【2022年3月】タミヤ 1/35 KV-2 製作記④【新製品】

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤが新発売した、KV-2重戦車を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は製作記からちょっと独立して、履帯の組み立てをまとめていた。

今回は通常運転に戻り、車体の残る部分を組み立てていく。

レーナ
レーナ

なんか読者が混乱しそうな。

とりあえず

 

組み立てPart3の記事(車体下部の組み立て)

履帯組み立て記事

組み立てPart4の記事(今読んでいるのはココ)

 

ってことかな?

【2022年3月】タミヤ 1/35 KV-2 製作記③【新製品】
アドルフ タミヤ新製品、KV-2重戦車を作っていきましょう。 ヴァルダ 前回は説明書の指示を無視して砲塔を先に組み立てた。 今回は指示通りに戻って、車体下部や足回りを進...
攻略せよ!戦車プラモ接着組み立て式履帯(キャタピラ) ~ロコ組みもあるよ~
アドルフ タミヤの新作、KV-2重戦車を作っていきましょう。 ヴァルダ そうしたいところなんだけど・・・・・・ なんか筆者が 「この機会に組み立て式履帯について記...
アドルフ
アドルフ

そういうことです。

ヴァルダ
ヴァルダ

砲塔、車体下部、履帯と組んできた。

今回は残りを片付けて塗装前まで進めよう。

 

スポンサーリンク

フェンダーの組み立て

アドルフ
アドルフ

本日はフェンダーの組み立てから再開しましょう。

ここも車体の一部同様、0.8mm径の穴を開ける指示が出ています。

後に取り付ける雑具箱を載せるためのものですな。

 

ヴァルダ
ヴァルダ

キットでは雑具箱を右フェンダーに2つ、左フェンダーに1つ搭載するようになっている。

ただ今回筆者が資料本を元に作っている車輌は左フェンダーに2つ搭載しているようにみえた。

なので右1つ、左2つに変更している。

レーナ
レーナ

フェンダー裏はバリエーションを考えてか、複数個所に凹みがあるから間違えないように注意だよ。

アドルフ
アドルフ

左フェンダーのB9番パーツ、真ん中付近にも凹みがあります。

これは発売済みのKV-1(1941年型)でノコギリを載せていた場所ですな。

今回の車輌では搭載しないのでここは無視で。

新生!タミヤ1/35のKV-1を作る②
アドルフさて、ここ最近は色々な新作キットの紹介をしてきました。いい加減、作業を進めていきましょう。ヴァルダとりあえず、タミヤのKV-1から作っていこう。アドルフこのキットはパーツ紹介だけでなく、少しだけ作...

 

アドルフ
アドルフ

そしてさくっと取り付け。

フェンダー支持架を取り付けるためにすぐに次の工程へ進みましょう。

レーナ
レーナ

ここも特に問題なくパーツが合うね。

 

 

細かい部品の取り付け

ヴァルダ
ヴァルダ

車体各部に取り付ける部品を整形・接着していく。

画像には写っていないけど砲塔リングなどもある。

レーナ
レーナ

筆者は先に部品をたくさん切り出してから整形・接着をしているけど・・・・・・

正しい組み立て方は1つずつ部品を切り出して整形、接着を繰り返していくよ。

よい子のみんなはマネしちゃダメだぞ☆

アドルフ
アドルフ

一度に全て切り出すと、どの部品がどの番号かわからなくなりますからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず車体前部から。

ライトは諸事情あるのでこの段階ではまだ取り付けていない。

アドルフ
アドルフ

前面機銃は可動式。

接着剤の流れ込みには注意ですな。

銃身と防盾だけ接着すると良いでしょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて車体後部。

後部左に付く尾灯は訂正用紙に描かれた通りの向きにする。

どうやら説明書では上下逆向きに描かれているようだね。

レーナ
レーナ

実際は取り付けピンの形状の都合上、訂正用紙の向きにしかならないみたいだけどね。

 

 

雑具箱の組み立て

アドルフ
アドルフ

続いてフェンダー上の雑具箱を組み立て。

キットには4つ分付属します。

キットの指示では3つのみ使用します。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここも車体や砲塔同様、箱組みとなっている。

蓋部分は開けた状態にも出来そうだね。

アドルフ
アドルフ

取り付けるとこんな感じに。

今回は資料を基に配置を変えていますが、個数はキットの指示同様3つとしています。

レーナ
レーナ

先ほどのフェンダー穴あけ箇所は4つだから、その気になれば4つ搭載も可能だね。

ヴァルダ
ヴァルダ

フェンダー、雑具箱共に軽く曲げを加えてダメージ表現をしている。

あんまり曲げすぎると他の部品とうまく合わなくなるのでほどほどに・・・・・・。

 

 

牽引ロープの組み立てとライトの加工

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて作業冒頭に接着して放置しっぱなしだった牽引ロープを。

紐の取りつけ穴が小さく入らないので、ここは1.0mm径ピンバイスで広げている。

アドルフ
アドルフ

紐本体は近年のタミヤキットに見られる新しい素材ですな。

毛羽立ちが少ない代わりに解れやすいのが難点です。

切り口周辺に瞬間接着剤を染み込ませてから切り出すといいかと。

ヴァルダ
ヴァルダ

紐の長さは70mm。

これはキットに原寸大の定規が掲載されているのでそれを参考にしよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

ロープは前面のU字フックと車体側面のB30/31番パーツに引っ掛ける。

塗装に備えてまだ接着はしないけどね。

アドルフ
アドルフ

ここで前面ライトを。

キットでは基部とクリアーパーツのレンズで構成されています。

ただ今回参考にした資料の車輌はライトを装備していないように見えました。

なので適当なプラ材で台座部分のみを作って接着しています。

 

ヴァルダ
ヴァルダ

これで車体の組み立ては終了。

写真ではロープを引っ掛けた側面フックのB30/31番パーツがフェンダー支持架の上にある。

これは間違いで、このフックはフェンダー支持架の三角形の真ん中を通るのが正しい。

アドルフ
アドルフ

どうも筆者はこれに気づかず、塗装終了後にようやく気づいたようです。

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

これで全ての部品が組み立て完了だ。

全体像はこんな感じ。

レーナ
レーナ

やっぱり砲塔が目立つなぁ。

どことなくBT-42にも見えるね。

タミヤ BT-42製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回は通算200記事目だったので、箸休め的な内容になりましたな。今回は予定ですと、通常のプラモデル製作記事になるようですね。ヴァルダ筆者はこのごろ双発戦闘機を立て...
アドルフ
アドルフ

「既存の車輌を元にして急造した大口径砲搭載の車輌」

という点は共通していますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は塗装作業に入る予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

 

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました