ハセガワ ティーガーII(ラインの虎) 製作記①

※記事内に広告を含む可能性があります

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はHGCEのフォースインパルスガンダムが無事完成しました。

今回は何を作るのか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここ最近SEED系のガンプラが続いていたけど、それは中断。

久々に戦車模型を作ろう。

レーナ
レーナ

そういえばしばらく作っていなかったような。

最後に作ったのは2ヶ月前のヘッツァーだったね。

エアブラシ禁止!筆塗りと缶スプレーで戦車プラモの迷彩を塗る
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はアカデミーのヘッツァーが無事に完成しましたな。今回は……。ヴァルダ筆者は普段エアブラシを使ってプラモの塗装をしている。しかし世の中には予算や作業環境の問題か、エアブラシを持っていない・使うこと...

 

アドルフ
アドルフ

ここ最近は仮組み状態のガンプラや、コンパクトな鉄道模型などの製作が続きました。

久々に箱のキットを消費する番ですな。

 

 

スポンサーリンク

今回のお題 ハセガワ ティーガーII(ラインの虎)

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

ハセガワのクリエイターワークスシリーズより

ティーガーII(ラインの虎)

だ。

商品名だとキングタイガーだけど、ここではティーガーIIで統一する。

アドルフ
アドルフ

ラインの虎。

筆者の模型趣味にも大きく影響を与えた、松本零士氏の戦場まんがシリーズ(ザ・コクピット)の1つですな。

以前ベルリンの黒騎士のFw190とMe262を作りましたが。

[ハセガワ]ベルリンの黒騎士のFw-190を作る①
アドルフこんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。ヴァルダ同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。アドルフさて前回はタミヤイタレリの6輪重装甲車Sd.kfz.231...
レーナ
レーナ

松本零士先生……

この記事を書いているのは2023年3月だけど、先月に……。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回のキットの題材となっている「ラインの虎」はその「ベルリンの黒騎士」と同じく、ザ・コクピット文庫版の第2巻に収録されている。

ちなみに初出は週刊少年サンデーの1974年45号とのこと。

created by Rinker
¥638 (2024/05/22 08:07:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

ティーガーIIとは?

ヴァルダ
ヴァルダ

ティーガーIIに関しては以前も他社製品で作っているので、ここでは簡潔に説明する。

これは第二次世界大戦の後期に登場したドイツ軍の重戦車だ。

最大で180mm厚の装甲と71口径8.8cm砲を備え、高い戦闘能力を持っていた。

タミヤ 1/35 ティーガーII(アルデンヌ戦線) 製作記①
アドルフ 年末が近づいてきましたな。 レーナ その前に、クリスマスだよ。 アドルフ 筆者はまた自分用のプレゼントと称して、無駄遣いをするのでしょうか。 ヴァルダ そうい...

 

アカデミー ティーガーII(最後期型)製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はタミヤのマルダーIIIが完成しました。今回は……。ヴァルダ既に次の車輛の生産が始まっている。今回はそれの紹介を行おう。アドルフですな。レーナ何が出るかな。今回のお題 アカデミー ティーガーII...
レーナ
レーナ

その分重くて燃費が悪かったり、故障率が高かったのが悩みの種という。

アドルフ
アドルフ

砲塔の違いで先行型ともいえるポルシェ砲塔搭載型量産型であるヘンシェル砲塔搭載型が存在。

今回のは後者ですな。

タミヤ 1/35 ティーガーII(ポルシェ砲塔) 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤのヘッツァー駆逐戦車が完成しましたな。 今回は何を作るのでしょうか。 ヴァルダ 再びドイツ軍のAFVとなる。 今度は量でドイツ軍...

 

ヴァルダ
ヴァルダ

車輌に関しての詳しいことは過去記事を参考にしてもらって……

今回はキットの題材となった物語について簡単に解説しよう。

 

 

ラインの虎 簡単なあらすじ

おれの名はホルスト・ハイムマン……

一九四五年三月二十四日、おれはラインの西岸で虎とともに死んだ……

そうだ、霧のふかい季節だった……

おれは虎とともに戦い、虎とともに死んだのだ……

その虎を見たことのない者は、だれもこの話を信じてはくれないだろうが……

「戦場まんがシリーズ」(ザ・コクピット) 「ラインの虎」より

ヴァルダ
ヴァルダ

舞台は第二次世界大戦末期である1945年の3月。

霧の深いライン河西岸を進撃する米軍の前に、突如ラスナー中将率いるドイツ軍のティーガーII部隊が出現。

圧倒的な火力と装甲で米軍を蹂躙する。

レーナ
レーナ

そういえばライン河ってどの辺りだっけ。

アドルフ
アドルフ

スイスから始まりドイツ西部などヨーロッパ各国を流れ、最終的に北海に注ぐ河川ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

作戦を終了したラスナー中将はライン西岸から撤退し、ドイツ本国へと帰還しようとする。

しかしここで司令部から連合軍の監視のため、隊の戦車1輌をそこに残すよう命令が下る。

レーナ
レーナ

事実上の囮というか、捨て駒というか。

ヴァルダ
ヴァルダ

そんな中、自ら残ると1人の戦車兵が名乗り出る。

彼の名はホルスト・ハイムマン

彼は他の隊員達を別の戦車に分乗させ、自らのティーガーII・876号車とともに1人ライン西岸に残ることになる。

部隊の面々と別れたハイムマンはライン西岸の1角の、とある屋敷へと向かうのだが……。

アドルフ
アドルフ

これからどうなってしまうのか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

あらすじ紹介はここまで。

ハイムマンが向かった屋敷はどんなものなのか?

なぜ彼はそこへ向かったのか?

その後どうなるのか?

詳しくは君の目で確かめてほしい。

 

 

キットの中身を確認しよう

ヴァルダ
ヴァルダ

それではキットの内容を確認していく。

箱の中身はこんな感じ。

アドルフ
アドルフ

デカールが素の状態ですな。

早めに保護したいところです。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに、このキットはハセガワからの発売となっているけど……

パーツはウクライナのICM社製品だ。

デカールと説明書を差し替えた形となる。

レーナ
レーナ

ハセガワ社はICM社の輸入代理店だったね。

ヴァルダ
ヴァルダ

大袋の中身はパーツ類。

まずはプラパーツその1。

Dランナーは同一のものが4枚付属する。

レーナ
レーナ

転輪とかの複数必要なパーツ達だね。

車体後部の排気管も何故か4本分付属するみたいだけど。

アドルフ
アドルフ

ティーガーIIのものは2本だけですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

プラパーツその2。

こちらは車体基部や砲塔の外装などが付属する。

レーナ
レーナ

これはかなり個性的なパーツ分割だね。

車体は箱組みだけど、それ以上に気になるものが……。

アドルフ
アドルフ

車体上部と側面フェンダーが一体成型となっていますな。

レーナ
レーナ

組み立ては楽だけど、外した状態にするにはかなり苦労しそうな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はフェンダーを装備した状態にするから大丈夫だ。

ヴァルダ
ヴァルダ

履帯はベルト式。

4本の履帯を組み合わせて2本2組となる。

レーナ
レーナ

これは以前組んだICM社製のFMC36と同じような感じかな?

というか「Made in Ukraine」と書かれた紙が。

ICM FCM36軽戦車(ドイツ軍仕様) 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤの新製品、KV-2重戦車が無事完成しましたな。 今回は何にするのでしょうか。 ヴァルダ 筆者が少し前に購入したものの、放置していた...
アドルフ
アドルフ

このキットは2018年の2月ごろに発売したようですな。

現在は2023年の3月ですが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

付属デカールはこんな感じ。

以前のベルリンの黒騎士のときとは違い、特別なマーク類はない。

航空機風の国籍マークが特徴的だ。

アドルフ
アドルフ

この辺りは少し寂しいところですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

説明書は冊子型。

ラインの虎に関してのネタバレも書かれているので注意。

ヴァルダ
ヴァルダ

収録されている塗装は2種類。

  1. ドイツ陸軍 ホルスト・ハイムマン搭乗車(876号車) 1945年3月
  2. ドイツ陸軍 第506重戦車大隊所属車 「黒02」1945年(想定マーキング)

今回はもちろん、ラインの虎に出てきたハイムマンの搭乗車で仕上げる予定だ。

レーナ
レーナ

黒の02、こっちはまた別のキットに流用できそうな。

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回から作業開始だ。

レーナ
レーナ

なんか個性的なパーツ分割だけど、どうなるかな……。

アドルフ
アドルフ

筆者のティーガーIIコレクションに無事加わらせたいところですな。

ところでティーガーIIといえば砲塔後部の異物混入防止ネット。

見た感じキットにはそれを再現するパーツが付属していないような……。

ヴァルダ
ヴァルダ

どうもプラパーツと履帯の軟質パーツのみで、その他異種素材は含まれていない。

詳しくはその辺り実際に触れて確かめていこう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で紹介しているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました