HG ブグ(ランバ・ラル機)製作記③

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ブグの続きを作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は腕とバックパックの整形を残して終わったところだね。

アドルフ
アドルフ

いつもなら各部の工作がきっちり終わっているのですが・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の本業のシフト都合で休みの間隔が少し開いているんだ。

スポンサーリンク

やり残し部分の製作 腕部とバックパック

バックパックの製作

アドルフ
アドルフ

特に改造するところのないバックパック。

・・・・・・ですが合わせ目部分がKPS製パーツの広い面の上に来るのでやや整形しにくいですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

サフでチェックしながら丁寧にヤスリがけを行うしかない。

接着剤が上手く回らずに隙間が出来てしまったら黒い瞬間接着剤で隙間を埋める。

合わせ目の一部は腰部パイプパーツの受け部分に来るのでそこはスジ彫りで誤魔化せる。

アドルフ
アドルフ

バーニア類も特に改造はなしですね。

腕部の製作

アドルフ
アドルフ

ザクやグフと違い左右対称の腕をしています。

上の写真ではまだですが実際は肩アーマーの合わせ目消しが進んでいます。

アドルフ
アドルフ

バックパック同様サフチェックしながらの整形ですが・・・・・・

随分と雑に見えますね。

問題のハシゴ状ディティールに来る合わせ目がどうなるのでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

溶きパテを適当に盛り付けて誤魔化している。

アドルフ
アドルフ

いいんですかね。そんな適当で。

ヴァルダ
ヴァルダ

どうせウェザリングでどうにでもなると筆者は判断したらしい。

その他スジ彫りをバックパック同様彫りなおして強調している。

ヴァルダ
ヴァルダ

それと、肩ブロックの部分。

この部分はパーツの片側に合わせ目が来るようになっている。

これを・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

左右対称になるように反対側にも彫り直す。

そうすれば合わせ目もモールドっぽくなる。

アドルフ
アドルフ

筆者は今回これで肩を後ハメ加工したつもりのようでしたが・・・・・・

そのままではうまくパーツがはまりません。

アドルフ
アドルフ

そこで引っかかるピンの部分を短くカットすることに。

これで接続パーツを挟み込みながら肩ブロックを取り付けることができます。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただやってから気付いたんだけどピンが短くなったせいで肩ブロックがバラけやすくなっている。

完成したら肩ブロックは接着してしまったほうがいいと思う。

アドルフ
アドルフ

なんのための後ハメなのやら・・・・・・。

調べたところ、接続パーツをCの字に加工する後ハメが一般的なようですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

そっちのほうが良かったかもしれないね。

アドルフ
アドルフ

前腕部は合わせ目はないのですが、外装パーツのはめ込みがかなりきついのでピンを短めにカットしておくのがおススメです。

ヴァルダ
ヴァルダ

と、いうかピンを短くしてスナップフィットを弱めておくのは仮組み時にやっておくのが一般的なようだね。

ここはピンを短くしても肘パーツが横から貼り付くのでバラけることはない。

アドルフ
アドルフ

さて、ようやくブグ全体の整形・改造が終わりました。

そのまま塗装に入っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は新しいキットだけあって可動範囲に不満がないのであまり弄ってはいない。

筆者はキットの形状に関しては元々弄らない傾向なんだけどね。

早く作ってたくさん並べたいとか。

楽しい塗装の時間

下地を作ろう

アドルフ
アドルフ

まずはサーフェイサー。

今回はもっともスタンダートなグレーの1000番を吹き付けていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

相変わらず散らかっているねぇ。

アドルフ
アドルフ

筆者は片付けたいのですがそれ以上にキットを早く作りたいようなので……。

ヴァルダ
ヴァルダ

作業場が散らかっていると作業効率が落ちるし、部品も紛失しやすくなる。

関節は金属色

アドルフ
アドルフ

サフが終わったら関節用の金属色を塗っていきます。

その前に今回はヒートホークの刃を塗り分けます。

使用したのはMr。メタルカラーのクロームシルバー。

ヴァルダ
ヴァルダ

勿論、塗ったら次の色に備えてマスキング。

アドルフ
アドルフ

そのあと、武器や関節の金属色を塗装。

使用したのはMr.メタルカラーのアイアン。

筆者はジオン系MSの関節にはいつもこの色を使っています。

シャドー色を塗ってみよう

アドルフ
アドルフ

一方機体のほうはシャドー色となるMr.カラーGXのウイノーブラックを全体に塗ります。

機体色は青とグレー

アドルフ
アドルフ

ブグのカラーはほとんど青一色となっています。

筆者は参考にオリジンの公式HPに載っているブグを見たのですが・・・・・・

HPのブグはキットの成型色よりやや白みの強い青に感じたようです。

丁度いい青が手持ちになかったので今回は自作してみることに。

ヴァルダ
ヴァルダ

Mr.カラーのつや消しホワイトとインディーブルーを2:1の割合で混ぜている。

キットの塗装レシピではホワイト:インディーブルー:パープルを6:3:1で混ぜるように指示されているけど、ものぐさな筆者はこの2色だけにしてしまった。

アドルフ
アドルフ

んで塗ってみましたが・・・・・・

やけに明るい色になりましたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

成型色とは逆に白みが強すぎて青みが足りないように見える。

とりあえず進もう。

アドルフ
アドルフ

わずかに残るグレー部分。

ここはガンダムカラーのファントムグレーを使います。

ヴァルダ
ヴァルダ

写真は旧ガンダムカラーの製品だけど、現行のガンダムカラーでも販売されている。

旧製品のセットには頻繁に入っているから筆者は相当数保有している。

アドルフ
アドルフ

膝、胸部、足などに使います。

ザクでも同様の部分にこの色が指定されていますね。

塗装中にありがちな事故

アドルフ
アドルフ

まだ塗装していない関節パーツがこのタイミングで発覚しました。

ヴァルダ
ヴァルダ

散らかった場所で作業するからだ。いわんこっちゃない。

本日の戦果

アドルフ
アドルフ

塗装終了後、組み立ててみるとこんな感じに。

ヴァルダ
ヴァルダ

やはり青みが少し足りなかったようにもみえるね。

今後のウェザリングで色味が変わるかもしれないけど。

今回はここまで。

余談 今回の散財

ヴァルダ
ヴァルダ

アホな筆者が予約していた電車がまた届いたよ。

アドルフ
アドルフ

国鉄を代表する通勤電車、103系ですな。

エメラルドグリーンは主に常磐線系列のカラーです。

筆者はこの車両に乗ったことはないですが、幼少の頃に成田駅で成田線の本車をみた記憶はあるそうです。

アドルフ
アドルフ

総武線ユーザーである筆者が保有するKATOのカナリア色とTOMIXの営団地下鉄(現東京メトロ)東西線直通用の1000番台との比較。

幼少の頃の筆者は屋根上に見えるベンチレーターが好きだったようです。

理由は「ヨーグレットみたいでおいしそうだったから」だったとか。

ヴァルダ
ヴァルダ

総武線は黄色だから、寧ろハイレモンじゃないのかい?

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が部屋を片付けないから、こちらもなかなか進まないね。

本当に今回はここまで。

アドルフ
アドルフ

追記 ここで紹介した103系のエメラルドグリーン、取り付け済みのクーラーに間違いがあったようです。

詳細は以下のTOMIXお知らせページから。

国鉄 103系通勤電車(初期型冷改車・エメラルドグリーン) 各種についてのお詫びとお願い

この記事で作っているキット

HG 1/144 MS-04 ブグ(ランバ・ラル機)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました