ブレンガン スピットファイアMk.Vb(メッサースピット) 製作記②

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

チェコのブレンガン社より発売されています、DB605搭載のスピットファイアを作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は箱の中身を確認した。

今回は組立作業に入る。

主翼を貼り合わせたり、コクピットを組み立てていこう。

レーナ
レーナ

何か筆者が苦戦するみたいだけど、どんなキットなんだろう。

アドルフ
アドルフ

今回の範囲ではまだそこまで苦戦しませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は少し細かい部品が多いぐらいだ。

苦戦するのは次回以降になるかな。

とりあえず、コクピットを組み込まないと先に進めない。

作戦開始といこう。

 

スポンサーリンク

主翼の貼り合わせ

アドルフ
アドルフ

最初に主翼の貼り合わせ。

……をしたいところですが、先に主脚格納庫内部の部品を接着します。

レーナ
レーナ

上手い具合に合わないから、適当に内部の8、9番パーツを削って……。

アドルフ
アドルフ

これらの部品が組み込めましたら、主翼パーツを貼り合わせ。

隙間ができないように、クリップでがっちりくっつけてしまいます。

ついでに機首左の吸気口も接着ですな。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについては過去記事参照だよ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。ヴァルダうむ。また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。合わせ目消しヴァルダ作業の前に使用するキットの紹介を。...

 

コクピットの組み立て

アドルフ
アドルフ

続いてコクピットの組み立てとなります。

簡易インジェクションキット特有の曖昧な接着位置指示の他、シートベルト部分がエッチングパーツとして付属します。

かなり細かいので注意ですな。

レーナ
レーナ

筆者はどうも細かいエッチングパーツは苦手なんだよね。

普段から使って作っている人はあまり苦戦しなさそうだけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

この辺り、パーツ番号指示が曖昧になっている。

計器板パーツが同一のものなのに42番・30番と異なった部品番号指示が出ている。

計器板パーツは42番が正しい。

30番パーツは後で使う主脚パーツだ。

アドルフ
アドルフ

とりあえず各部品を組み立て。

塗り分けを考えて、例の計器板の42番パーツは一旦接着せずに進めます。

ヴァルダ
ヴァルダ

このキットの部品材質は全体的に固め。

細い部品は整形中に折れやすいので注意だ。

アドルフ
アドルフ

そしてシートベルト。

本体のPE1とPE4はパーツ同士を先に接着。

その後本体に取り付けます。

サイドのPE2とPE3は座席外側に来るほうを先に接着。

乾燥後、内側に曲げて形にします。

レーナ
レーナ

接着面積が狭いからなかなか固定出来ないね。

筆者はPE1/4の部品上部が座席上部とうまくくっ付かなくて苦戦したとか。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず各部品を座席に合わせて曲げるとこんな感じに。

それらしくはなったかな。

アドルフ
アドルフ

普段筆者はエッチング製のシートベルトは使いませんからね。

おそらく今回が初めてかと。

 

コクピットの塗装

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てがすんだらコクピットの塗装を行う。

金属パーツをしようしたので、先にプライマー入りのサーフェイサーを吹いて下地を作る。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥301 (2022/05/20 20:31:58時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

完成後触れない場所なので、塗膜の強度はそこまで気にしなくても大丈夫そうですが。

アドルフ
アドルフ

続いて機内色を。

調べたところ、スピットファイアの機内はグリーン系の色のようですな。

他社のキットなんかではMr.カラーの364番、エアクラフトクレイグリーン BS283で指示されていることが多いようですが……

筆者はこの色を持っていませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者は普段英軍機をあまり作らないからね。

代わりに手持ちにあったグリーン系の色、フィールドグレイ(2)で塗ってしまう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥375 (2022/05/20 10:12:39時点 Amazon調べ-詳細)

レーナ
レーナ

基本色を塗ったら、細かいところを筆で塗り分けて……。

アドルフ
アドルフ

黒やら茶色やら赤やら……。

シートベルト部分は塗装指示が出ていませんが、筆者の独断でタミヤアクリルのバフを使い塗り分けています。

created by Rinker
タミヤ
¥364 (2022/05/20 16:28:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

後はスミ入れやらドライブラシ。

このキットは側壁部分も再現されているので、これらのウェザリングで凹凸部分を強調してやるとそれらしくなりますな。

計器板も白でドライブラシすると、機器類が浮かび上がります。

レーナ
レーナ

ドライブラシは過去記事参照だよ。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...
ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回はコクピットを組み込む辺りから作業を再開しよう。

レーナ
レーナ

あれ、いつもなら組み込んで終了するのに。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちょっと組み込む際に必要な作業が色々立て込んでね。

詳しくは次回だ。

この記事で作っているキット

created by Rinker
ブレンガン
¥3,024 (2022/05/20 12:46:04時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました