やっつけ!戦車模型足回りウェザリング

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回は小改造を加えたIII号戦車N型が無事組み立て終了しましたな。

今回は……。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が戦車模型のウェザリングについて記事をまとめたいらしいので、今回はその組み終わったIII号戦車を題材にしてそれを紹介していく。

レーナ
レーナ

なんか駆け足気味だね。

ヴァルダ
ヴァルダ

内容が長いらしくてね。

いらない前置きを引き伸ばすわけにはいかないんだ。

アドルフ
アドルフ

それではただちに作業へ入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

足回り汚しまでの道のり

アドルフ
アドルフ

とりあえず目的地までの道のりをダイジェストで紹介しましょう。

まずは塗装図を確認。

今回は塗装図右下のCパターン、3色迷彩で塗っていきます。

アドルフ
アドルフ

そして一気に塗装が完了したところに。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • 下地にガイアノーツのプライマーとクレオスのマホガニーサフ
  • ベースにガイアカラーのダークイエロー2
  • 迷彩は同じくガイアカラーのオリーブグリーンレッドブラウン

と塗っている

レーナ
レーナ

ここ最近の筆者の3色迷彩塗り分けは大体こんな感じだね。

タミヤ 1/35 パンターG型(後期型) 製作記⑤
アドルフ タミヤMMシリーズより、パンター(パンサー)G型の後期生産型を作っていきます。 ヴァルダ 前回は砲塔や各部の小改造を済ませて、全体の組み立て作業を終えた。 今...

アドルフ
アドルフ

そして筆による細かい塗り分けにマーキング作業。

更に車体上部のウェザリングですな。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • ウォッシングによる埃汚れ
  • ドライブラシによるハイライト強調
  • 傷やらサビの描きこみ

といったところかな。

レーナ
レーナ

この辺詳しくは過去記事だね。

お手軽戦車ウェザリング!伝家の宝刀バフウォッシング
アドルフ年末が迫っていましたな。年末といえば、大掃除ですが……。レーナ筆者の部屋を漁っていたら色々出てきたよ。アドルフ作りかけの模型達ですな。ヴァルダなんらかの理由で作業が止まり、その...
擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...
部分塗装省略!戦車の車外装備にいきなり錆ウェザリング
レーナ今日は何しようか。アドルフ前回は、ティーガーIIを完成させましたが・・・・・・。アドルフそういえば、もう1輌ティーガーIIが放置されていますね。今回はそれを完成させましょう。ヴァル...
アドルフ
アドルフ

ウォッシング、過去記事ではタミヤエナメルのバフを使っていますが……

今回のIII号戦車ではガイアカラーの埃色を使っています。

どちらも非常に似たような色なので、そこまで気にしなくてよいかもしれませんが。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥294 (2022/06/30 00:47:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

泥汚れを施す

アドルフ
アドルフ

とりあえずここからが本題。

足回りのウェザリングとなります。

ヴァルダ
ヴァルダ

本キットはベルト式の履帯。

ウェザリングの際は外した状態で進め、最後に弛みを再現するために接着する。

転輪はバラバラ状態だと作業時に外れて煩わしいので、今回は接着済みだ。

レーナ
レーナ

以前作った別個体は転輪をバラバラにしてウェザリングしていたみたいだね。

タミヤ 1/35 III号戦車N型製作記④
アドルフ どうも、本ブログの案内人であるアドルフです。 最近殺風景だった本ブログにも少しずつ装飾が増えてきました。珍しく筆者ががんばっているようです。 ...

ヴァルダ
ヴァルダ

今回泥汚れで使用するのはこちら。

クレオスのウェザリングカラー

  • グレイッシュブラウン
  • サンディウォッシュ

だ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥297 (2022/06/30 09:08:36時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

今回は2色なんだね。

アドルフ
アドルフ

いつもの筆者なら大体グレイッシュブラウン1色が多いのですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

使われた環境を想定してそのあたりは決めている。

今回の車輌は1943年夏のクルスク戦、ツィタデレ作戦時に参加した車輌だ。

アドルフ
アドルフ

夏の東部戦線ですか。

ヴァルダ
ヴァルダ

春だったら雪解けでドロドロした感じにしているし、アフリカ戦線の砂漠だったらサンディウォッシュ1色で済ませたりすることが多いかな。

筆者は迷ったらグレイッシュブラウン1色で済ませることも多いけど。

アドルフ
アドルフ

とりあえず今回は変化をつけるので、2色使用ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

先にグレイッシュブラウンを全体に塗りたくって、その上からサンディウォッシュを点々と置いていく。

履帯も同様。

ただ転輪と履帯のそれぞれの接地面にはあまり塗らないように……。

レーナ
レーナ

なんかわかりにくいなぁ。

アドルフ
アドルフ

アースカラーの車輌にアースカラーの塗料を乗せていますからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ウェザリングカラーが半乾きになったら、筆や綿棒で擦ってぼかしてやる。

ここもあまり深く考えず、適当に……。

アドルフ
アドルフ

乾燥している場合は筆に溶剤を僅かにしみこませた状態だとやりやすいかと。

ビチャビチャな状態ですと別の意味でやりづらいですが。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥369 (2022/06/30 00:41:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

一度ティッシュで筆の溶剤をほとんどふき取った状態にするとビチャビチャにならなくて済む感じ。

ヴァルダ
ヴァルダ

転輪の接地部分に塗料がついたらなるべくふき取る。

ここは走行中に履帯と擦れるから……。

アドルフ
アドルフ

極端にピカピカしていてもアレなので、少し埃を被った感じにしておきますかな。

レーナ
レーナ

とにかく不自然な塗料の塊が出来ないように……。

ヴァルダ
ヴァルダ

履帯も擦って接地面は本体の地が見える感じに。

奥まった部分に泥色が残るようにしてやるとそれらしいかな。

アドルフ
アドルフ

とりあえずこんなものですかな。

人によっては粉末物を使ったりもしますが、今回はこれで。

アドルフ
アドルフ

参考に筆者が作業を行う様子を……。

レーナ
レーナ

なんか短いなぁ。

アドルフ
アドルフ

容量の都合ですな。

ちなみに乾燥したウェザリングカラーを擦ると粉末化した顔料が飛び散ります。

気になる方はマスクをしながら作業をしたほうが良いかと。

created by Rinker
重松製作所
¥509 (2022/06/29 16:49:26時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

映像で紹介した箇所は最終的にこんな感じに。

ちなみにウェザリングカラー、完全なつや消し塗装に塗るとザラザラな面に染み込んでしまいうまくふき取れないことがある。

心配な人は先に光沢のクリアーコートを行っておくといいかもね。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥482 (2022/06/30 03:08:24時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

筆者も本ブログの初期に作ったものにはクリアーコートをしていましたな。

最近は省略していますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

最近のは塗装の仕方の問題か、そのままでもあまりひっかからないようでね。

レーナ
レーナ

筆者はなるべく半乾きの間にぼかし作業を行うことが多いかな?

 

 

擦れた履帯を再現する

 

アドルフ
アドルフ

続いてタミヤエナメルのクロームシルバーを用意します。

レーナ
レーナ

何が始まるのかな?

アドルフ
アドルフ

第三次大戦……ではなく履帯の擦れ表現ですな。

created by Rinker
¥299 (2022/06/29 21:45:49時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

ドライブラシの要領で、履帯や機動輪の凸部分に銀色を置いていきます。

置くというか、擦り付けるか引っ掛ける感じでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

やりすぎるとピカピカになるから注意だ。

シルバーではなく、もっと黒っぽい金属色でもそれらしくなりそうだね。

ウェザリングマスターを擦り付ける

アドルフ
アドルフ

最終段階としてつや消しクリアーを吹き付けます。

しかしここでもう1つウェザリングを。

アドルフ
アドルフ

用意したのはタミヤのウェザリングマスターAセット

主に砂色のセットとなっています。

レーナ
レーナ

だいぶ使い込んでいるように見えるね。

アドルフ
アドルフ

筆者は10年近く使っていますが、まだ使い切りませんな。

アドルフ
アドルフ

付属の筆やらスポンジやらで足回りに擦り付けていきます。

筆者がだいぶ使い込んでスポンジがボロボロのため、今回は筆をメインに。

ヴァルダ
ヴァルダ

こういう粉物はキット表面がザラザラしているほうが定着しやすいので、このようにつや消しの最中に行う。

作業後はさらにつや消しクリアーでコートしておこう。

アドルフ
アドルフ

転輪付近の作業前後はこんな感じに。

上が作業前

下が作業後です。

ゴムリム周りに砂色が付着しているのがお分かりいただけますでしょうか。

レーナ
レーナ

うっすらと砂埃を被ったような感じというか。

アドルフ
アドルフ

履帯もこんな感じに。

左が作業前

右が作業です。

ヴァルダ
ヴァルダ

これでウェザリングは完了。

履帯を装着して完成となる。

以下、ギャラリー。

 

タミヤ 1/35 III号戦車N型 完成!

レーナ
レーナ

工作記事で加工した箇所は……。

アドルフ
アドルフ

以下ですな。

レーナ
レーナ

フェンダーに溶接跡に銃口にフックにライトコードにアンテナに……。

アドルフ
アドルフ

詳しくは当該記事参照です。

III号戦車N型で学ぶ!戦車模型簡易ディティールアップ作戦(フェンダー加工・溶接跡追加編)
アドルフ タミヤのIII号戦車を使って、ちょっとしたディティールアップをしていきましょう。 ヴァルダ 前回はキットの簡単な内容確認と、ディティールアップポイントまでの組み立て...
III号戦車N型で学ぶ!戦車模型簡易ディティールアップ作戦(ジャッキ小加工・ライトコード追加編)
アドルフ タミヤのIII号戦車N型を用いて、各種簡易ディティールアップを試みる記事です。 ヴァルダ 下準備、車体下部の溶接跡やフェンダーの薄々作戦が終了している。 3回...
III号戦車N型で学ぶ!戦車模型簡易ディティールアップ作戦(砲塔フック小改造・機銃口開口編)
アドルフ タミヤIII号戦車N型で簡易ディティールアップを試みる記事の4回目です。 ヴァルダ 前回は車体上部の追加工作をメインに行った。 今回は砲塔のフックを加工、その...

ヴァルダ
ヴァルダ

以前ここで作ったBパターン塗装との比較。

色が違うだけでまったく異なる印象になる。

タミヤ 1/35 III号戦車N型製作記⑤(完成)
アドルフ III号戦車を進めます。 ヴァルダ 前回はウェザリングを行い本体がほぼ出来上がった。 今回は戦車兵を塗って完成としよう。 戦車兵を塗る ...
アドルフ
アドルフ

今見るともう少し転輪に埃っぽさを加えたほうが良さそうですな。

それと履帯の汚れをもう少しサラサラした砂っぽくしたいところです。

終わりに

アドルフ
アドルフ

……というわけで筆者がよく行うパターンで、III号戦車の足回りを汚してみました。

ヴァルダ
ヴァルダ

多少使う色が異なる場合もあるけど、基本的な流れは

  • ウェザリングカラーで泥汚れ
  • クロームシルバーで擦れ表現
  • ウェザリングマスターで砂埃表現

のパターンが多い。

レーナ
レーナ

なんか大体このパターンだよね、ここ最近。

アドルフ
アドルフ

最初はガッツリ汚すつもりが、作業中に手が汚れたりするのが気になって段々簡略化するようになり……

現在は今回紹介したパターンが多いようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

その時々によって泥の塊やら巻き込んだ草やらを追加したりもするけどね。

タミヤ Sd.kfz.251/1 ハノマーク兵員輸送車 製作記④(完成)
アドルフタミヤの古参キット、ハノマーク兵員輸送車を作っていきます。ヴァルダ前回はほぼ完成に近づいた。今回は簡易的なジオラマというか、ヴィネットというか、そのためのベースの工作にかかる。アドルフ製作速度が落...
アドルフ
アドルフ

今回の記事が読者の皆さんの何かヒントになれば幸いですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで終了としよう。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました