フジミ ユンカースJu87B-1(シャークマウス) 製作記②

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

フジミ模型より発売されています、シャークマウスのスツーカを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は箱なし中古品の袋を開けた。

今回は組み立て開始。

主翼に手を加えつつ、胴体を組んでいこう。

レーナ
レーナ

久々のJu87スツーカ。

筆者の在庫には結構あるんだよね。

アドルフ
アドルフ

ズベズダにイタレリ、エアフィックスと各メーカー揃っていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者のお気に入り航空機だけど、細い部品とスプリッター迷彩がちょっと手間なんだ。

とりあえずそんな在庫を少しずつ切り崩していこう。

それでは作戦を開始する。

スポンサーリンク

主翼の穴あけ

アドルフ
アドルフ

まずは主翼から。

このキットは装備の違いから、3パターンが選択できます。

それぞれ

  • 500kg爆弾×1
  • 250kg爆弾×1、50kg爆弾×4
  • 250kg爆弾×1、増槽×2

ですな。

それとダイブブレーキやピトー管の穴が3種類共通です。

ヴァルダ
ヴァルダ

増槽はこのキットにはマークが収録されていないR型で使うので候補からは除外。

今回は標準的な250kg爆弾×1、50kg爆弾×4の組み合わせにする。

主翼自体はD型やG型と共通で、それら用の装備の凹みもある。

間違えて穴を開けないように注意しよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

基本的に凹みの通り穴あけをすればいいんだけど……

50kg爆弾のものはラック部分の取り付けピン幅が狭い。

なので気持ち小さめに穴を開けて、現物合わせにするといいだろう。

レーナ
レーナ

四角い穴は小さめのピンバイスで穴だらけにしてから、デザインナイフ類で整えているよ。

50kg爆弾の穴用に0.5mm径。

ダイブブレーキとか用には1.0mm径がいいかな。

created by Rinker
ミネシマ
¥680 (2024/02/29 18:39:08時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

穴あけが済みましたら上下を貼り合わせ。

合わせ目消しの準備です。

ついでに真っ二つな250kg爆弾も接着ですな。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについては過去記事参照だよ。

主脚の接着

アドルフ
アドルフ

スツーカの特徴でもある固定脚。

タイヤ部分が別パーツになっているので、これを先に整形してから挟み込みましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回の機体では飛び出たサイレン用プロペラ台座を削る必要がある。

ただこれは現時点では残しておく。

というか、このパーツは今回使わない可能性が高いね。

レーナ
レーナ

なんかあったのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

諸事情で在庫品と交換予定だ。

これは後に詳しく話すことになるだろう。

コクピットの組み立て

アドルフ
アドルフ

続いてコクピット。

スツーカは2人乗りなので、座席は2つです。

大元のキットが80年代発売の一昔前のものなので、シンプルな内容ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

比較的目立つ位置に深い押し出しピン跡が多数ある。

時間が惜しいので今回は

「タミヤのイージーサンディング+ウェーブの瞬間接着剤硬化促進スプレー」

を使う。

これで瞬間接着剤類が一瞬で硬化する。

レーナ
レーナ

そんな便利なものがあるなら普段から使えばいいのに。

ヴァルダ
ヴァルダ

確かにすぐ硬化するんだけど

  • パリパリした質感になりやや切削しにくい
  • 発砲して気泡だらけになり、1回ではうまく埋まらない

といった難点があってね。

筆者は基本的に急いでいるとき以外はあまり使わないんだ。

レーナ
レーナ

筆者のやり方が悪いだけなんじゃないの?

アドルフ
アドルフ

とりあえず大まかに凹みを埋めた後は溶きパテを塗って埋めておきましょう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥679 (2024/02/29 18:56:22時点 Amazon調べ-詳細)

コクピットの塗装

レーナ
レーナ

組み終わったらコクピット内の塗装だね。

指示だとRLM66ブラックグレーで塗るみたいだけど……

筆者は水性アクリジョンのRLM02グレーで塗っているという。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥420 (2024/02/29 03:50:19時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

スツーカの機内色は同じ形式でも、キットによって02グレーと66ブラックグレーのものがごっちゃですな。

筆者は昔はすべて66ブラックグレーで塗っていたのですが……

現在はBf109と同じで

「前期生産のものは02グレーだったのでは?」

と勝手に解釈しているようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

基本的には隠ぺい力を考えると66ブラックグレーのほうが塗りやすいんだけどね。

ちなみに今回のキットで指定されている水性ホビーカラーに当該色がないからか、説明書では混色指示が出ている。

RLM75グレーバイオレットつや消しブラックを80%+20%で混ぜるとできるようだ。

アドルフ
アドルフ

その後は操縦桿周りを塗り分けたり、計器のデカールを貼り付け。

デカールが崩れかかったので、本体のマーキング前にデカール台紙をクリアーコートしておきたいところですな。

レーナ
レーナ

内部は適当にスミ入れやドライブラシ。

ディティールが少なくて平坦だから、効果は微妙だけど。

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえずコクピットを組み込み、胴体左右を貼り合わせ。

そのまま主翼も取り付けてしまおう。

アドルフ
アドルフ

一旦乾燥待ちですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで中断。

もうひとつ合わせ目処理が必要なパーツとして機首がある。

加工箇所が多くなるので、これは次回以降紹介予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました