ハセガワ モラーヌ・ソルニエM.S.406(フィンランド空軍) 製作記①

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回は可動履帯を投入した黒森峰のIII号戦車が無事完成しましたな。

今回は……。

ヴァルダ
ヴァルダ

最近暑い日が続いた。

なので筆者が

「涼しそうなものを作りたい」

とか言い出した。

北欧の戦闘機でも組んでみよう。

レーナ
レーナ

そういえば7月になったんだっけ。

アドルフ
アドルフ

筆者は逆に暑そうなものを作りたくなることもあるのですけどね。

DAKの戦車とか。

 

スポンサーリンク

今回のお題 ハセガワ モラーヌ・ソルニエM.S.406(フィンランド空軍)

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

ハセガワより

モラーヌ・ソルニエM.S.406(フィンランド空軍)

だ。

レーナ
レーナ

なんかブサ可愛い顔が描かれているね。

ヴァルダ
ヴァルダ

シャークマウスの一種らしい。

モラーヌ・ソルニエM.S.406とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

この航空機は第二次世界大戦期に活躍したフランス製戦闘機だ。

原型となったM.S.405が1935年に初飛行。

M.S.406はそれを改良して、1938年から量産された。

レーナ
レーナ

フランス兵器……

模型の中だとあんまり見かけないんだよね。

早々とドイツ軍に占領されたからというか。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • 最高速度は480~90km/h
  • 武装はモーターカノンの20mm砲1つと主翼の7.5mm機銃が2つ
  • エンジン出力は860馬力

残念ながらドイツ軍のBf109Eよりは劣勢に見える。

とはいっても1940年6月8日にはロベール・ウィヤム大尉が15秒でBf109を3機撃墜する記録を残したりしているけどね。

アドルフ
アドルフ

Bf109はE-3型で

  • 最高速度は570km/hほど
  • 武装は機首に7.92mm機銃が2つ、主翼に20mm砲が2つ
  • エンジン出力は1100馬力

ですな。

タミヤ 1/72 メッサーシュミットBf109E-3 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はガンプラ旧キットのシャア専用ムサイが完成しましたな。 今回は何を作るのでしょうか。 ヴァルダ 今回は航空機模型だ。 久々にドイツ機を作...
ヴァルダ
ヴァルダ

M.S.406はフランスの他、いくつかの国に輸出されて使われている。

その1つがフィンランド。

1939年に勃発した冬戦争の際中にフランスから30機ほどの本機を受け取った。

後にドイツ軍がフランスを占領した際に、戦利品として手に入れた本機(と改良型のM.S.410)を追加で受け取っている。

レーナ
レーナ

この国……なんかあちこちから武器を分けてもらっていなかったっけ。

アドルフ
アドルフ

いろんな国からいろんなものをもらったり買ったり奪ったりしていますな。

ここでは過去にBf109G-6(独)とバッファロー(米)を作っています。

ハセガワ 1/72 メッサーシュミットBf109 G-6 フィンランド空軍 製作記①
アドルフ こんなところを見ている人がいるのかわかりませんが一応ご挨拶を。 どうも、筆者に代わって本ブログの案内を担当しているアドルフです。 ヴァルダ同じく、 こんなところの案内人ヴァルダ 。アドルフ相変わらずプラモデルを組んでいくこのブ...
ハセガワ 1/72 B-239 バッファロー (フィンランド空軍) 製作記④(完成)
アドルフハセガワの1/72 フィンランド軍のバッファローを作ります。ヴァルダ前回は塗装まで済んだ。今回はマーキングとウェザリングをして完成させよう。アドルフヴァルダ殿、前回申していた「裏で進めているあるもの」は今回判明するのでしょうか。ヴァ...
ヴァルダ
ヴァルダ

さすがに大戦後期は旧式化してしまうけどね。

ただソ連軍から鹵獲したクリモフM-105Pエンジン(1100馬力)を搭載し、強化した「メルケ・モラーヌ」として復活。

少数が短期間だけ活躍した。

レーナ
レーナ

陸のBT-42みたいに、とんでも改造を……。

タミヤ BT-42製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は通算200記事目だったので、箸休め的な内容になりましたな。 今回は予定ですと、通常のプラモデル製作記事になるようですね。 ヴァルダ ...
ヴァルダ
ヴァルダ

第二次世界大戦序盤で奮戦したフランス製戦闘機M.S.406。

北欧フィンランド軍が運用した機体を作ってみよう。

 

 

箱の中身を確認しよう

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは箱を開ける。

中身はこんな感じ。

レーナ
レーナ

……作りかけだね。

アドルフ
アドルフ

整理しますと

  • 筆者がここの開設以前に手を加えて放置
  • 3年前に再開しようとしてこれらの画像を撮影してさらに放置
  • 最近になって、ようやく作業を再開

といった流れのようです。

レーナ
レーナ

時期的にも、前回のIII号戦車と同じじゃん。

プラッツ III号戦車J型(黒森峰女学院Ver.) 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はドイツレベルのホルテンGo229が完成しましたな。 今回は……。 ヴァルダ 以前作ろうとして作れなかったある戦車キットがある。 今回はそれを紹介し...

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえずパーツを確認。

筆者が切り出して、コクピット内部を塗って放置していた。

アドルフ
アドルフ

内部色はMr.カラーのニュートラルグレーを使っていますな。

パーツは次の画像である塗装図の右側に一覧が載っていますので、そちらを参考にしていただければ幸いです。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥395 (2024/06/20 08:48:51時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

実際はプラランナー3枚、クリアーランナー1枚で構成されている。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装図は2枚の紙に分かれて印刷されている。

塗装自体は全5種類収録されている。

アドルフ
アドルフ

それぞれ

  • MS-311号機 第14飛行隊 第1中隊 1943年7月
  • MS-317号機 第28飛行隊 第1中隊 1942年夏
  • MS-327号機 第28飛行隊 第2中隊 1941年9月
  • MS-328号機 第28戦闘機隊 第1中隊 1943年4月
  • MS-328号機 第28戦闘機隊 第1中隊 1943年夏

となっていますね。

MS-328号機は冬季迷彩と通常迷彩で同一機が収録されていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はボックスアートにも描かれたシャークマウスが特徴的なMS-311号機で塗ってみよう。

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回から作業になるだろう。

レーナ
レーナ

見た感じ、一昔前のハセガワキットだね。

そんなに苦戦しなさそうな。

アドルフ
アドルフ

筆者はここの開設以前にハセガワのフランス戦闘機をいくつか作っていますな。

おそらくそこまで苦戦しないかと。

ヴァルダ
ヴァルダ

中古品店で確保したものだから、デカール次第だね。

レーナ
レーナ

続きは次回!

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました