HG セイバーガンダム 製作記④

※記事内に広告を含む可能性があります

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラのSEED HGシリーズより、セイバーガンダムを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は胴体上下と武器を組んだ。

今回は残りの腕部とバックパックを組んで全体の組み立て作業を終えよう。

レーナ
レーナ

ザクファントムと違って、今回は順調そうな。

アドルフ
アドルフ

肉抜き穴が少ないですからね。

今回その当該箇所がありますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

今度はサクッと埋めたいところだ。

それでは作業を再開しよう。

スポンサーリンク

腕部の組み立て

アドルフ
アドルフ

これがキットの腕部。

この時期キットとしては標準的なスタイルです。

前腕・肩共にモールドを無視した単純な部品分割となっていますな。

レーナ
レーナ

なんかやたらゲート跡が目立つような。

アドルフ
アドルフ

これを手に入れ仮組みしたのは16~7年前。

まだ筆者がゴッドハンドのニッパーを導入する前でしたからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

肩は基部を合わせ目消しした後、アーマー部分を挟み込み再び合わせ目消しの接着。

今回は後ハメなしで進めた。

同じ色同士なので、ここはやらなくても支障がないと判断してね。

レーナ
レーナ

以前のジンシリーズみたいに、肩口側に板を増設するのは?

ヴァルダ
ヴァルダ

セイバーは変形時に肩アーマーを折りたたむからね。

単純な板だとそれが再現できなくなる。

アドルフ
アドルフ

仮に後ハメを行うなら、分解と折りたたみ機構保持を両立する必要がありますな。

以前やったパワードジムの足首ガードみたいに、軸にネオジム磁石を埋め込むのがいけそうな気もしますが……。

アドルフ
アドルフ

残る前腕は合わせ目を消すだけ。

単純な部品構成なので、接着さえしてしまえば工作は容易だったりします。

ヴァルダ
ヴァルダ

肩のサーベル柄は内部に固定用の軸を打つ案もあったけど……

穴開けとかをすると外から見える部分がボロボロになりそうだった。

なので今回は改造せずに進める。

レーナ
レーナ

これで腕部は組み立て終了だね。

バックパックの組み立て

アドルフ
アドルフ

最後にバックパック。

アームを介して本体と接続されており、ここもMA形態へ変形時に位置が変わります。

レーナ
レーナ
  • モールドを無視した分割
  • アーム部分に目立つ肉抜き穴がある

辺りかな、筆者が気になっているのは。

アドルフ
アドルフ

まずは合わせ目消しのため、接着を。

しかし内部にビーム砲の砲口があります。

挟み込む格好になりますが……。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • 段のついたモールド部分でビーム砲を分割する
  • パーツがちょうど筒状になっているので、内部に1.0mm径の真鍮線を仕込む

これで後ハメ加工を施した。

真鍮線は1.0mmだと少しだけ細い。

ちょうどいい太さのものが他になかったので、これに瞬間接着剤を塗って渋みを与えてしのいでいる。

ヴァルダ
ヴァルダ

分割した基部側はバックパック内部に挟み込み。

先端部分は別パーツにして、後からさしこめるようにした。

レーナ
レーナ

……普通に筆塗りで済ませてもいいかも。

というか、先端パーツが脱落して内部に落ちそうなんだけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

内部に入ってしまったことを考えて、赤い本体の白いパーツを被せて隠れる部分に穴を開けておくのもよさそうだ。

今回はとりあえずそのまま進める。

アドルフ
アドルフ

加工が済んだので、赤い本体部分を接着。

合わせ目消しですな。

アドルフ
アドルフ

目立つアームの肉抜き穴はエポパテで埋めてしまいます。

近年筆者が主力で使っている、タミヤの速硬化タイプを盛り付け、削っています。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,800 (2024/04/19 07:55:18時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ザクファントムのときはパテとパーツの隙間が埋まらなくて苦労したけど、今度はどうなるやら。

見た感じは綺麗に埋まっているように見えるんだけど……。

アドルフ
アドルフ

前回のシールドの整流板同様、バックパックのウィング部分は余分なフラッグがついているようです。

ここはニッパーで切り取ってしまいます。

シャープ化の必要はないように感じたので、アンテナのように削って薄くすることはしていません。

アドルフ
アドルフ

これでバックパックは組み立て終了。

ウィングの接続部はポリキャップがそのままですが、今回は手をつけずに進めます。

レーナ
レーナ

後でプライマーとか塗っておいた方がいいかな?

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

これで全ての部品がそろいました。

肉抜き穴埋めが少なかったので、ザクファントムよりは楽でしたな。

レーナ
レーナ

合わせ目が真っ二つ。

なんだけど、単純な部品構成だからそれはそれで処理が楽だったりするんだよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は塗装になる予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,299 (2024/04/18 22:13:14時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました