【2021年7月】タミヤ IV号戦車G型(初期生産車) 製作記⑦【新製品】

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤの新作キット。

IV号戦車G型の初期生産車を進めていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はようやく組み立てが終わった。

今回はエアブラシを用いて本体を塗っていこう。

レーナ
レーナ

筆者がまた補給をしてきたよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

また積みが2つほど増えたようだね。

アドルフ
アドルフ

「どうせすぐ完成するだろうからヨシ!」

などと供述しており・・・・・・。

スポンサーリンク

下地系塗装を行う

アドルフ
アドルフ

最初に下地を作っていきます。

一番手は陰色となるサーフェイサー。

今回は本体が黄色系の色になりますので、茶色系のベースにしてみます。

クレオスのマホガニー色を使ってみましょう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥309 (2021/07/28 00:11:12時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が3本ぐらい買いだめしていたこのサフ。

今回の作業で2本目を使いきってしまった。

レーナ
レーナ

それだけたくさん作っているってことかな?

アドルフ
アドルフ

その割にはあまり積みが減っていないようにも見えますが。

その後は足回りや転輪ゴムリム部分付近に黒い塗装を施します。

使用したのはお馴染みモデルカステンからの履帯色

created by Rinker
モデルカステン(Model Kasten)
¥972 (2021/07/27 21:22:18時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

茶色味のある黒といえる色だね。

筆者は昔黒鉄色を塗っていたけど、あちらは表面がキャンディ調になる分ちょっと塗りにくく感じたね。

こちらの色は通常の塗料と変わらないので、比較的塗りやすく感じる。

レーナ
レーナ

この辺もお好みかな?

履帯はウェザリングで真っ先に汚れるから、あまり綺麗に塗ろうと神経質にならなくても大丈夫そう。

アドルフ
アドルフ

多少ムラや斑になっても問題ないですな。

本体の色を塗る

アドルフ
アドルフ

続いて本体色。

今回はDAK所属のIV号戦車。

砂漠に溶け込む砂色を塗っていきます。

今回はガイアノーツから発売されています、ドイツアフリカ軍団セットに含まれているブラウンを使っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

最後に使ったのは確かIII号戦車N型のはず。

・・・・・・というか上の画像はそれの記事の使いまわしだね。

アドルフ
アドルフ

DAK塗料は1941年のものと1942年のものが2種類ずつ付属します。

今回使うブラウンは1942年用のものです。

レーナ
レーナ

キットの説明書には近年発売されたばっかりのタミヤカラーの指定があるね。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥450 (2021/07/27 18:21:25時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

というか、先ほどの補充品の中に混ざっていましたな。

このタミヤカラーも1942年用だったので、筆者は手持ちの1942年用のガイアカラーを使ってみました。

単純にタミヤ塗料補給が間に合わなかったというのもありますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

勿論、経年による変色とかもあるので、あまりとらわれすぎないように・・・・・・。

レーナ
レーナ

筆者は面倒だから、それっぽい色をそのまま塗っちゃうんだけどね。

その他小物の塗装

アドルフ
アドルフ

最後に小物類の塗装を。

土嚢とヘルメットにガイアカラーのダークイエロー1を。

兵士には同じくガイアカラーより、サーフェイサーエヴォホワイトを塗ります。


created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥486 (2021/07/27 21:22:19時点 Amazon調べ-詳細)

レーナ
レーナ

今回は兵士にサフを吹くんだね。

アドルフ
アドルフ

以前ケッテンクラートのときに省略したところ、スミ入れ拭き取り時に擦れて色落ちしましてね・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

あれはアクリル塗料がエナメル塗料に侵食された可能性もあるけど。

それとジェリカンも塗装を忘れずに。

こちらはタミヤラッカーのジャーマングレーをそのまま塗っている。

created by Rinker
¥176 (2021/07/28 03:31:06時点 楽天市場調べ-詳細)

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

これでエアブラシによる本体の塗装は終了。

全体像はこんな感じです。

レーナ
レーナ

ちょっと雰囲気出てきたかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はちょっと短いけどここまで。

次は細かい塗り分けやマーキング作業を行う予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました