ドラゴン T-34/76 (1941年型鋳造砲塔) 製作記①

※記事内に広告を含む可能性があります

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はガンプラ、HGハインドリーが完成しました。

今回は……。

ヴァルダ
ヴァルダ

新しく購入してきたハインドリーに対抗。

筆者が作りかけで放置している戦車模型を掘り出してきた。

それを紹介しよう。

レーナ
レーナ

作りかけかぁ。

アドルフ
アドルフ

どの程度のものか気になりますな。

ちょっとしたお手つきか、それとも残骸レベルか……。

 

 

スポンサーリンク

今回のお題 ドラゴン T-34/76 1941年型(鋳造砲塔)

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

ドラゴンより

T-34/76 1941年型(鋳造砲塔)

だ。

レーナ
レーナ

T-34系列。

なんかたくさんあってややこしいんだよね。

タミヤ T-34/76(1943年型) 製作記①
レーナ 模型大体戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者が長年放置していたHGUCのパワード・ジムが完成しました。 今回は……。 ヴァルダ 筆者が戦車を進めている。 今回はそれの内容物確...

 

サイバーホビー T-34-747(r) STZ 1942年後期生産型 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はアホな筆者が購入して12年間放置していたジム改が無事完成しましたな。 今回は・・・・・・。 ヴァルダ 同じく筆者が長期間放置していた戦車...

 

T-34/76 1941年型(鋳造砲塔)とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

T-34は第二次世界大戦期に活躍したソビエト連邦の中戦車。

これは以前にも説明したね。

レーナ
レーナ

76mm砲や傾斜した装甲といった先進的な機構を備え、敵対したドイツ軍らに多大な影響を与えた……ってやつだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのは1941年型の鋳造砲塔搭載型。

  • 1940年型→主砲がL-11戦車砲(30.5口径)
  • 1941年型→主砲がF-34戦車砲(41.6口径)

主砲を長砲身化したことにより火力向上を図っている。

砲塔自体はピロシキ型の背の低いもののままだけどね。

MONO/ドラゴン T-34/76(1940年型) 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタコムの新製品、超重戦車マムートが完成しました。 今回は……。 ヴァルダ 引き続きAFVキットを作る。 筆者が先日購入したものを紹介し...

 

レーナ
レーナ

この辺りは以前も聞いたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

当初のT-34は曲げ加工を施した装甲板を溶接して組み立てた、溶接砲塔を搭載していた。

途中からより生産性を高めるために、生産途中から鋳造製砲塔へと変更。

今回作るのはその鋳造製砲塔を搭載した1941年型のT-34だ。

レーナ
レーナ

型に鉄を流し込んで作るから、全体的に丸っこい見た目をしているんだよね。

アドルフ
アドルフ

以前ドイツ軍仕様のT-34を作りましたが……

あちらが丁度溶接砲塔型のT-34(1941年型)に該当するものでしたな。

ドラゴン T-34/76(ドイツ軍仕様) 製作記⑤(完成)
アドルフ ドラゴン社のドイツ軍鹵獲T-34を作っていきます。 ヴァルダ 前回は塗装を行った。 今回はウェザリングやマーキング、冬季迷彩を行って完成させよう。 レーナ なんか急に涼しくなってき...

 

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに当時はまだ主砲の短い1940年型も並行生産されていたため、1941年型の鋳造砲塔だけでなく1940年型の鋳造砲塔型も存在したようだ。

アドルフ
アドルフ

当初1941年型は指揮戦車として使われていたようなので、1940年型も並行生産されていたようですな。

後に完全に切り変わったようですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

第二次世界大戦期のソ連を代表するT-34中戦車。

生産性を向上させるために鋳造型の砲塔を導入した1941年型を作ってみよう。

 

箱の中身を確認しよう

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは箱を開けて……。

レーナ
レーナ

なんか2輌入っているんだけど。

アドルフ
アドルフ

同じく組みかけとなっている別のT-34が混ざっていますな。

一旦部品の振り分けを……。

ヴァルダ
ヴァルダ

改めて振り分け。

こんな感じの中身に。

レーナ
レーナ

……部品が虫食い状態で元のものがわからないよ。

アドルフ
アドルフ

とりあえず説明書の部品一覧を代わりに。

基本的に内容は以前作ったドイツ軍仕様のものとほぼ同じですな。

無論ドイツ軍用の装備が入ったランナーは含まれませんが。

ドラゴン T-34/76(ドイツ軍仕様) 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はサイバーホビーのT-34が完成しました。 今回は……。 ヴァルダ 引き続き筆者の積み山から出てきたAFVキットを作っていく。 今回はキ...
ヴァルダ
ヴァルダ

今回の目玉はRランナー。

一番のポイントである鋳造製砲塔のパーツが含まれている。

その他金属砲身やエッチングパーツも収録だ。

レーナ
レーナ

おまけも豪華。

いい感じだね。

 

ヴァルダ
ヴァルダ

付属デカールはこちら。

こちらは手付かず状態だ。

レーナ
レーナ

あれれ、ソ連戦車なのに鉄十字があるぞ~?

アドルフ
アドルフ

これはもうパターンが読めましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

収録された塗装は5種類

ソ連軍所属車4種類とドイツ軍鹵獲車輌1種類だ。

レーナ
レーナ

やっぱりドイツ軍鹵獲車輌が。

しかもジャーマングレーに塗り直されているね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はこのドイツ軍仕様で作る。

というか、筆者もこれが目的で購入したようだ。

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回から作業開始だ。

アドルフ
アドルフ

製作というよりは修理といった感じになりそうですな。

大まかな部分は組みあがっていますし。

レーナ
レーナ

ばらばらになった履帯をどうするかがポイントになりそうだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

1から作るよりもこういう修復作業のほうが大変だ。

また少し進みが遅くなりそうだけど、どうにか進めよう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

 

 

この記事で作っているキット

created by Rinker
ドラゴン
¥5,500 (2024/02/22 23:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました