ハセガワ 1/72 九七式三号艦上攻撃機 製作記②

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワA帯より、九七式三号艦上攻撃機を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は部品紹介をした。

今回はコクピットを組み立てていこう。

レーナ
レーナ

筆者がなんか新しいキットを欲しがっているよ。

アドルフ
アドルフ

筆者の悪い癖ですな。

「順調に完成品が増えていくと、それに比例して新しいものを買ってくる」

的な。

ヴァルダ
ヴァルダ

今年8月の購入ラッシュ。

その時のキットもまだ2つ残っている。

レーナ
レーナ

早く作らないと・・・・・・。

スポンサーリンク

組み立てる前に

ヴァルダ
ヴァルダ

本キット、非常にバリが多い

特にコクピット内部の細かい部品ではパーツとバリの境界が曖昧なものが多数ある。

注意しながら進めよう。

レーナ
レーナ

なんかすごいことに。

アドルフ
アドルフ

ただ筆者が以前作った同キットに比べればまだマシに見えますな。

多少マシになっただけで、まだまだバリは激しいですが。

レーナ
レーナ

「97カンコウ」って、ちょっと変な感じ。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回も述べた通り本キットは純粋なハセガワ製品ではなく、倒産したマニアホビーという会社の金型を引き取って生産したものとなっている。

本キット以外にも幾つかマニアホビーからの引継ぎ品があり、それらのキットもランナータグに

「アラビア数字+カタカナ」

の表記がされている場合が多い。

ある意味旧マニアホビー製品の証ともいえる。

アドルフ
アドルフ

筆者が確認したところ

  • 九七式司令部偵察機
  • 九九式襲撃機/軍偵察機
  • 九七式戦闘機

なんかは旧マニアホビー組かと。

created by Rinker
ハセガワ(Hasegawa)
¥8,000 (2021/12/06 01:37:05時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえずその辺りは一旦置いといて・・・・・・

まずは合わせ目の接着。

今回は主翼と魚雷を貼り合わせよう。

レーナ
レーナ

戦闘機と比べると幅広の主翼が特徴だね。

合わせ目消しについては過去記事参照だよ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。ヴァルダうむ。また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。合わせ目消しヴァルダ作業の前に使用するキットの紹介を。...

 

コクピットの組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

接着が済んだらコクピットの組み立てに移ろう。

単発戦闘機とは違い、九七式艦上攻撃機は3人乗りとなっている。

座席も3人分用意されているが一部ヒケで思いっきり凹んでいる。

側壁の押し出しピン跡と共にここはパテで埋めてやろう。

レーナ
レーナ

なんか他のハセガワA帯製品と違って、すごい凝った作りの内装になっていない?

アドルフ
アドルフ

旧マニアホビーキットの特徴として、時代のわりに細分化されたコクピット内のパーツが挙げられますな。

筆者の手持ちにも同社出身のキットは幾つかありますので、その内紹介したいところです。

ヴァルダ
ヴァルダ

「古いからか細部が異なる」

・・・・・・と指摘する人もいるけど、今回はそのまま進めよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

整形してパーツを組み立てるとこんな感じに。

なかなか密度が高くて面白い構造になっている。

レーナ
レーナ

説明書を見た感じ、結構塗り分けるみたいだね。

塗ってから接着すれば良かったかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

それも考えたけど接着時にせっかくの塗装面を荒らしたり、塗料が接着剤を阻害したりすることを懸念して今回は先に全部接着することにした。

 

コクピット内の塗装

アドルフ
アドルフ

その後は塗装。

キットでは白やら緑やら混ぜる指示が出ていますが、中島の航空機なのでコクピット色(中島系)で済ませてしまいます。

本機は床下に窓パーツがありますので、床パーツは裏側も塗装しておくと良いでしょう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥350 (2021/12/05 12:40:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

ここ最近頻繁に登場する塗料。

今回の艦攻でひと段落するかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみにここの塗装、混色表記の他にMr.カラーの24番(スカイ)の指示が出ていたけど、同カラーの24番は現在欠番のようだね。

アドルフ
アドルフ

ウィキペディア先生によると、368番のスカイBS381C/210にとって代わられたようですな。

 

ヴァルダ
ヴァルダ

その後は細かい部分を筆塗り。

黒や茶色、黄色にガンメタル等で塗り分けていこう。

レーナ
レーナ

せっかく部品が細分化されているんだから、きっちり塗り分けたいところだね。

 

アドルフ
アドルフ

後はスミ入れとドライブラシで軽くウェザリング。

黒い計器類は白でドライブラシすることで機器類を浮かせることができますぞ。

レーナ
レーナ

ドライブラシについては過去記事参照だよ。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...

 

 

クリアーパーツを取り付けよう

ヴァルダ
ヴァルダ

戦闘機と違い艦攻は偵察や爆撃に用いる都合上、風防以外にも窓が備わっている。

機体側面と床下の窓はこの段階で取り付けよう。

レーナ
レーナ

なんかヘロヘロなパーツだなぁ。

アドルフ
アドルフ

ここもランナーとパーツの境目が曖昧なので注意ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

切り出すとこんな感じに。

段差がついているけど、これは接着する際の糊代部分。

切り取らないように注意だ。

アドルフ
アドルフ

いつものセメダインを使って接着。

特に調整はしないで、そのまま接着しています。

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥349 (2021/12/05 17:39:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァルダ
ヴァルダ

ここはしっかり接着出来ているか確認してから次の作業に入ろう。

外から押したりすると内側に入ってしまうので注意だ。

 

 

レーナ
レーナ

後はコクピットを組み込むよ。

なんか説明書の組み込み指示が曖昧のような。

アドルフ
アドルフ

とりあえず筆者はコクピット床裏の後ろにある段差を、胴体パーツに引っ掛けて位置決めしています。

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

後は胴体を貼り合わせ。

そのまま主翼とも合わせる。

レーナ
レーナ

なんか今までのA帯に比べて序盤から苦労したような。

ヴァルダ
ヴァルダ

これはまだ序の口さ。

今回はここまで。

次回も引き続き組み立て作業を行っていく予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

 

created by Rinker
ハセガワ(Hasegawa)
¥880 (2021/12/05 02:01:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました