HGUC ガンダム(リバイブ版)製作記④

ガンプラ製作記録
アドルフ
ガンダムを作ります。
ヴァルダ
塗装からだね。
アドルフ
まずはサーフェイサー。零戦のときは1200番を使いましたが今回は1000番を使いました。
ヴァルダ
合わせ目が少ないだけあって特に段差や隙間は見当たらないのでこのまま進むよ。
アドルフ
筆者はガンプラを作るとき大抵陰影をつけます。その下準備としてMr.カラーのウィノーブラックを全体に塗ります。
ヴァルダ
ただし武器や関節等は陰影なしの金属色ベタ塗りをするのでこちらは黒くしない。
アドルフ
さて、必要な部品が黒くなったらいよいよ基本塗装。筆者の在庫から新旧ガンダムカラーを引っ張り出します
ヴァルダ
試しにブルーを吹いてみよう。

先に塗ったブラックをパーツの端や奥まった部分に残るよう色を乗せていく。

ヴァルダ
股間部のVマークは塗り分けが必要。ここはレッドを塗った後マスキングしてイエローを塗っている。
アドルフ
ヴァルダ殿!ガンダムカラーホワイト5がほとんど残っていません。
ヴァルダ
安心しな。まだ在庫はある。
アドルフ
こちらも既に使っていたようであまり残りがありませんな。
ヴァルダ
とりあえず陸ガン用のは使いきったから印でも付けておこう
アドルフ
この塗装は基本色の吹きつけ具合で同じ塗料を使っていても色身が変わってきます。そのため時々確認しないとパーツごとにばらばらな色味になってしまうので注意です。
アドルフ
関節部は金属色をベタ塗り。ちなみに各部分で使用したのは・・・・・・

白→旧ガンダムカラー ホワイト5(MG陸ガン用・HGカオスガンダム用より)

赤→新ガンダムカラー MSレッド

黄→旧ガンダムカラー イエロー1(HGガンキャノン用セットより)

青→旧ガンダムカラー ブルー11

関節・武器→新ガンダムカラー MSグレー連邦系

ヴァルダ
ランドセル部分はキットの指定だと関節と同じ色になっているけどここはアレンジ。手近なところに転がっていた新ガンダムカラーのMSグレージオン系で塗ってみるよ。
アドルフ
ガンダムの塗装にジオン系とは。
アドルフ
基本塗装が終わったので組み立ててみますが・・・・・・
ヴァルダ
なんだいこの出来の悪いカットモデルは。
アドルフ
また筆者が紛失したようです
ヴァルダ
またかい。

エアブラシも片付けてしまったし、時間も部品もないので今回はここまで。

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥892 (2021/05/11 14:02:02時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました