あの会社のキットこそランナーが多いのでこの戦法が使えれば多少作業性がマシになると思うのですが・・・・・・。

車体上部の組立て

アドルフ
アドルフ

車体上部もBランナーにランナーつぶしを使ってみます。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここも基本はストレートに組んでいく。強いて言うなら前面のスペースドアーマーに転輪同様陰色を塗っておくことかな。

アドルフ
アドルフ

さくさく組みあがります。タミヤのキットは素晴らしい・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

おっと、前面フェンダー付近のパーティングラインを消しておくように。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここまで来たら車体上下を合わせる。

ここは瞬着でがっちりと合わせておこう。

車体の小改造

アドルフ
アドルフ

ティーガー同様ライトコードの追加作業を紹介しましょう。

アドルフ
アドルフ

まず左前照灯のすぐ後ろに0.5mm穴を開口。ここにエナメル線を通します。

アドルフ
アドルフ

曲げながらノテックライト側にも穴を開けて線を通します。線自体は瞬間接着剤で留めます。

・・・・・しかしやりにくいですね。前照灯も作業中に折れてしまいましたよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

ライト類を固定する前にやるべきだったね。

アドルフ
アドルフ

前面装甲には溶接跡。ここもティーガー同様伸ばしランナーとセメント接着剤を使用しています。

ヴァルダ
ヴァルダ

こちらは今回新しく紹介するフェンダー薄々加工だ。

ヴァルダ
ヴァルダ

やり方は簡単。デザインナイフでパーティングラインを消すようにカンナがけをしてパーツを薄くする。

ヴァルダ
ヴァルダ

せっかちな人はモーターツールを使って削るのもいい。

ただしコントロールが難しいので大まかに削って最後はデザインナイフで整えるのがおすすめ。

ヴァルダ
ヴァルダ

薄くなったフェンダーは簡単に曲がるので軽くダメージ加工をしてみるとそれらしくなる。

アドルフ
アドルフ

この作業、それなりに力が加わるので他の部品が折れたり取れたりする被害が出ました。

やはり細かい装備品を取り付ける前にこういう作業はしたほうがいいかと。

アドルフ
アドルフ

フェンダー側面に一部モールドが彫られていない部分があったのでここも彫りなおしておきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

アンテナはキットに付属しないので伸ばしランナーを使って作成。長さ指定がなかったのでとりあえず5.5cmに。

これで車体側の小改造は終了。

人形の組立て

ヴァルダ
ヴァルダ

このキットでは3種類の戦車兵を作ることが出来る。

Aタイプは通常の黒服の戦車兵。Cランナーに入っているため同じランナーを使用したL型のキットにも付いてくる。

B、Cタイプは熱帯仕様の制服で右腕パーツでどちらか一方を選ぶことになる。

今回はピストルを持った熱帯仕様のCタイプ戦車兵を選択。

ヴァルダ
ヴァルダ

必要なパーツを切り出して整形をしていく。

ヴァルダ
ヴァルダ

靴底が平らなのでデザインナイフで切れ込みをいれてかかと部分を独立させてあげよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

顔も顎や頬の部分を少し掘り込んでシャープに。

ヴァルダ
ヴァルダ

キューポラに乗せるとこんな感じに。

少々硬いポーズに見えるけど、ここでまた手をつけると進まなくなりそうだからこのままで行こう。

アドルフ
アドルフ

忘れていた履帯を組み立ててようやく全ての部品が揃いました。

一部の部品は塗装の便を考えて接着せずにしています。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が眠いようなので我々もここまでにしよう。

次回は塗装作業からになるよ。

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました