ハセガワ 1/72 一式戦闘機 隼二型 製作記⑤(完成)

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワA帯シリーズの一式戦闘機、隼二型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はマーキングまで済ませた。

今回は簡単なウェザリングを行い、完成させてしまおう。

レーナ
レーナ

またいつものやつかな?

アドルフ
アドルフ

おそらくそうですな。

詳しくは過去記事を・・・・・・。

それらしくなる!Ju88で学ぶ飛行機模型ウェザリング3点セット
アドルフこんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。ヴァルダ同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。アドルフ先日ドムの日である10...

 

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者もなんかワンパターンになってきたね。

アドルフ
アドルフ

スマブラDXでしたら「ワンパターン戦法」でスコアがマイナスされるやつですな。

 

スポンサーリンク

スミ入れ作業とドライブラシ

アドルフ
アドルフ

まずはスミ入れ作業。

いつも通りスミ入れ用ブラックを使います。

余分なところは後で拭き取りを。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥295 (2021/12/05 18:59:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

でも凸モールドなんだよね。

溝に流しこむというより、引っ掛ける感じかな。

やっぱり凹モールドよりも主張が貧弱というか。

アドルフ
アドルフ

なるべく一方方向に拭き取るほうがいいですな。

ちなみに筆者は綿棒で大まかに拭き取った後、ガイアノーツのフィニッシュマスターで拭き取りをしています。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥462 (2021/12/05 10:34:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァルダ
ヴァルダ

凸モールドなので試しにドライブラシも併用して、凸部分を強調してみる。

これはやりすぎると平面部分も塗料で汚くなるので注意。

軽めに・・・・・。

アドルフ
アドルフ

ドライブラシについては過去記事参照ですな。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...

 

排気管汚れとハゲチョロ表現

 

アドルフ
アドルフ

続いて銀のハゲチョロ表現と排気管汚れ。

元々銀色面積が広いので、ハゲチョロ表現は控えめで・・・・・・。

レーナ
レーナ

排気管汚れはいつも通りウェザリングマスターとウェザリングカラーの組み合わせ。

マスターのBセットとカラーのステインブラウンだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

排気汚れは基本的にススの黒を使っているけど、サビの茶色も少しだけ混ぜて変化をつけている。

こういうふわっとした煙系の汚れにウェザリングマスターは向いている気がするね。

 

 

最後の仕上げ

アドルフ
アドルフ

最後にアクリル塗料のつや消しクリアーを吹き付け。

風防のマスキングをはがして各部品を取り付けたら完成です。

レーナ
レーナ

あっという間に完成。

以下、ギャラリーだよ。

 

ハセガワ 1/72 一式戦闘機 隼二型 完成!

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて以前筆者が組んだフジミ製の一型と。

アドルフ
アドルフ

枚数の違うプロペラなど、主に機首に相違点がありますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

一型のエンジン前に見える銀色の環状潤滑油冷却器。

これは二型の途中まで装備されていたようだ。

今回のハセガワA帯でも余剰パーツとして付属する。

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

なんというか、シンプルな内容のキットだったね。

ヴァルダ
ヴァルダ

一昔前の古いキットだけど部品の合いは良好。

凸モールドということで敬遠する人もいそうだけど、合わせ目部分にくるモールドは少ないからそこまで気にしなくていいかな。

ただ主翼下部の蝶型フラップ周辺など、変なところに合わせ目がくる・必要な部分にモールドが無い箇所がある点が気になるかな。

アドルフ
アドルフ

フジミ製の一型と比較したところ・・・・・・

パーツの合い(フジミ製は風防の合いに難あり)、値段、入手のしやすさなんかではハセガワのほうが勝っているように感じます。

フジミ製は凹モールドなのでスミ入れが決まりやすいという点でリードしていますな。

created by Rinker
フジミ模型(FUJIMI)
¥3,900 (2021/12/05 17:39:58時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

一型・二型の違いはあるので、そこで住み分けが出来ている感じだ。

1/72スケールでは他にやや古めだがマイクロエース(アリイ)、かつてマガジン付録限定で登場したファインモールドなんかがあるね。

レーナ
レーナ

日本陸軍を代表する戦闘機なのに、意外と発売しているメーカーが少ないのは気のせいかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

各社の今後に期待しよう。

今回はここまで。

次回も引き続きハセガワA帯シリーズの残りを片付けていく予定だ。

レーナ
レーナ

大日本帝国万歳!

この記事で作っているキット

created by Rinker
ハセガワ(Hasegawa)
¥580 (2021/12/05 05:57:29時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました