ドラゴン パンターF型 製作記⑤(完成)

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

ドラゴン社から発売されているパンターF型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装まで進んだ。

今回はウェザリングをして完成としよう。

レーナ
レーナ

・・・・・・実は数日前に完成しているんだよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

昨日筆者が諸事情で外出していたのだけど……

そのためか昨日は作業をしていない。

このことを見越してか、作業内容を小出しにしていたようだね。

アドルフ
アドルフ

こんなこともあろうかと、記事を稼いでいたのですな。

とりあえず、今回の作業と行きましょう。

レーナ
レーナ

作業するぞ作業するぞ作業するぞ

スポンサーリンク

車載装備の部分塗装

アドルフ
アドルフ

車体の塗装は完了していましたが、車載装備の塗装はまだでしたな。

木製部分は水性ホビーカラーのウッドブラウン

機銃やアンテナ基部はタミヤアクリルのガンメタルで塗っています。

ウォッシング作業

レーナ
レーナ

ウェザリングのトップバッターはウォッシング。

筆者お馴染み、タミヤエナメルのバフを使っているよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

バフだけでは単調に見えたので、ピンポイントでスミ入れ用のブラウンを使用。

流れた錆のようなものを足している。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥315 (2021/06/15 20:16:12時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥277 (2021/06/15 06:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

この辺りは過去記事も参照に。

オイル染みを再現する

ヴァルダ
ヴァルダ

エンジンデッキ上にはエナメル塗料の混ぜ物を撒き散らしてオイル染みのようなものを。

フラットブラッククリアーオレンジを使用。

アドルフ
アドルフ

ここも過去記事を参照に……。

ドライブラシ!

アドルフ
アドルフ

続いてドライブラシ。

イエロー系の塗装面積が広いので、タミヤエナメルのバフを使っています。

レーナ
レーナ

この後のチッピングに備えて、多少粗めにやっておく感じ。

詳しいことはやっぱり過去記事から。

ウェザリングライナーで雨だれ

レーナ
レーナ

雨だれ表現はクレオスのウェザリングライナーで。

パンターは面が広いから、単調さを打ち消す意味でも多めに施すよ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥373 (2021/06/15 20:07:39時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

これも過去記事がありましたな。

結構古いものですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

少し前に、この錆色セットだけでなく泥色色セットも購入したからね。

また改めてレビューしたいところ。

チッピング作業

レーナ
レーナ

チッピング作業でぶつかった傷とかを描き込む。

ここはクレオスのウェザリングカラー、グランドブラウンを使用。

先ほどのドライブラシ箇所に重ねるように色を置いていくよ。

ガビガビ錆汚れ!

アドルフ
アドルフ

続いて錆汚れ。

ここもウェザリングカラーを使っていきます。

ステインブラウンラストオレンジ・・・・・・

排気管先端にはマルチブラックです。



ヴァルダ
ヴァルダ

車載装備もこれを塗る。

ステインブラウンを濃いめに塗って、サボった部分塗装を隠す。

ここも過去記事参照に。

足回りのウェザリング

アドルフ
アドルフ

そして足回りをウェザリング。

今回は土系の汚れというより、砂埃的なものをイメージ。

瓦礫となった大戦末期のベルリン市街戦を意識して・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

タミヤのウェザリングマスターのAセットを使用。

定着力を上げるためアクリル塗料溶剤で濃い目に溶いて擦りつけている。


何か忘れてないか?そうだデカール貼りだ

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者がデカール貼りを忘れていたので、ここで貼り付けておく。

キットには車番やキルマークも含まれているけど、末期の車輌なので・・・・・・

国籍マークを3箇所に貼るだけにしておく。

完成前に立ちはだかる事故

アドルフ
アドルフ

最後につやを消しながらドライブラシ。

固い瓦礫の上を走行したと考えて、転輪や履帯にはシルバーのドライブラシ。

擦れて磨かれた感を出します。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥352 (2021/06/15 22:17:13時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

つや消し後、各部を組んで完成・・・・・・

と思いきや、ロコ組みした足回りが入らない。

筆者が無理やりセットしようとしたところ、大破。

ヴァルダ
ヴァルダ

派手にやるじゃないか。

アドルフ
アドルフ

完成目前で……。

アドルフ
アドルフ

筆者が2時間ぐらいかけて、修復完了です。

多少歪んだ部分もありましたが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえずこれで完成としよう。

以下ギャラリー。

レーナ
レーナ

続いてG型と比較。

レーナ
レーナ

小型砲塔というけど、あんまり小型に見えないような・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

古いキットですからか、砲塔後部の左右幅が広く、その分後ろに短く見えますね。

作ってみた感想

レーナ
レーナ

部品が少ないんだけど、組みやすいわけではない感じかな。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • サスペンションのアームを短くする必要がある
  • 転輪のキャップや車載装備など、ヒケが激しいところが多数

筆者が作っている最中に気になったのはこの辺りかな。

アドルフ
アドルフ

後は幅が広く見える砲塔ですかね。

普段筆者は細かい寸法とかを気にしないのですが、これは気になるようです。

レーナ
レーナ

小型砲塔なのに幅広に見えるのがどうしても気になるようだね。

値段が3000円ぐらいと安価だったけど、今ドラゴン社製品は値上げ傾向だから・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

塗装とかをしっかりすれば、遠くから見る分には問題ないのですが。

塗装で思い出しましたが、結構離型剤が付着しているようです。

組み立てる前に洗浄したほうが、接着や塗装の際に支障が出にくいかと。

ヴァルダ
ヴァルダ

今は同社からリニューアルされたスマートキット版が出ているから、そちらを選んだほうが良さそうだね。

2021年2月現在、近々ライフィールドモデルも発売するらしいから、そちらも気になるところ。


アドルフ
アドルフ

今回はこんなところでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

次回は別のキットを作る予定だ。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに!

この記事で作っているキット

created by Rinker
ドラゴン 1/35 Imperial Series
¥3,800 (2021/06/14 23:31:48時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました