タミヤ IV号駆逐戦車ラング 製作記①

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回は先月筆者が購入してきたIV号駆逐戦車ラングが完成しましたな。

今回は何を作るのでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

あのキットを紹介したので、ついでに関連したキットを紹介しようと思ってね。

レーナ
レーナ

派生種かな?

アドルフ
アドルフ

そういえばラングと同時期に購入したものの中に・・・・・・。

 

スポンサーリンク

今回のお題 タミヤ IV号駆逐戦車ラング

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。前回と同じくタミヤより

IV号駆逐戦車ラング

だ。

筆者はこのキットを中古品店で購入してきたが、現在も問題なく手に入るようだ。

レーナ
レーナ

あら、同じ車輌・・・・・・?

アドルフ
アドルフ

今までの記事でときどき触れていた、旧製品のほうのラングですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

うむ。

前回作ったのは2014年にMMシリーズ第340弾として発売されたもの。

今回は1976年にMMシリーズ第88弾として発売されたものだ。

レーナ
レーナ

今が2021年だから、もう45年前のキットかぁ。

IV号駆逐戦車とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

車輌に関しては前回作った新キットの部分でも説明したから、今回は軽く紹介することに留めよう。

タミヤ IV号駆逐戦車/70(V)ラング 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者初の旅客機プラモ、ユンカースJu52の民間型を作りました。 今回は何を作るのでしょうか。 ...
アドルフ
アドルフ

1943年夏のクルスクの戦いにて、突撃砲の活躍に目をつけた総統閣下がIV号戦車をベースにした駆逐戦車の開発を指示するところが始まり。

・・・・・・でしたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

強力な70口径7.5cm砲を装備する予定だったけど、この砲は同時期に生産されていたパンター向けに優先されたため、当初IV号駆逐戦車は原型のIV号戦車同様の48口径7.5cm砲を装備して1944年初頭に登場した。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥2,980 (2021/09/29 00:45:53時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

これじゃあ使い勝手の悪いIV号戦車とも言えるような。

ヴァルダ
ヴァルダ

んで後に70口径7.5cm砲の生産が軌道に乗ったので、こちらを装備した型が1944年夏に登場。

砲身が更に長くなったので、「長い」という意味のラングという名称がついた。

レーナ
レーナ

生産時期による記述が資料によって違うんだよね。

今まで筆者がググって見つけた資料だと1944年8月生産開始って言うのが多かったけど、タミヤの新キットについてくる解説書には7月生産開始・8月に部隊引き渡し開始ってなっているね。

ヴァルダ
ヴァルダ

簡単な車輌説明はこの辺にしておいて、キット自体を見ていこう。

箱の中身を見てみる

ヴァルダ
ヴァルダ

箱の中身はこんな感じ。

少し前のタミヤ製品らしく、黄色みの強いサンドカラーの成型色となっている。

アドルフ
アドルフ

まずはプラパーツ。

ランナーは4枚で他に車体上下がありますね。

レーナ
レーナ

なんか車体裏に変な穴が空いていたり、ランナーにスイッチっぽいものがあるね。

アドルフ
アドルフ

旧製品なので、モーターライズ時代の名残ですな。

スイッチ類は今回不要な部品となっております。

ヴァルダ
ヴァルダ

その他付属品。

筆者が撮影途中で一時的に紛失してしまったので写っていないが、この真ん中にあるポリキャップは他に4つ付属する。

キャップの数どおり、上部転輪以外の車輪全てにキャップを組み込む構造なんだ。

レーナ
レーナ

履帯は旧製品シリーズらしく焼止め式のポリ製だね。

接着剤や塗料がそのままじゃ効きづらいから注意。

アドルフ
アドルフ

デカールにはIV号突撃砲の文字が。

同社から発売されていますIV号突撃砲にも同じものが付属するようですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

この画像の左側がそのキットだ。

これは筆者がここの開設以前に作ったもの。

気が向いたらまた作るかもしれないね。

ヴァルダ
ヴァルダ

箱の側面にはそのIV号突撃砲を含め旧製品のIV号戦車シリーズが掲載されている。

この内そのIV号突撃砲とブルムベアは2021年9月現在も形を変えずに生産・販売されている。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,836 (2021/09/29 04:55:04時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

他の2つは?

ヴァルダ
ヴァルダ

IV号戦車H型は新キットにリニューアルされ、旧製品は生産休止。

ヴィルベルヴィントもIV号H型の部品を使ってリニューアルされ、旧製品は生産休止。

ただし砲塔部品は大半が旧製品の金型流用だ。

画像はやはり筆者がここの開設前に作ったヴィルベルヴィント。

レーナ
レーナ

なんかヴィルベルヴィントは中途半端なリニューアルに・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

タミヤ製品は旧製品の一部だけリニューアルした製品も相当数存在するようです。

他に例を挙げるならば一式砲戦車でしょうか。

筆者はこれに関しては、IV号シリーズとは逆にリニューアル前を持っていますが、リニューアル後は持っていないという。

新キットは履帯を組み立て式に改め、歩兵のフィギュアを追加したものになっているようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

話をラングに戻そう。

塗装図はこんな感じ。

旧製品お馴染みのアバウトな塗装図だ。

これは今回適当にググった塗装にする予定。

レーナ
レーナ

隣の説明書扉絵、なんか砲身の違う車輌が2輌載っているよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

このキット、商品名は「IV号駆逐戦車ラング」と銘打っているものの、主砲の7.5cm砲はラングの70口径だけでなく、48口径も付属している。

なので前身となったIV号駆逐戦車F型としても組むことが出来るんだ。

レーナ
レーナ

いいね。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず今回は前回作った新キットと比較したいので、70口径装備型で作る予定だ。

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず、今回はここまで。

次回から早速作業を始めよう。

レーナ
レーナ

タミヤ旧製品・・・・・・

今までのキットを見ていると部品が少ないからすぐ形になるけど、変な位置に押し出しピン跡があることが多いんだよね。

アドルフ
アドルフ

どうなりますかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

気になる作業内容は次回以降のお楽しみだ。

レーナ
レーナ

詳しくはWedで。

アドルフ
アドルフ

ここはWedです。

この記事で紹介しているキット

 

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました