フジミ ユンカースJu87G-2製作記①

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

どうも皆さん。本ブログの案内人であるアドルフです。

ヴァルダ
ヴァルダ

同じく、アホな筆者に代わって本ブログの案内人であるヴァルダ。

スポンサーリンク

今回の題材

アドルフ
アドルフ

ヴァルダ殿、前回は「次回は新製品を作る」と言っていましたよね。

今回はそれになるのでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

そうしたいところだけど、まだその新製品の発売まで少し時間があるんだ。

というわけでそれの発売まで積みを崩しながら待つんだ。

というわけで新製品待ちとなる今回のお題はこちら。

アドルフ
アドルフ

フジミ模型より

「ユンカースJu87 G-2」ですな。

確か数年前に中古品店で筆者が確保したものですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

第二次世界大戦でドイツ軍の電撃戦を支えた急降下爆撃機。それがJu87だ。

今回製作するG型は爆弾に代わって3.7cm砲を装備した対戦車攻撃機型なんだ。

アドルフ
アドルフ

かの有名な「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル大佐」が愛用したことで知られる航空機ですね。

本キットでも大佐の搭乗機が作れるようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

彼の書いた自伝が以前から翻訳出版されていたが近々ホビージャパンから完全翻訳版として出版されるようだ。

勿論、筆者は予約済みだ。

アドルフ
アドルフ

以前の版は筆者がどこを探しても見つからなかったので朗報ですな。

中身を確認

アドルフ
アドルフ

まずは中身です。

しばらく1/35のAFVが続いていたので1/72の航空機キットはパーツが少なく見えます。

ヴァルダ
ヴァルダ

それともう一つ。

アドルフ
アドルフ

そういえば別の日にもう一個箱なし中古も購入していましたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

詳しい内容は後で説明するけど、このキットは二種類の塗装がある。

ちょうどキットも二個あるから両方作れる。

アホな筆者はこうやって積みを増やしてきたんだ。

アドルフ
アドルフ

ランナーはこんな感じです。

フジミはB/R型、D型のキットも発売しています。

G型もそれらのキットの金型を流用しているためD型用の爆弾ラックなどが余剰部品となります。

作戦開始 まずはコクピット

アドルフ
アドルフ

まずはコクピットから。

外から見える位置に押し出しピン跡があるため黒い接着剤で埋めておきます。

created by Rinker
ウェーブ(Wave)
¥909 (2021/05/06 21:34:17時点 Amazon調べ-詳細)

各部の合わせ目消し

ヴァルダ
ヴァルダ

押し出しピン跡が一発で埋まらないので接着剤を塗る→削るを繰り返している。

その間に合わせ目消し部分を進めておこう。

主翼は接着前に装備を取り付ける穴を内側から空ける。

オレンジの丸で囲ったピトー管、3.7cm砲の取り付け穴を空けよう。

アドルフ
アドルフ

ヴァルダ殿、黒い四角で囲ったラジエーター取り付け穴はあけないのですか?

ヴァルダ
ヴァルダ

そうしたいけど、このキットのラジエーターは接続ピンがラジエーター内部にあって外から目立つんだ。

というわけでピンを切り飛ばして直接主翼下面にラジエーターを貼り付ける。

幸い取り付け位置にはモールドがあるためここを目印に貼り付ければ問題ない。

ヴァルダ
ヴァルダ

主翼と3.7cm砲を接着。

パーツの合いを気にしてか筆者は接続ピンは切り落として貼り合わせている。

ヴァルダ
ヴァルダ

Ju87のトレードマークの一つである固定脚。

ここは先にタイヤのパーティングラインを整形してから合わせ目を消そう。

ヴァルダ
ヴァルダ

機首は先にプロペラを組んでから左右のパーツで挟みこむ方式。

プロペラの軸は悪くない精度なので調整はそのまで神経質にならなくていい。

アドルフ
アドルフ

筆者はなんのこだわりかいつもプロペラを

「強く息を吹きかけたらスムーズに回る」

ように調整しているんですよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

合わせ目を消す際は接着剤がプロペラ側に回り込まないように注意する。

ドロドロしたセメント接着剤で土手を作りながら接着、マスキングテープで壁を作るなどを筆者は行っている。

再びコクピットの組立て

アドルフ
アドルフ

合わせ目消しは胴体のみ残っているのでコクピットの組立てに戻ります。

コクピットの押し出しピン跡を整形し終わったら各部品を接着します。

以前の零戦に比べたら随分シンプルなつくりですね

ヴァルダ
ヴァルダ

タミヤの零戦52型は2012年発売。

対するフジミのJu87は・・・・・・詳細が調べても出てこないね。

アドルフ
アドルフ

80年代という説が有力です。

だがそのほか一切のことはわかりません!

created by Rinker
¥54 (2021/05/06 04:16:34時点 Amazon調べ-詳細)

コクピットの塗装

ヴァルダ
ヴァルダ

これからコクピットの塗装に入る。

このキット、床面に隙間があって主翼内側が見える。そのためここもコクピット色で塗っておかないと成型色がみえて後で興ざめするのでここも塗っておこう。

アドルフ
アドルフ

コクピット色は「RLM66ブラックグレー」です。

ドイツ軍の機体内部色はほとんどがこれか「RLM02グレー」になりますのでドイツ機モデラーはとりあえずこの二色を用意するといいでしょう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥379 (2021/05/07 00:29:28時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥384 (2021/05/06 17:33:42時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

計器類はモールドもされていますが上から貼り付けるデカールで再現します。

ついでにデカール一覧もお見せしましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

わかりにくいけど右上には垂直尾翼に貼り付ける鉤十字がある。

筆者は一番好きな航空機であるJu87を多数保有・製作してきたけど「鉤十字がそのまま付いてくる」という理由でかフジミのキットがお気に入りらしい。

アドルフ
アドルフ

Ju87はB、D型など各タイプ含めて他にもイタレリ、エアフィックス、ズベズダ、アカデミーなどから発売されています。

が、どれも海外製で規制を考えてか付属しないので他所から持ってくる必要があります。



created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥2,133 (2021/05/07 00:29:29時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
アカデミー(Academy)
¥2,691 (2021/05/07 00:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

先ほどのシンプルなコクピットを見ての通りフジミ製は古いキットであるから精密さでは新しいキットには及ばない。

それゆえのシンプルな部品構成、手ごろな価格も筆者がフジミ製を推す要因だったりするんだ。

アドルフ
アドルフ

説明書ではコクピットはRLM66を塗っておしまいですが、筆者の手持ちの資料と照らし合わせて部分塗装を行います。

資料と言ってもイタレリなど他キットの説明書ですけどね。

ヴァルダ
ヴァルダ

操縦桿の握りや根本、計器上の照準器はフラットブラック

フットペダルはクロームシルバー

ヘッドレストはとりあえずブラックグリーン。

ヴァルダ
ヴァルダ

部分塗装が済んだらスミ入れ。

暗いグレーがベースなのでここは単純に黒でスミ入れ

アドルフ
アドルフ

また例の燃料が写っていますよ。

溶剤の影響か後部座席の根本が一回折れましたな。

created by Rinker
モンスター
¥4,136 (2021/05/06 22:31:46時点 Amazon調べ-詳細)

コクピット完成 胴体の合わせ目消し

ヴァルダ
ヴァルダ

ここに来てようやくコクピットを組み込んで胴体を接着。

そのまま主翼も合わせてしまおう。

アドルフ
アドルフ

胴体のオレンジ丸部分にはパーツのヒケがあります。

後でヤスるなり埋めるなりしておきましょう。

作業の合間に・・・・・・

ヴァルダ
ヴァルダ

今回の作業はここまで。

実際にはやはり接着待ちや時間が少ししかない時(筆者が出勤するまでの数十分など)にそのほかの部品の整形を済ませている。

例の新製品が出ない限りはこいつの作業が続きそうだね。

今作っているキット

created by Rinker
フジミ模型(FUJIMI)
¥7,333 (2021/05/06 11:17:12時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました