HGCE フォースインパルスガンダム 製作記②

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラHGCEシリーズのフォースインパルスガンダムを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は仮組み品の可動範囲をチェックした。

今回は工作開始。

頭部と胴体に手を加えてみよう。

レーナ
レーナ

世間は水星の魔女の新製品で盛り上がっているっていうのに、筆者はまったく別のガンプラを……。

アドルフ
アドルフ

筆者は流行に乗るのが下手ですからね。

単純に争奪戦を避けたいだけというのもありますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

おそらくお店の品揃えよりも、筆者の在庫のほうが充実しているだろう。

とにかくそちらを減らしていこう。

それでは作戦を開始する。

 

 

スポンサーリンク

頭部の製作

アドルフ
アドルフ

手始めに頭部から。

白と黄色に塗り分けられたV字アンテナが技術の進歩を感じますな。

ツインアイもクリアーパーツによる別パーツです。

レーナ
レーナ

頭部側面に合わせ目が入っているのが気になるところかな。

それと、アンテナもフラッグがついてシャープさに欠けるというか。

 

頭部の後ハメ加工をしてみよう

ヴァルダ
ヴァルダ

頭部の合わせ目を消してみたいところだけど……

そのまま接着してしまうとクリアーパーツなどが外せなくなる。

塗り分けに不便なので、ここは後ハメ加工をしてみよう。

アドルフ
アドルフ

通常はフェイス部分を組んでから、外装で挟み込む方式ですな。

これを変更すれば……。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず赤いD1/2番パーツの裏側にある平たいピンをカットする。

本来はこのピンで頭部と接続していた。

ヴァルダ
ヴァルダ

頭部側も切削作業。

前面に来るA1/36番パーツの内部に突き出た部分を削る。

画像で黒く着色した部分だ。

レーナ
レーナ

フェイスパーツで隠れるから、内部は多少雑に削っても大丈夫そうだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

これでとりあえずフェイス部分を頭部の下からスライドして組み込めるようになった。

ただし、それでもはめ込みがかなり固めに感じるね。

他のガンダム系キットに比べてスムーズとはいえないかな。

アドルフ
アドルフ

見えない範囲で、フェイス部分の両側面をもっと削り込んだようが良さそうですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえずはめ込めることを確認したら、合わせ目を消すために接着。

そのまま乾燥まで他の作業だ。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについては過去記事参照だよ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドルフ 何をするのやら……。 合わせ目消し...

 

アンテナを加工する

アドルフ
アドルフ

続いてアンテナ。

まずはパーツ先端の裏側についているフラッグを切り落としてしまいましょう。

アドルフ
アドルフ

ここは単純に切り取るだけです。

ニッパーでパチンと切ってしまいましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

切り口はヤスリで整えるけど……

その前にアンテナを削りこむ。

そのついでに整形予定だ。

ヴァルダ
ヴァルダ

破損防止か安全基準を満たすためか、V字アンテナはそのままだと太め。

先端を尖らせるようにパーツの左右から削り込んでいく。

画像で黒く着色した付近を削っていこう。

ヴァルダ
ヴァルダ

加工後はこんな感じ。

極端に細くしようとしても作業中に破損することがある。

ほどほどのところで止めてしまおう。

アドルフ
アドルフ
  • 鉄やすりで大まかに削って
  • デザインナイフのカンナがけで整え
  • 最後に軽く紙やすり

カンナがけに関しては過去記事参照です。

カンナがけ!パーティングラインの消し方
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤウォーバードコレクションの零戦二一型が完成しましたな。 今回は……。 ヴァルダ 新しいキットに手を加える予定だったが、筆者が気まぐれでまた技法的...

アドルフ
アドルフ

とりあえずこれで頭部の組み立ては完了です。

アンテナを削り込んだことでだいぶメリハリがつきましたな。

胴体の組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて胴体。

チェストフライヤー・レッグフライヤーに変形するためか、腹部は独特の接続軸を持っていますな。

レーナ
レーナ

赤いパーツが下からはめ込むスタイルなのがいいね。

従来のキットだと、胸部で挟み込むから後ハメが必要だったけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここで手を加えるのは腰部の前面スカートのみ。

ここは例によって左右が一体成型なので、接続軸部分をカットして独立可動化する。

レーナ
レーナ

ここも薄紫のパーツが別パーツ化されているのがいいね。

旧製品だと確かシールで再現だったような。

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

後は各部ゲート跡を整形してやるだけ。

胸部は合わせ目がモールドを兼ねた構造になっているので、合わせ目消しの必要はない。

アドルフ
アドルフ

整形してはめこんで……の繰り返しで問題ないですな。

パーツ単位で色分けができていて、更に特別な加工なしで装着できます。

レーナ
レーナ

胸部前面にVの字マーク。

ここだけが唯一塗り分けが必要なみたいだね。

キットではグレーだけど、実際は黄色だよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

頭部の改造に時間を費やしてしまったので、今回はここで中断。

次回は他の部分を進めていく予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました