ホビーボス 44Mタシュ重戦車 製作記⑥(完成)

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

ホビーボスから発売されています、タシュ重戦車を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装とマーキングを行った。

今回はウェザリングをして完成させよう。

レーナ
レーナ

えーと、今月の完成品はこれで2つ目かな?

アドルフ
アドルフ

そのようですな。

レーナ
レーナ

今月は今のところ積みはなし・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

どうも今月は積みが増えそうな予感がするね。

とりあえず、タシュがこの後どうなるのか見ていこう。

 

スポンサーリンク

バフ+ブラウンのウォッシング!

アドルフ
アドルフ

まずはウォッシング。

これで簡単な埃みたいなのを演出してみます。

レーナ
レーナ

全体にタミヤエナメルのバフ

モールド部分にはタミヤスミ入れ用ブラウン

過去記事も参照にしてね。

お手軽戦車ウェザリング!伝家の宝刀バフウォッシング
アドルフ年末が迫っていましたな。年末といえば、大掃除ですが……。レーナ筆者の部屋を漁っていたら色々出てきたよ。アドルフ作りかけの模型達ですな。ヴァルダなんらかの理由で作業が止まり、その...

 

ドライブラシ!

ヴァルダ
ヴァルダ

続いてドライブラシ。

今回はグリーンがベースの車体なので、明るいグリーンである明灰緑色を使ってみる。

偶然にも直近で作ったザクIにも使ったばかりだ。

HGUC ザクI(旧ザク) 製作記⑤(完成)
アドルフ HGUCのザクI(旧ザク)を進めていきます。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを済ませた。 今回は主にウェザリングなど仕上げを行って完成させよう。 ...
レーナ
レーナ

ドライブラシについても過去記事参照だよ。

筆で擦ることになるけど、ゴシゴシしすぎるとフックやエッチングパーツが外れるから注意・・・・・・。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...

 

エンジンデッキなどを汚す

アドルフ
アドルフ

続いてエンジンデッキなど車体上部を。

排気管の錆、デッキ上のこぼれたオイル染みなどですな。

レーナ
レーナ

これも過去記事参照だね。

錆に関しては今回排気管だけ。

工具類には施していないよ。

気軽に行こう!戦車プラモのオイル染みウェザリング
アドルフついに大晦日となりました。レーナ2020年最後の記事は何をするのかな。ヴァルダ幾つかプラモ製作が進んでいるんだけど……。どれも途中になるので、年の終わりに紹介するには切りが悪い。なので、今...

 

部分塗装省略!戦車の車外装備にいきなり錆ウェザリング
レーナ今日は何しようか。アドルフ前回は、ティーガーIIを完成させましたが・・・・・・。アドルフそういえば、もう1輌ティーガーIIが放置されていますね。今回はそれを完成させましょう。ヴァル...
ヴァルダ
ヴァルダ

装甲面の角やハッチのヒンジ周辺は傷を書き込み。

ウェザリングカラーのグランドブラウンをチョコチョコ置いてそれらしくしている。

 

 

ウェザリングライナーで流れた汚れを描く

アドルフ
アドルフ

続いて雨だれやら流れた錆やらをクレオスのウェザリングライナーで表現します。

使用したのは泥色セットのディープブラウン

そのまま線を引いたり、ペン先にウェザリングカラー溶剤を浸けてから引いたり・・・・・・。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥710 (2022/10/07 03:32:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァルダ
ヴァルダ

引いた線は溶剤を含んだ綿棒やらガイアフィニッシュマスターやらで薄く伸ばしてやる。

今回はディープブラウンを使ってみたけど、他にも錆色セットのスートブラックなんかも似合いそうだね。

現に筆者は以前こちらを使っていた。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥462 (2022/10/07 11:26:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥373 (2022/05/10 03:07:43時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

基本塗装に合わせて使い分けてもよさそうですな。

今回はアースカラーの車体なので、汚れもアースカラーにした感じに。

 

足回りの汚れ

レーナ
レーナ

車体上部はあらかた片付いたから、次は足回りだね。

戦車といえばやっぱり泥汚れ。

ウェザリングカラーのグレイッシュブラウンを全体に置いて、サンディウォッシュをチョコチョコ置いて・・・・・・。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥297 (2022/10/07 20:39:17時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

珍しく2色使っていますな。

いつもならグレイッシュブラウン1色ですが。

レーナ
レーナ

筆者が

「少し変化を加えたい」

とか言い出してさ。

レーナ
レーナ

塗料が半乾きの間に混ぜてぼかして・・・・・・。

ついでに起動輪や履帯の凸部分に、タミヤエナメルのクロームシルバーをドライブラシ。

これで完了かな。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥280 (2022/10/07 18:58:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァルダ
ヴァルダ

荒地で戦っていた車輌が舗装された道路のある都市近郊まで移動してきた、みたいなのをイメージしている。

 

最後の仕上げ

アドルフ
アドルフ

最後はタミヤアクリルのフラットクリヤーをエアブラシ吹き。

ついでにタミヤウェザリングマスターを擦りつけて、うっすらとした汚れをつけています。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥515 (2022/10/07 10:40:22時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

ウェザリングマスターはAセットとBセットを用意。

前者はライトサンドとサンドを足回りに。

後者はスートを砲口や砲身根本に擦りつけてアクセントにしている。

レーナ
レーナ

これも筆者のお約束パターンというか。

アドルフ
アドルフ

ですな。

これでタシュは完成としましょう。

以下、ギャラリーとなります。

 

ホビーボス 44Mタシュ重戦車 完成!

レーナ
レーナ

うーん、やっぱりパンターもどき感が。

アドルフ
アドルフ

実際に並べて見ましょう。

アドルフ
アドルフ

比較のために並べたのはタミヤのG型(後期型)です。

アゴのない初期のパンターのほうがよかったですかな。

タミヤ 1/35 パンターG型(後期型) 製作記⑥(完成)
アドルフ タミヤのドイツ軍中戦車パンター(パンサー)のG型。 それの後期生産型を作っていきます。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを行った。 今回はウェザリングを...

 

ヴァルダ
ヴァルダ

こうしてみるとタシュのほうがやや幅広に見えるね。

それと砲塔が前のめりに見える。

操縦手・通信手のハッチが開けづらそうにも感じるかな。

レーナ
レーナ

タシュは後ろがすっきりしているけど、その分エンジンデッキ上部の開口部が目立つというか。

アドルフ
アドルフ

続いて同じハンガリー戦車であるトルディIIaと。

蟻と巨象くらいの違いですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

第二次世界大戦はそれだけ戦車の歴史においては一種の転換期だったことがわかるね。

レーナ
レーナ

トルディについては過去記事参照だよ。

ホビーボス 38MトルディIIa(B40)軽戦車 製作記⑥(完成)
アドルフ ホビーボスから発売されています、トルディIIaを作っていきます。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを済ませた。 今回はウェザリングを行い完成させよう。 ...

ヴァルダ
ヴァルダ

最後になんとなくKV-1EとT-34。

足回りがKVっぽくも見えたけど、よく見ると履帯のパターンはT-34に酷似しているように見える。

レーナ
レーナ

こうして並ぶとやっぱりタシュが大柄だね。

アドルフ
アドルフ

KV-1E、T-34については過去記事参照ですな。

トランペッター 1/35 KV-1E(エクラナミ) 製作記⑥(完成)
アドルフ トランペッターのKV-1エクラナミ。 それを小改造してドイツ軍鹵獲車輌で作っていきます。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを済ませた。 今回はウェザリン...
アカデミー T34/76-747(r)鹵獲戦車 製作記⑤(完成)
アドルフアカデミー社の鹵獲戦車、T-34-747(r)を進めていきます。ヴァルダ前回は塗装とマーキングを行った。今回はウェザリング作業をして完成させる。レーナやっと完成かぁ。ヴァルダこちらの製...

 

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

一部筆者が苦戦しているように見えたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

エッチングパーツの一部が折り線なしだったり、ジャッキの留め具が上手くはまらなかったりと少し気になるところはある。

ただものすごく組みにくいわけではない感じかな。

足回りを除けば部品点数も少なめなのですぐ形になる。

アドルフ
アドルフ

筆者も砲塔から先に組み立てましたな。

主砲の可動軸を強化しましたが、防盾と砲塔前部が噛み合う構造なのでそこまで気にしなくてもよいかもしれません。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回筆者は付属の塗装図やマーキングとは異なる感じで仕上げた。

実物は完成していないので好きに弄ってしまっても問題なさそうだね。

塗装だけでなく工具の位置を変更したりしても面白そうだ。

レーナ
レーナ

仮に量産されたらどうなっていたか、みたいな。

アドルフ
アドルフ

購入した箱の値札によると、筆者は税込み6740円で購入したそうです。

1/35スケールのキットではやや高額な部類に入りますが、貴重な戦車の立体化自体が嬉しいですな。

レーナ
レーナ

つい最近になってから、各社が1/35スケールでハンガリー軍車輌をキット化したようだね。

筆者の積みにはまだハンガリー車輌があるみたいだけど、何時になったら完成するのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

何時になったら完成するんだろうね。

今回はここまで。

アドルフ
アドルフ

また次回、お会いしましょう。

この記事で作っているキット

created by Rinker
ホビーボス(Hobby Boss)
¥8,360 (2022/10/07 15:57:15時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました