アカデミー 駆逐戦車ヘッツァー(初期型) 製作記⑦(完成)

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

アカデミー社のヘッツァー初期型を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装をマーキングを行った。

今回はウェザリングを施して完成させる。

レーナ
レーナ

ようやく完成。

これで筆者が月初に増やした積みは消滅だね。

アドルフ
アドルフ

今月ははやくも折り返し地点です。

残りの期間でどうなるか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

このまま積みを消化したいところだ。

それでは作業を再開しよう。

 

 

スポンサーリンク

エナメル塗料を使ったウェザリング

アドルフ
アドルフ

手始めにエナメル塗料を使ったウェザリングですな。

  • スミ入れ兼ウォッシング
  • ドライブラシ
  • オイル染み

辺りを。

ウォッシングは以前バフを使っていましたが、今回はフラットブラウン(タミヤ)と(ガイアノーツ)を使用しています。

お手軽戦車ウェザリング!伝家の宝刀バフウォッシング
アドルフ 年末が迫っていましたな。 年末といえば、大掃除ですが……。 レーナ 筆者の部屋を漁っていたら色々出てきたよ。 ...
レーナ
レーナ

ドライブラシやオイルは過去記事を参考にしてね。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ 2020年があと3日で終わってしまいます。 ヴァルダ 筆者は何時だろうと模型製作だ。 アドルフ 相変わらずですな。 ...
気軽に行こう!戦車プラモのオイル染みウェザリング
アドルフ ついに大晦日となりました。 レーナ 2020年最後の記事は何をするのかな。 ヴァルダ 幾つかプラモ製作が進んでいるん...

 

車体上部のウェザリング

アドルフ
アドルフ

車体上部は

  • 錆び
  • 雨だれ
  • チッピング

辺りですな。

これも過去記事で紹介していますので……。

GO!GO!チッピング! ガンプラに傷を描き込む方法
レーナ 模型大体戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者が数年間放置していたHGのレギンレイズが完成しましたな。 今回は……。 ヴァルダ ...
サクッと!ウェザリングライナーでプラモデルに雨だれ・錆だれ汚れを施す方法
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者が作りかけで遺棄していたジンタイプインサージェントを使い、チッピングの実践をしていましたな。 ...
レーナ
レーナ

錆びは今回予備履帯や排気管だけに。

工具類は金属色のままだよ。

部分塗装省略!戦車の車外装備にいきなり錆ウェザリング
レーナ 今日は何しようか。 アドルフ 前回は、ティーガーIIを完成させましたが・・・・・・。 アドルフ そうい...

 

足周りのウェザリング

アドルフ
アドルフ

足周りも過去記事参照……ですな。

やっつけ!戦車模型足回りウェザリング
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は小改造を加えたIII号戦車N型が無事組み立て終了しましたな。 今回は……。 ヴァルダ ...
レーナ
レーナ

なんかただの過去記事まとめになっているような。

ヴァルダ
ヴァルダ

ほとんど毎回同じような流れになっているからね。

「いちいち同じことを説明するのが億劫」

と筆者が考えた記事が、毎回使いまわされる形に。

最後の仕上げ

アドルフ
アドルフ

最後はつや消しクリアーウェザリングマスターAセット擦り付け。

これは上記の足周りウェザリングの過去記事でも少し触れていますな。

レーナ
レーナ

ここもいつものパターン……。

ヴァルダ
ヴァルダ

乾燥後、ロコ組みした足周りをはめ込んでシュルツェンを接着する。

これで完成だ。

アドルフ
アドルフ

ようやくこれで終了ですな。

以下、ギャラリーとなります。

アカデミー 駆逐戦車ヘッツァー(初期型) 完成!

レーナ
レーナ

簡素な構成の車体に片側に寄った主砲。

ヘッツァーの特徴だね。

アドルフ
アドルフ

右側に寄った主砲は狭い車内での有効スペースを増やすため。

ただこれが原因で重量バランスが悪くなったり、車内からの視察時右側が完全に死角になってしまったわけですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここで以前組んだタミヤ製品の中期型と比べてみよう。

タミヤ 1/35 駆逐戦車ヘッツァー(中期生産型) 製作記⑤(完成)
アドルフ タミヤMMシリーズのヘッツァー駆逐戦車を作っていきます。 ヴァルダ 前回は細かい装備を組み立て、そのまま車体の塗装まで行った。 今回は細かい塗装やマーキング、...

ヴァルダ
ヴァルダ

まず車体正面から。

中期型で変更された点は主砲根元の防盾周り。

主砲側の防盾は下部の張り出しがなくなり、車体側は上部の耳部分がなくなっている。

これによりヘッツァーの問題であったノーズヘビー軽減を図ったようだ。

アドルフ
アドルフ

ヘッツァーの最初の量産が始まったのは1944年春頃。

防盾が小型化されたのは同年8月頃の生産車からのようですな。

この時期の生産車を模型では「中期型」と呼ぶことが多いみたいです。

ヴァルダ
ヴァルダ

車体後部の比較。

  • 排気管カバーが廃止
  • エンジンデッキ右側にあった予備履帯ラックが後部パネル右に移動

といったところが変更点。

これはどうやら初期型から中期型までに段階的に移行したようだ。

レーナ
レーナ

エンジングリルのフタの有無があるけど……

これはキットのほうの都合かな?

中期型、というよりタミヤ製のにはエッチングパーツがついていないみたいな。

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

なんかちょっと長引いたようにも見えるけど……。

ヴァルダ
ヴァルダ

あちこち飛び飛びになっていたからね。

筆者の感想としては

  • 海外メーカーのキットではあるが比較的安価で部品点数も少なめでとっつき易い
  • エンジンデッキのエッチングパーツが付属。ただ蝶ネジ部分の取り付け指示が少しわかりにくい
  • アカデミー製品らしくいくつかの押し出しピン跡がパーツの表側にある。ただ同社の他製品に比べるとだいぶ少なめ
  • 照準器やペリスコープなど、車内から接着する部品の接着面積が狭い。部品の脱落には注意

とのこと。

アドルフ
アドルフ

記事ではあちこち飛び飛びで作っていたので複雑に見えますが、実際はそうでもなかったりします。

キット自体はシンプルなので海外製品ですが組みやすい部類かと。

レーナ
レーナ

ヘッツァー自体がシンプルな戦車というか。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

記事が筆者の作業に追いつきそうだけど、次回はどうなるか……。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

created by Rinker
アカデミー(Academy)
¥2,299 (2023/02/07 19:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました