フジミ 天山一二型 製作記⑤(完成)

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

フジミの天山艦攻を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は細かい組み立てと塗装を行った。

今回はマーキングとウェザリングを済ませて完成させよう。

レーナ
レーナ

無事完成するようだね。

アドルフ
アドルフ

懸念していたデカールはどうなるのか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

作業を再開して確認してみよう。

 

 

スポンサーリンク

古びたデカールを貼り付けろ

アドルフ
アドルフ

キット付属のデカールはこちらです。

計器の6番はこの時点では使用済みですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

かなり古いものだけどどうなるか。

計器のは少し崩れたけど、残りのが気になるところ。

レーナ
レーナ

破れちゃったよ。

アドルフ
アドルフ

水につけてもなかなか剥がれないので筆者が焦って剥がそうと指で動かしたところ、このように。

ヴァルダ
ヴァルダ

端だけつかんで引っ張るからだ。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず破れたものはなんとか繋げて貼り付ける。

砕けて出来た隙間部分は水性ホビーカラーのシャインレッドで塗って誤魔化す。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥409 (2022/10/07 02:43:50時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ちょっとだけ色味が違うけど、そこはウェザリングでどうにか。

アドルフ
アドルフ

そのほかのは……

大きく崩れずに貼り付けることが出来ました。

ヴァルダ
ヴァルダ

古いデカールは台紙からなかなか剥がれにくい。

筆者は長めに水に漬けて、台紙から剥がすときは平らな場所に置いてマーク中央を指でゆっくり回すように動かして剥がしている。

たまに水に漬けただけでボロボロに崩れる個体もあるけど。

レーナ
レーナ

懸念していたデカールの黄ばみはそこまで気にならないかな。

貼り付ける前はもっと黄色っぽかったのに。

アドルフ
アドルフ

やはり台紙が黄色っぽいからそう見えただけかもしれません。

例のデカール干しをしてもあまり変わらなかったので心配していたのですが。

検証!黄ばんだデカールを白くする方法
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はみんな大好きフジミの瑞雲11型が完成しました。今回は・・・・・・ヴァルダ今回は模型製作はちょっとお休み。代わりにちょっとした実験でも行ってみよう。...

3点セットのウェザリングを行う

アドルフ
アドルフ

ここから先はウェザリング。

まずはスミ入れ。

タミヤのスミ入れ用塗料を用いてカウリングはグレイ、それ以外はブラックを流し込みます。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥755 (2022/10/07 01:17:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥360 (2022/10/07 03:56:02時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

いつもの3点セットは過去記事参照だよ。

それらしくなる!Ju88で学ぶ飛行機模型ウェザリング3点セット
アドルフこんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。ヴァルダ同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。アドルフ先日ドムの日である10...

アドルフ
アドルフ

その後はハゲチョロ表現やウェザリングマスターでの排気管汚れ表現など。

これも上記の過去記事参照ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

この段階で筆者がプロペラ先端の警戒色を塗り忘れていたことを思い出した。

なので黄橙色で急遽塗り分けている。

余談だけど、この機体は日本機初の4翅プロペラ採用機なんだ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥370 (2022/10/07 15:32:23時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

最後はつや消しして風防などのマスキングを剥がす。

また吹き込んでいたのか風防内が曇っていたので、一度外して内部をふき取っている。

レーナ
レーナ

外したのが原因か、少し隙間が出来ちゃったかな?

アドルフ
アドルフ

接着剤で微妙に埋まっていた箇所が剥がれてしまったのかもしれません。

とりあえずこれで完成とします。

以下、ギャラリーです。

 

フジミ 天山一二型 完成!

レーナ
レーナ

結構大柄な機体だよね。

他のと並べてみよう。

アドルフ
アドルフ

まずは同じく大戦後期に活躍した零戦五二型と。

やはり軽快さが求められる零戦は小柄ですな。

ハセガワ 1/72 零式艦上戦闘機五二型 製作記⑤(完成)
アドルフ ハセガワ社の定番品、1/72スケールの零戦五二型を作っていきます。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを済ませた。 今回はウェザリングを行い完成させよう。 ...

アドルフ
アドルフ

続いて前身の九七艦攻と。

九七艦攻は細長いスタイルですが、天山は太くて力強い印象です。

ハセガワ 1/72 九七式三号艦上攻撃機 製作記⑥(完成)
アドルフ ハセガワ社より発売されています、九七式艦上攻撃機を進めていきます。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを済ませた。 今回はウェザリングをして完成させよう。 ...
ヴァルダ
ヴァルダ

九七艦攻の全備重量は約4t。

対する天山は5t強だ。

 

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

筆者は昔同じ内容のキットで苦戦したみたいだけど、今回はそうでもなかったかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が昔失敗したのは段差が付くように接着したのが原因だ。

よく部品を確認しながら接着すれば大丈夫

とにかく部品の遊びに注意して、落ち着いて作業をすればそこまで苦戦しない。

3人乗りの艦攻なので戦闘機よりもマスキング箇所が少し増えるけど、どれも直線的な塗り分けなので思ったよりは簡単だ。

アドルフ
アドルフ

1/72スケールの大戦機らしく、部品点数は少なめ。

特にコクピット内は非常に簡素な出来ですな。

床板に一体成形された座席や、操縦桿と計器板のみという。

ヴァルダ
ヴァルダ

良く言えば簡単に組み立てられる。

悪くいえば手抜き仕様というか。

筆者は内部再現にはそこまでこだわらないタイプだからか、これはプラスに考えている。

レーナ
レーナ

デカールに関しては……

これは中古品なのが原因だね。

ヴァルダ
ヴァルダ

どうしても古いのは劣化してしまう。

時代の流れで原材料の高騰が進んだのか2022年8月現在現行の同社製天山は値段がだいぶ高くなっているけど、デカールの質に関してはまったく問題ないはずだ。

調べたところ、細かい型が選択式になって収録マーキングも増えているようだね。

今回作ったものは1種類だけの収録だから、大幅にパワーアップしている。

アドルフ
アドルフ

戦車とかと違って、航空機はマーキング類が目立つ上に誤魔化しが難しいですからね。

現行品や筆者が放置した別個体も気になりますな……。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回はキットの製作は一時中断。

あの日がやってきたからね。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキットの改訂版

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました