遅れた新製品製作 HGCEインフィニットジャスティスガンダム④(完成)

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

HGのインフィニットジャスティスの続きです。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はマーキングまで進んだところだったはず。

今回は完成までもちこもう。

アドルフ
アドルフ

やっとこさ完成ですか。

ヴァルダ
ヴァルダ

アホな筆者がもたついたせいで発売から2ヶ月近く経ちそうだね。

スポンサーリンク

スミ入れ作業

アドルフ
アドルフ

今回は主に仕上げ作業となります。

まずスミ入れ。エナメル塗料では割れそうだったので、クレオスのウェザリングカラー、マルチブラックを使用。

写真左の手足が塗料流し直後、右側が拭き取り直後となります。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただいままでにも何回かあったけど、ウェザリングカラーでも割れるときがあるので油断禁物。

幸い、今回は割れなかった。

アドルフ
アドルフ

ウェザリングカラーで上手くスミ入れ出来なかった部分はやむを得ずタミヤエナメルで。

主に後頭部や胸部ダクトなど、幅広の部分です。

ここはスミ入れ塗料に通常の塗料を合わせて濃い目の塗料を使うと上手く塗りつぶせます。

ヴァルダ
ヴァルダ

スミ入れが終わったら、缶スプレーでさっとつや消し。

次の作業に備えて表面にざらつきを与えておく。

ざらつかせるのが目的なので、完全につや消しにならなくてもOK.

ドライブラシと銀の剥げチョロ

アドルフ
アドルフ

機体のエッジに塗料を染み込ませた筆をこすり付ける、ドライブラシを行います。

ジャスティスはピンク系の塗装なので、タミヤエナメルのピンクをチョイス。

・・・・・・しかし随分と雑なやり方ですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

他の人の作例を見てみると結構スタイリッシュというか、綺麗にまとまった作品が多いんだけど、筆者は敢えて激しく汚した作風にするんだ。

理由としては、ミスったときのリカバリーが難しいから。

作業中に誤って部品を落として、せっかく綺麗に塗った塗装が剥げたりしたときの絶望といったら・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

筆者の積みの中にはそのまま作業を放棄されたものも幾つかあるとか。

ヴァルダ
ヴァルダ

汚すこと前提なら、途中で傷や塗装剥げができても後から修正できる。

最近はこれで完成品を増やすことに成功してきた。

アドルフ
アドルフ

ピンクのドライブラシの後はシルバーの銀剥げ塗装。

主に関節部など擦れそうな部分に施します。

ヴァルダ
ヴァルダ

作業中にはがれた塗装もこれで誤魔化してしまおう。

アドルフ
アドルフ

インフィニットジャスティスは地上戦の汚れは施さずに仕上げるので、ウェザリングはこの辺りで止めておきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

昔の筆者は「種系の機体はあんまりウェザリングが似合わない」と言って小綺麗に仕上げようとしていた。

だけど、前述の通り、途中の失敗で作業が止まることがあったり、完成しても何か物足りなさを感じていた。

というわけで、筆者は今回新たなイメージをつかむべく、激しいウェザリングを施した主役級MSを作ってみることにしたんだ。

プレミアムクリアー?

アドルフ
アドルフ

最後につや消し・・・・・・なのですが今回はいつもの水性つや消しではなく、このプレミアムクリアーでコーティングをしてみます。

ヴァルダ
ヴァルダ

本当にプレミアムなのか・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

使ってみたところですが……

プレミアムと銘打っているだけあってつやはしっかり消えていますね。

白化した部分もありません。

アドルフ
アドルフ

お待たせしました、これでインフィニットジャスティスが完成です。

ヴァルダ
ヴァルダ

以下、ギャラリー。

HGCE インフィニットジャスティスガンダム 完成!

アドルフ
アドルフ

製作後記

アドルフ
アドルフ

もたついていたキットがようやく完成しました。

一見するとパーツ数の多い手間のかかるキットに見えますが、複雑な塗り分け部分をパーツ分割しているので、塗装のときにあまりマスキングをしなくてすむというメリットもあります。

ヴァルダ
ヴァルダ

噴射口のグリーンやライフルなんかは流石に塗り分けできていないから、成型色仕上げ派もここは部分塗装が必要だね。

アドルフ
アドルフ

部分塗装といえば……

アドルフ
アドルフ

アホな筆者が足裏のシルバー部分を塗り分けていませんでしたな。

急遽塗っておきました。

ヴァルダ
ヴァルダ

懲罰大隊行きにするか、強制収容所行きか・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

4連休なんてなかったんで、筆者は既にどちらにも近い状態ですよ。

とりあえず、今回はこの辺りでお開きとしましょう。

不定期コーナー 筆者の散財タイム

アドルフ
アドルフ

報告をしていなかっただけで、筆者の積みプラ、積み鉄は順調に増えていました。

ヴァルダ
ヴァルダ

このほかにも幾つかあったような・・・・・・。

そういえばまた筆者がなんかポチっていたね。

密林さんのポイントキャンペーンに釣られて・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

まずはマイクロエースより、0系新幹線のお召し仕様です。

説明不要の初代新幹線、0系。それのお召し列車仕様ですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

この車輌は1981年5月の第32回全国植林際のときに運転されたもの。

先頭車のライト付近に青い帯がはいっているのが特徴だね。

1000番台の小窓車中心の編成の中に1輌、初期型と言える0番台車(大窓車)が入っているのがミソ。

アドルフ
アドルフ

続いて、TOMIXより、485系、勝田車両センターK60編成。

485系は国鉄の交直流特急電車の決定版ともいえる存在です。

直流、交流の50Hz、60Hzともに対応することから様々なところで活躍しました。

今回の製品は茨城県にある勝田車両センターに所属していたK60編成を再現したものとなっています。

同センターは主に常磐線の車輌が配置されていますね。

ヴァルダ
ヴァルダ

イルカのイラストが描かれた爽やかな塗装も再現。

主に臨時列車などに使われていたようだ。

本編成は先頭車が運転台に2灯式のライトをつけた1500番台であるのが特徴。

元々北海道向けに製造された耐寒型の車輌だったんだけど、本州とは違う雪質の北海道では故障が多発、本州に戻されてきた経歴を持つ。

アドルフ
アドルフ

最後にTOMIXよりキハ28 2300番台。

国鉄の急行型気動車、キハ58系列の一族でキハ58がエンジン2つなのに対して、こちらは1つとなっております。

2300番台は長編成対応の300番台に冷房改造を施したものだそうです。

・・・・・・気動車って複雑なんですよね。この説明があっているかどうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

何故に筆者は唐突にコイツを?

アドルフ
アドルフ

筆者は総武線ユーザーなのですが、どうやら昔同線やその先の房総方面各線には気動車が大量に走っていたらしく、調べ物をしていくうちに……。

ヴァルダ
ヴァルダ

モーターの付いていないT社が一両では走れないじゃないか。

アドルフ
アドルフ

とりあえず、戦利品検閲はここまでです。

ヴァルダ
ヴァルダ

この気動車はどうなるのか……。

今回は本当にここまでにしよう。

この記事で作っているキット

HG No.231 インフィニットジャスティスガンダム

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました