ホビーボス 44Mタシュ駆逐戦車 製作記②

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

ホビーボスより発売されていますハンガリー軍幻の駆逐戦車、タシュ駆逐戦車を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は内容物の確認をした。

今回は作業開始となる。

主に足回りの組み立て作業だ。

レーナ
レーナ

足回りかぁ。

見た感じ、以前筆者が作ったタシュ重戦車とあまり変わらないかな?

アドルフ
アドルフ

そのようですな。

なのでそちらの過去記事も参照にしていただくとよいかと。

ホビーボス 44Mタシュ重戦車 製作記③
アドルフ ホビーボスから発売されています、ハンガリー軍のタシュ重戦車を作っていきます。 ヴァルダ 前回は合わせ目箇所を接着して、砲塔を組み立てた。 今回は接着済みの板バ...
ヴァルダ
ヴァルダ

キット内容も違いはほとんど車体上部に集中している。

とにかく車体下部を先に組んで、そこに早く辿り着こう。

 

 

スポンサーリンク

組み立て前の下準備

アドルフ
アドルフ

とりあえず下準備でも。

先に合わせ目が出来そうな箇所を接着してしまいます。

ヴァルダ
ヴァルダ

主砲と板バネ部分だね。

板バネ部分は以前タシュ重戦車で2個余計に接着したものがあったので、そちらも引っ張り出している。

板バネは6個あれば十分だけど、ランナー枚数の都合で8個分付属するんだ。

レーナ
レーナ

合わせ目消しに関しては過去記事参照だよ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。ヴァルダうむ。また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。合わせ目消しヴァルダ作業の前に使用するキットの紹介を。...

アドルフ
アドルフ

それともう1つ。

2枚重ねにする転輪の間と、車体の内側を黒く塗ってしまいます。

これらは後で筆やエアブラシが入りにくい箇所なので……。

レーナ
レーナ

前回重戦車型を組んだときに思ったけど、エンジングリルが広いから車内が見えるんだよね。

 

足回りの組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

さて下準備後は足回りから組み立てを始めよう。

主にサスペンション類を用意する。

板バネの合わせ目整形が少し手強いね。

デザインナイフや鉄ヤスリで大まかに整形して、紙ヤスリで仕上げよう。

レーナ
レーナ

あれ、もうサスペンションの接着剤は乾いたの?

ヴァルダ
ヴァルダ

実際の下準備作業は前回作ったIII号突撃砲と並行していた。

なのでかなり日数が経っているんだ。

タミヤ 1/35 III号突撃砲B型 製作記③
アドルフ タミヤMMシリーズのIII号突撃砲B型を作っていきます。 ヴァルダ 前回は可動式のサスペンションを組み込んだ。 今回は車輪や履帯を取り付け、主砲などを組み込ん...

ヴァルダ
ヴァルダ

取り付けるとこんな感じ。

部品の合いは特に問題ない。

アドルフ
アドルフ

この辺りも重戦車型と特に変わりませんな。

 

車輪類の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて車輪類。

起動輪・誘導輪が1組ずつ。

転輪は片側6個。

上部転輪は片側5個。

ついでに車体後部にセットする牽引用フックも組んでしまう。

アドルフ
アドルフ

重戦車型のときもそうでしたが、筆者は上部転輪のパーティングライン整形に苦戦したようですな。

数が多く面が広いので、デザインナイフのカンナがけではなかなか綺麗にならないというか。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここは新品の400番紙ヤスリを投入して一気に削ってしまうのがいいかもね。

幸いパーティングライン自体はうっすらとしたものなので、多少粗めの紙ヤスリで簡単に消えてくれる。

 

履帯の組み立て

アドルフ
アドルフ

今回はロコ組みをしたいので、車輪類の取り付けは後回し。

先に履帯を用意します。

本キットの履帯は1枚ずつランナーから切り出して接着するタイプとなっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

キット指定の履帯は片側86枚。

ただ以前のタシュ重戦車では微妙な長さだったので、今回は1枚増やした87枚で組む。

レーナ
レーナ

指定の枚数だとギリギリで、引っ張らないと両端を合わせられない感じだったね。

そうやって引っ張っているうちに別の箇所が千切れて……。

アドルフ
アドルフ

枚数を多くすると今度は余って緩くなるのですが、ここは後で上手く調整しましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず履帯を取り付ける。

履板は微妙に前後で異なる形をしているので、取り付ける向きに注意しよう。

ドイツ軍の戦車なんかでは、実車でも逆向きに取り付けている事例はあったみたいだけど。

アドルフ
アドルフ

履帯は歯のある起動輪部分で両端を合わせます。

案の定少し余り気味なので、上部転輪の部分で強めに弛ませておきましょう。

レーナ
レーナ

足りないよりは余り気味のほうが作業しやすい感じだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

位置が決まったら各車輪と履帯を接着する。

転輪はサスとの接続が甘いので作業中ポロポロ取れるから、先に上部転輪を接着するのがやりやすいかな。

そのままだと浮くから、固着するまでクリップで留めておこう。

 

 

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

各車輪を接着して、乾燥後はこのようにユニットとして取り外せるように。

これでロコ組みが完了だ。

レーナ
レーナ

これは以前過去記事で紹介したね。

履帯同士の接着に関しては今回タミヤセメントの流し込み速乾を使ったよ。

攻略せよ!戦車プラモ接着組み立て式履帯(キャタピラ) ~ロコ組みもあるよ~
アドルフ タミヤの新作、KV-2重戦車を作っていきましょう。 ヴァルダ そうしたいところなんだけど・・・・・・ なんか筆者が 「この機会に組み立て式履帯について記...
ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで作業を中断。

次回は肝心の車体上部を進めていく予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました