タミヤ 1/72 F4U-1Aコルセア 製作記②

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤのウォーバードコレクションより、F4U-1Aコルセアを作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は部品を確認した。

今回は組み立て開始。

コクピット部分をメインに進めていこう。

レーナ
レーナ

今回は少しスローペースになりそうかな。

アドルフ
アドルフ

タミヤ製品とはいえ筆者はコルセアの組み立ては初めてですからね。

どのような構造をしているのか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

違いを実際に見比べられるのが模型の醍醐味だ。

それでは作業に入ろう。

 

 

スポンサーリンク

組み立てる前に……

ヴァルダ
ヴァルダ

このキットは塗装によって一部部品の選択や加工が必要となる。

組み立てる前にどの機体で作るか決めておこう。

アドルフ
アドルフ

ただ筆者は今回この別売りデカールを使って、この塗装図にはない日の丸を描いた日本軍鹵獲機として仕上げる予定です。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず今回はBパターンの塗装に準拠した仕様で進める予定だ。

完全に一致するわけではなく、一部変える場面もあるけどね。

コクピットの組み立て

アドルフ
アドルフ

とりあえずコクピットを組んでみます。

タミヤWBらしく細かい作りとなっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

部品は細かいが部品の合いは問題ない。

サクサク組める。

レーナ
レーナ

組み立て途中はこんな感じ。

筆者が部品を1つ忘れていたから、ここで追加しているよ。

アドルフ
アドルフ

画像真ん中のA11番パーツですな。

見た感じフットペダルのようですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てるとこんな感じに。

クリアーパーツのC5番パーツは塗り分けの都合でまだ別にしておく。

紛失しないように注意だ。

レーナ
レーナ

なんか椅子の下がスカスカしていそうな感じ。

大丈夫かな。

アドルフ
アドルフ

詳しくは次回以降になりますが、コルセアは爆弾投下や着艦時に使える座席下の覗き穴があったそうです。

 

各部の貼り合わせ

ヴァルダ
ヴァルダ

ここで胴体左右を用意。

ついでに主翼やヘッドレストパーツも用意。

アドルフ
アドルフ

画像で赤く示した主翼下面と胴体上部は切り欠きや穴あけ箇所。

前者は爆弾や増槽を吊るすための懸架装置取り付け用。

後者はアンテナ線支柱を取り付けるためのものですな。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • 懸架装置はキット収録の塗装図では全ての機体に指示されているけど、今回作る日本鹵獲仕様には取り付けないので穴を開けず。
  • アンテナ線支柱は塗装図B・Cパターンのみ取り付ける。今回作るものでも取り付けるので穴を開ける。

アドルフ
アドルフ

加工後はこんな感じ。

主翼とヘッドレストはそのまま接着貼り合わせします。

特に後者はすぐに塗装するので、なるべく先に貼り合わせておきたいところです。

レーナ
レーナ

筆者はコルセアキットについてあまり詳しくないから、後回しにしていたようだね。

時間効率を考えるとここは一番最初に作業したほうがいいかも。

 

コクピット内の塗装

アドルフ
アドルフ

ヘッドレストの合わせ目を消し、ここで塗装をしてしまいます。

キットではタミヤカラーのフラットイエローとフラットグリーンを2:1で混ぜる指示が出ています。

おそらく黄緑色のようなので、今回は筆者の手持ちにあったMr.カラーの機体内部色を使って塗ってしまいます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥369 (2022/12/04 20:43:47時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ビンのラベルにも「米陸・海軍機内他」って書かれているね。

筆者はあまり米軍機を作らないから、ほとんど震電にしか使っていなかったようだけど。

ハセガワ 1/72 震電 製作記②
アドルフハセガワ社のD帯定番品、局地戦闘機震電を作っていきます。ヴァルダ前回はパーツの紹介をした。今回は早速組み立てていこう。レーナそういえば前回の最後になんか気になることを言っていたみたいだけど……。...
ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の積み山にはほかにも米軍機が幾つか転がっている。

ほとんど完成に至らず、ジャンクヤードに近い状態になっているけどね。

アドルフ
アドルフ

その内サルベージして復活させたいところです。

……黄緑色なので黄色系の色同様やや発色しにくいですな。

気になる人は先に白系のサーフェイサーなどを吹きつけておくとよいでしょう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥418 (2022/12/05 16:05:50時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

その後は部分塗装やスミ入れ、ドライブラシにデカール貼り。

キットには正面の計器板のみデカールが付属するものの、貼る指示は出ていなかった。

今回は黒く塗り分けて対応している。

デカールはシートベルト部分のみ使用した。

座席に合わせて折り曲げるのでマークセッター・ソフターがあるといいだろう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥172 (2022/12/05 09:05:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥220 (2021/10/27 21:38:21時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

計器類は凸状のディティールが入っているね。

黒く塗り分けた上から白系の色でドライブラシすると浮き出ていい感じに。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

内部の塗り分けが済んだら胴体で座席を挟んで接着。

ついでに主翼やヘッドレストも接着する。

胴体はそのままだと反っていたので、クリップなどで押さえながら接着するといいだろう。

アドルフ
アドルフ

初めてのコルセアですが、筆者は大きな問題もなく進めていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

キットの品質に救われている感じだ。

今回はここまで。

次回は残りの部品を仕上げよう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました