ハセガワ ティーガーII(ラインの虎) 製作記③

※記事内に広告を含む可能性があります

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

ICM社製のパーツを使いハセガワより発売されています、ティーガーII重戦車を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は砲塔をあらかた組んだ。

今回は車体側を進める。

足周りをメインに組んでみよう。

レーナ
レーナ

ティーガーIIは複雑な足周りをしているけど……

このキットではどのようにして再現しているのかな。

アドルフ
アドルフ

同じ車輌でも模型ではメーカーによって再現方法が異なりますな。

どのようになっているか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

実際に見てみよう。

それでは作業を再開する。

 

スポンサーリンク

車体下部の組み立て

アドルフ
アドルフ

まずは車体下部から。

板状のパーツを組んでいく箱組みスタイルとなっています。

内部のトーションバー部分も再現されていますな。

レーナ
レーナ

トーションバーは外側のアーム部分とは別のパーツ分割。

連動しているわけではないね。

アドルフ
アドルフ

キットでは先にトーションバーを接着してから、車体各面を接着するような手順となっています。

筆者は今回

  • 先に車体右側面を底面と接着
  • その後トーションバーを車体右側面に接着
  • 最後に車体左側面を接着

といった手順で進めています。

ヴァルダ
ヴァルダ

車体は箱組みだけど、両側面には底面の接着位置が溝になっている。

合いも良好なのでズレずに接着できる。

アドルフ
アドルフ

続いて内部パーツを。

機関室との仕切りや、内部の床面がパーツ化されています。

レーナ
レーナ

意外と凝った作りになっているね。

アドルフ
アドルフ

ここも単純に接着するだけです。

多少溝へのはめ込みがキツく感じるところもありますが、そこまで致命的ではありませんな。

レーナ
レーナ

どちらかといえば内部再現というよりは、形を整えるための仕切りパーツといった感じだね。

 

サスペンションの取り付け

アドルフ
アドルフ

ここから外側の部品となります。

まずはサスペンション周りから。

トーションバーサスペンションなので、それのアームとなります。

ヴァルダ
ヴァルダ

アーム部分はパーティングラインが発生しない構造となっているので処理が楽だ。

もっとも、ティーガーIIは転輪が密集した形になっているから、この辺りの処理が適当でも問題ないんだけどね。

転輪のおかげで外からサスアーム部分がほとんど見えないんだ。

アドルフ
アドルフ

組み立てるとこんな感じに。

サスアームはぴったりとはまるようになっています。

機動輪や誘導輪の基部も大きな問題はありませんな。

レーナ
レーナ

ぴったり合うから、そのままだとサスアームは非可動。

可動には改造が必要なようだね。

筆者はそのまま進めるけど。

車輪の組み立て

アドルフ
アドルフ

ティーガーIIの難所ともいえる転輪。

メーカーが変わっても内容は同じとなっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

2枚重ねの転輪が片側9個。

それに機動輪と誘導輪となる。

数が多くて少々処理に手間がかかるけど、幸いプラは切削しやすい質感。

サクッと進めてしまおう。

レーナ
レーナ
  • ゲート跡をヤスリで落とす
  • パーティングラインをデザインナイフのカンナがけで削る
  • 全体を紙やすりで綺麗にする

といった流れだね。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ筆者のゲート処理方法
アドルフこんなところを見ている人がいるのかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、筆者に代わって本ブログの案内を担当しているアドルフです。ヴァルダ同じく、案内人のヴァルダ。アドルフ今日は何をしましょうか。ヴァルダ気分を変えて初心者向けの講座だよ...
カンナがけ!パーティングラインの消し方
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤウォーバードコレクションの零戦二一型が完成しましたな。 今回は……。 ヴァルダ 新しいキットに手を加える予定だったが、筆者が気まぐれでまた技法的...

ヴァルダ
ヴァルダ

2枚重ねになる転輪同士の間は後にスプレー類の霧が入りにくい。

先に暗色で塗りつぶしてしまおう。

今回は下塗りにマホガニー色のサーフェイサーを塗る予定なので、それを使う。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥648 (2024/06/20 13:32:09時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

作業性を考えるなら先にランナーから切り出す前に塗っておいたほうが良かったかもしれません。

ただ切削作業が後になるので、塗装面に削りカスが付着するという欠点がありますが。

レーナ
レーナ

これで車輪は全てそろったね。

メンバーが集合したというか。

アドルフ
アドルフ

転輪は基部の長さで2種類あります。

長いものを8個。

短いものを10個用意しましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

その後はサスアームに転輪をセット。

先に基部の長いものをセットし、その後短いものを外側にセットする。

今回転輪はロコ組みしないので、サスアームに接着固定してしまって大丈夫だ。

機動輪は後の履帯取り付けのため接着せずにしておく。

レーナ
レーナ

「ロコ組みってなんぞい?」

って人は以下の過去記事を参考にしてね。

攻略せよ!戦車プラモ接着組み立て式履帯(キャタピラ) ~ロコ組みもあるよ~
アドルフ タミヤの新作、KV-2重戦車を作っていきましょう。 ヴァルダ そうしたいところなんだけど・・・・・・ なんか筆者が 「この機会に組み立て式履帯について記事をまとめたい」 らしいんでね。 それを...

 

履帯の組み立て

アドルフ
アドルフ

履帯はベルト式。

4本付属し、これを2本2組にして使います。

レーナ
レーナ

前に作ったFCM36と同じ様な感じだね。

接着は……。

ICM FCM36軽戦車(ドイツ軍仕様) 製作記③
アドルフ ICM社より発売されています、FCM36軽戦車のドイツ軍仕様を作っていきます。 ヴァルダ 前回は足回りを中心に組んでみた。 今回は履帯をセットしたりしてみよう。 レーナ なんか増援...
ヴァルダ
ヴァルダ

FCMのものと同じく、タミヤセメントなどのスチロール系接着剤では溶けず接着不可だった。

ただ瞬間接着剤は有効だったので、アロンアルフアを塗って留めている。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥366 (2024/06/19 22:00:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

両端を留めてリング状にした履帯を車体に履かせる。

重量による弛みを再現するため、瞬間接着剤を使い転輪上部と履帯を接着する。

レーナ
レーナ

強度的には大丈夫かな?

スチロール系接着剤が効かないからちょっと不安になるけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

ティーガーIIは別売りの組み立て式や可動式履帯も発売されているけど……

今回はキットの素材の味を生かしたいと判断。

付属のベルト式をそのまま使うことにした。

アドルフ
アドルフ

今のところは特に大きな問題はありませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで中断。

次回は車体上部を進めていく予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

この記事で作っている車輌が登場する作品

created by Rinker
¥638 (2024/06/20 13:26:36時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました