Aモデル Bf109 T-1型 製作記⑥(完成)

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

Aモデルから発売されていますドイツ軍艦上戦闘機、メッサーシュミットBf109 T-1型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装とマーキングを終えた。

今回は部分塗装やウェザリングを簡単に行って、完成させてしまおう。

レーナ
レーナ

塗装からはいつも通りだね。

アドルフ
アドルフ

このキットが難しいのは組み立てですからね。

塗装以降は他のキットとあまり変わらない感じです。

ヴァルダ
ヴァルダ

寧ろ単純なスプリッター迷彩だから、塗装は簡単に感じたかな。

とりあえず、作戦再開といこう。

スポンサーリンク

部分塗装を行う

レーナ
レーナ

まずは筆による細かい塗り分けを行うんだけど……

筆者がここで尾輪を紛失していたことが発覚したんだ。

ファインモールドのG-6型で余剰になっていた尾輪を装備させることに。

https://letztbatallion.com/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89-1-72-%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88bf-109-g-6-%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa/
ヴァルダ
ヴァルダ

どうやらG-4型から主脚や尾輪が強化されて大型化されたようだね。

ファインモールド製品のG-6型には金型流用の都合で、旧式の尾輪が付いてくるんだ。

アドルフ
アドルフ

筆で細部を塗り分けでみるとこんな感じに。

主翼の後部や着艦フックの先端を赤く塗るのがポイントですな。

スミ入れ作業を行う

レーナ
レーナ

続いてスミ入れ。

単純にタミヤエナメルのスミ入れ用ブラックを使っているよ。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥295 (2021/10/26 11:53:38時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

単純ですな。

このキット、機首周辺の細かいモールドは浅いですが、胴体後部など、主要部分のモールドは深めです。

そのためスミ入れでより強調された感じに。

ヴァルダ
ヴァルダ

主脚の黒い部分は逆にグレーをスミ入れ。

黒地部分をグレーで強調している。

銀剥げ表現

ヴァルダ
ヴァルダ

続いてタミヤエナメルのクロームシルバーで銀剥げ表現。

いつもよりも粗い出来になってしまったので、筆者は今回これを強調。

粗を誤魔化す目的だ。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥393 (2021/10/26 18:26:00時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ドイツ機ってあんまり塗装剥げしているイメージないよね。

錆とススで排気管汚れ

アドルフ
アドルフ

続いて排気管汚れ。

クレオスのウェザリングカラーで錆を。

タミヤウェザリングマスターBセットでスス汚れ。

レーナ
レーナ

この辺りは過去記事も参照に……。

https://letztbatallion.com/%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8bju88%e3%81%a7%e5%ad%a6%e3%81%b6%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e6%a9%9f%e6%a8%a1%e5%9e%8b%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%b6%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b03/
https://letztbatallion.com/%e9%83%a8%e5%88%86%e5%a1%97%e8%a3%85%e7%9c%81%e7%95%a5%ef%bc%81%e6%88%a6%e8%bb%8a%e3%81%ae%e8%bb%8a%e5%a4%96%e8%a3%85%e5%82%99%e3%81%ab%e3%81%84%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%82%8a%e9%8c%86%e3%82%a6%e3%82%a7/

つや消しをして完成させる

アドルフ
アドルフ

最後につや消し。

いつも通り、タミヤアクリルのフラットクリヤーをエアブラシで吹き付けています。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥165 (2021/10/26 10:09:31時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

最後に風防のマスキングを剥がして、窓枠を一部修正。

これで完成だね。

アドルフ
アドルフ

以下、ギャラリーとなります。

Aモデル メッサーシュミットBf109T-1型 完成!

作ってみた感想

レーナ
レーナ

筆者曰く

「今まで作ったBf109のなかで一番作りにくかった」

とのこと。

アドルフ
アドルフ

バリが多めでそのまま組もうとすると隙間が多くできます。

逆に開口部が埋まっている部分もあったり。

ヴァルダ
ヴァルダ

残念ながらすんなり組めるキットではないね。

細かい部品ではバリだけでなく、金型のズレで段差が出来た部品もあったり。

筆者もプロペラ軸やアンテナ線支柱なんかは新造している。

アドルフ
アドルフ

ただ希少価値の高いT-1型のキットと言えます。

メジャーなメーカーからは発売されていませんので……。

レーナ
レーナ

筆者もその点でこのキットを購入したんだ。

精度は悪いけど艦載機用装備もしっかり付いてくるし。

慌てずにじっくり取り組んで作るキットといえるかな。

筆者もなんか自信がついたっぽいね。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の在庫には精度の悪そうなキットやパーツ数の多いキットがまだまだ存在する。

このキットの経験を踏まえて、控えのキットも完成させたいところだね。

今回はここまで。

次回はまた別のキットを紹介することになるだろう。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました