ホビーボス 39M チャバ装甲車 製作記①

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はMONO/ドラゴンのT-34が無事完成して、8月を終了しましたな。

9月に入って最初の記事は……。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回のラストでもチラっと出てきた、装甲車を紹介する。

先月の時点で既に完成しているんだけどね。

アドルフ
アドルフ

あれですな。

 

 

スポンサーリンク

今回のお題 ホビーボス 39M チャバ装甲車

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

ホビーボスより

39M チャバ装甲車

だ。

レーナ
レーナ

筆者が先月購入してきたやつだね。

アドルフ
アドルフ

2010年代半ばからホビーボスはハンガリー軍ラインナップを充実してきましたが、これもその一環ですな。

レーナ
レーナ

ホビーボスのハンガリー兵器、筆者はトルディとかタシュとか作っていたね。

ホビーボス 38MトルディIIa(B40)軽戦車 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は九七式中戦車チハが完成しましたな。 今回は・・・・・・。 ヴァルダ 筆者が...
ホビーボス 44Mタシュ重戦車 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はHGUCのザクI(旧ザク)が完成しましたな。 なにやら筆者の作業に記事が追いつきかけているそうですが、ネタはあるの...
ホビーボス 44Mタシュ駆逐戦車 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤのIII号突撃砲B型が完成しましたな。 今回は何を作るのでしょうか。 何やら筆者の下に新製品キットが届...

 

39Mチャバ装甲車とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

この車輌は第二次世界大戦期に東欧のハンガリーで開発・運用された装甲車だ。

ハンガリー軍兵器の名前は民族的な由来が多いけど本車も例外ではない。

チャバとはフン族の王アッティラの息子の名前だとか。

レーナ
レーナ

フン族……

世界史の授業とかで名前だけは聞くよね。

アドルフ
アドルフ

4世紀から6世紀にかけて中央アジアやコーカサス、東欧に住んでいた遊牧民族のとのことです。

ヴァルダ
ヴァルダ

設計者はハンガリー生まれの設計士ニコラス・ストラウスラー。

戦間期はイギリスで装甲車の設計をしていた彼であったが、ハンガリーのヴァイス・マンフレート社と合意の下、今度はハンガリー軍用の装甲車を設計した。

彼の設計に基づきヴァイス・マンフレート社が製作した試作装甲車は試験で良好な性能を発揮。

1939年にこれが正式採用されて39Mチャバ装甲車となる。

レーナ
レーナ

なんかものすごい順調な。

ヴァルダ
ヴァルダ

1939年と1940年の2回に分けて発注され、生産数は合計で約100輌と言われている。

このうち20輌ほどは無線やアンテナを増設した無線指揮車40Mチャバとして作られた。

アドルフ
アドルフ

ドイツ軍のSd.Kfz.222と223のような関係ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

チャバ装甲車は砲塔に20mm対戦車ライフルと8mm機関銃を装備。

最大装甲厚は13mmで最高速度は65km/h。

車体前後に操縦席が付いているなど、当時の列強各国が装備する装甲車に引けをとらない性能を持っていた。

ちなみに車内にも乗員が携行するための8mm機関銃が備わっていたようだ。

レーナ
レーナ

基本的に偵察任務とかで急な後進が求められるから、この頃の装甲車って後ろにも操縦席がついているんだよね。

アドルフ
アドルフ

筆者もいままでにいくつかこの時期の装甲車は作っていますからね。

タミヤ パナール178/AMD35 製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はタミヤのシトロエン11CVが完成しました。今回は何を作るのでしょうか。ヴァルダ筆者が去年購入して積んだままになっている、あるAFVキットを組んでみよう。...
タミヤ Sd.Kfz.223フンクワーゲン 製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はタミヤMMの新作、IV号戦車G型(初期生産車)が完成しましたな。今回は・・・・・・。ヴァルダ今回も引き続き、ドイツアフリカ軍団ことDAKの車輌を作っていこう...
ヴァルダ
ヴァルダ

影ながらハンガリー軍の装甲戦力を支えた39Mチャバ装甲車。

少し前から同国兵器を次々リリースしているホビーボスのキットで作ってみよう。

 

箱の中身を見てみよう

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは箱を開けてみる。

小さめの箱の中身はこんな感じだ。

レーナ
レーナ

部品はそんなに多くないかな?

なんか紙媒体を多く見えるけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

ランナーは5枚。

これに砲塔パーツと車体下部パーツが含まれる。

アドルフ
アドルフ

部品は少なめですな。

筆者はこのキットを6020円で購入したので、少し拍子抜けしているように感じます。

ヴァルダ
ヴァルダ

これに限らずホビーボス製品はやや値段が高めだ。

その代わり、こういうマイナー兵器が精度の高いプラ製品で手に入るからいいんだけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

その他の部品。

エッチングパーツは主に工具の留め具に使う。

タイヤは2種類のパターンのものが4個ずつ付属、選択して組み立てることになる。

レーナ
レーナ

タイヤパーツはゴム製のようだね。

塗装とか大丈夫かな。

ヴァルダ
ヴァルダ

デカールはこんな感じ。

いままでのハンガリー車輌と違い、豊富なマーキングとなっている。

レーナ
レーナ

トルディとかタシュは必要最低限のマークしか収録されていなかったよね。

アドルフ
アドルフ

こちらは紙媒体。

説明書と、広告が2枚ですな。

塗装図も付属しますが後述です。

レーナ
レーナ

広告の新製品は2016年4月のものになっているね。

ということはこのキットは6年前のものかぁ。

ヴァルダ
ヴァルダ

今までのは筆者が購入して長年積んでいたけど、これは先月半ばに購入したものだ。

一ヶ月も放置していない。

ヴァルダ
ヴァルダ

付属の塗装図はこちら。

従来のホビーボス製ハンガリー車輌は1~2種類の塗装しか収録されていなかったけど、これは4種類も収録されている。

アドルフ
アドルフ

ただ迷彩柄はどれも共通のようです。

マーキングのみ選択式になるみたいですな。

 

次回に続く……

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回から作業開始だ。

レーナ
レーナ

とはいっても今日の時点ですでに完成しているんだけどね。

アドルフ
アドルフ

完成はしてそこまで難しくはないようですが、いくつか注意点はあるようですな。

その辺りを中心に解説予定です。

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは次回をお楽しみに。

この記事で紹介しているキット

created by Rinker
ホビーボス(Hobby Boss)
¥6,300 (2022/10/07 19:48:12時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました