BB戦士 クシャトリヤ 製作記⑦(完成)

※記事内に広告を含む可能性があります

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

バンダイから発売されていますSDガンダムBB戦士シリーズ。

それのクシャトリヤを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装を行った。

今回はウェザリングやマーキングを行い完成に持ち込もう。

レーナ
レーナ

やっと完成に。

アドルフ
アドルフ

だいぶ筆者が苦戦しましたな。

臨時休業も相次いでいますし。

ヴァルダ
ヴァルダ

完全に記事が作業に追いついてしまっている。

それではラストスパートと行こう。

スポンサーリンク

スミ入れ!

アドルフ
アドルフ

手始めにスミ入れ。

タミヤのスミ入れ用塗料(ブラック)で進めていきます。

スナップフィット部分に塗料が溜まると破損の原因になりますので、極力分解した状態で進めていきましょう。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥950 (2024/04/19 15:20:16時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

一部スジ彫りを強調したから、スミ入れをすることでだいぶ印象が変わるね。

部分塗装で曖昧だった色同士の境界もはっきりするし。

マーキングシールを貼り付ける

アドルフ
アドルフ

このキットには足りない色分けを補うホイルシールと、注意書きなどを表現したマーキングシールが付属します。

色分けは塗装で再現したのでホイルシールは今回未使用。

マーキングシールだけ貼り付けてみましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

デザインナイフやハサミで余白を切り落とし、極力マーク部分だけにする。

シールは段差部分が目立ちやすいのが難点だけど、余白を外せば多少は軽減できる。

水に漬けると一時的にシールの粘着力が落ちるので、細かい位置決めもしやすくなる。

レーナ
レーナ

筆者は基本的に説明書の指示通りにシールを貼り付け。

「クシャトリヤ」

「マリーダ・クルス」

と書かれたマークは位置指定がないから、頭や背面にそれらしく貼り付けているよ。

アドルフ
アドルフ

リアル頭身のガンプラでも搭乗者の名前マークはたびたび見かけますな。

筆者は本当はコクピット周りに貼り付けたかったそうですが、面積が足りなかったので背面に。

ドライブラシ!

アドルフ
アドルフ

続いてドライブラシ。

少量だけ筆に含んだ塗料を擦り付け、変化をつけていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

使用したのは全てタミヤのエナメル塗料。

大まかに

  • クシャトリヤ本体の緑色部分→明灰緑色
  • クシャトリヤ本体の白部分→ジャーマングレイ
  • ロト本体→バフ
  • 金属部分→クロームシルバー

と使い分けている。

ドライブラシの詳しい方法は過去記事を参考にしてもらいたい。

アドルフ
アドルフ

空間戦用MSですし、ウェザリングは今回このくらいにしておきましょう。

単純に筆者の気力が少ないというのもありますが。

最後の仕上げ

アドルフ
アドルフ

最後に

  • 全体に水性ホビーカラーのつや消しクリアーを吹きつけ
  • モノアイに以前加工したHアイズを接着

それらを行った後、最終組み立てをして完成です。

レーナ
レーナ

やっと完成だね。

以下、ギャラリーだよ。

BB戦士 クシャトリヤ 完成!

レーナ
レーナ

足りなかった色分けを補ってだいぶかっこよくなったね。

基本スタイルは変更せずに、主に塗り分けと肉抜き穴埋めを中心に作業をしたけど……。

アドルフ
アドルフ

作業の大半は肉抜き穴埋めでしたな。

足裏や腕の後ろ側に注目です。

ヴァルダ
ヴァルダ

キットオリジナルの変形、クローモードとスコーピオンモード。

後者は足裏が目立つので穴埋めの効果が最もわかりやすい。

アドルフ
アドルフ

おまけのロト。

ハリボテ状態だった脚部の穴埋めが主な改造ポイントです。

履帯のパターンはかなり適当に彫りこんだはずですが、完成してからみるとそれらしくなっていますな。

レーナ
レーナ

何より黒1色の成型色だったのが、色分けされてかなりいい感じに。

アドルフ
アドルフ

2体並べて。

SDなのでスケールとかサイズはあまり関係ないですが、大型機と小型機で大きさ違いは再現されていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

初代ガンダムやザクなど標準的なMSは大体17~8m。

クシャトリヤは22.3m。

ロトは12.2mだ。

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

筆者初のSDガンダムキット。

どうだったかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の感想としては……

  • パーツは少なめ。ニッパーを使わなくてもランナーから簡単に外せる「タッチゲート方式」を採用しているので、工具の揃っていない初心者でも組み立て簡単
  • 頭身の割には意外と可動範囲が広く感じた。特に足周り。膝が可動しないものの接地性は抜群
  • パーツ数を抑えるためか、一体化されているものが多く肉抜き穴が多い。パチパチ組む分には簡単だけど、これらを埋めるとなるとそれなりに手間がかかる
  • おまけのロトはやはりおまけだけあって「肉抜き穴・単色・武器以外の上半身がほぼ一体成型」と簡易的。せめて塗装だけでもしてそれらしくしたい

といった所。

普段リアル頭身のガンプラしか作らない筆者の主観も入っているけど、そこはご了承を。

アドルフ
アドルフ

今回はほとんど肉抜き穴の穴埋めに作業時間の大半を費やしていたように見えますな。

筆者は以前よく模型雑誌でSDガンダム作例で穴埋めを見かけていたようですが、それの苦労を今回実際にやってみて味わったという。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は主にタミヤのエポキシパテ(即硬化タイプ)プラ板を用いて肉抜き穴を埋めた。

パテはいくつか種類があるけど、現時点では当該パテが一番出番が多いかな。

エポキシパテは銘柄によってはかなり硬くて切削がしづらいけど、これはまだしやすい方に感じる。

ここの開設前なんかはポリパテを用いることも多かったけど、臭いや気泡が気になって最近はあまり出番がない。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,800 (2024/04/19 07:55:18時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

筆者の在庫にはポリパテだけ盛って放置されたものがいくつかあったような……。

レーナ
レーナ

クシャトリヤはリアル頭身だと1/144HGUCでもかなりの大きさ。

デフォルメとはいえ、大型MSが手ごろなサイズと値段で手に入れられるというのもSDシリーズも魅力だね。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥7,009 (2024/04/19 21:39:36時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

SDシリーズ、今後も筆者のラインナップに加わるかは不明ですな。

今回のクシャトリヤも実は貰い物だったり。

何より肉抜き穴の処理でだいぶ筆者が消耗してしまったようで。

レーナ
レーナ

最近はリアル頭身のガンプラでも肉抜き穴が目立つけど。

新規層の開拓目的で、パーツ数を抑える方針なのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

仮にSDを作るなら、今度は肉抜き穴が少なめのキットを選びたいところだ。

その前に手持ちの在庫を処理したいけどね。

今回はここまで。

記事が作業に追いついているので、次回は未定。

レーナ
レーナ

あるかわからないけど、次回もお楽しみに~。

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,599 (2024/04/19 19:33:58時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました