Aモデル Bf109 T-1型 製作記④

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

Aモデル社のメッサーシュミットBf109 T-1型を進めていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は胴体と主翼を合わせた。

今回は風防やその他の部品を合わせて組立てを終えよう。

レーナ
レーナ

GW真っ只中。

画面の向こうの皆は満喫しているかな?

筆者は……

ヴァルダ
ヴァルダ

プラモだね。

アドルフ
アドルフ

プラモですな。

レーナ
レーナ

……ワンパターンだなぁ。

スポンサーリンク

風防を磨く

ヴァルダ
ヴァルダ

キット付属の風防。

1パーツ成型で多少バリや傷がある。

筆者は今回これを磨くことにした。

レーナ
レーナ

んで、どうやるの?

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず手持ちのコンパウンドで磨く。

粗目・細目・仕上げ目の順にコンパウンドをつけてパーツを磨く。

専用のクロスもあるけどパーツが小さいので筆者は今回綿棒を使っている。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥375 (2021/05/06 23:36:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥404 (2021/05/06 23:36:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥700 (2021/05/06 11:17:04時点 Amazon調べ-詳細)

レーナ
レーナ

……なんかかえって白く曇ったような。

アドルフ
アドルフ

普段あまり使わないものだったので慣れていないというか……。

本来はコンパウンドの前に1500~2000番の極細目の紙ヤスリを使ったほうがいいという情報も。

風防を取り付ける

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は急ぎなので、このまま進む。

接着はいつものセメダイン。

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥349 (2021/05/06 05:29:14時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

なんか忘れているような。

アドルフ
アドルフ

極わずかですが隙間が出来ましたので、ここはパテで埋めます。

あんまりパテを隙間に押し込むとコクピット内部にはみ出すので注意ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここで筆者が内部の防弾版を取り付け忘れていたことに気付く。

あわてて風防を剥がし、防弾版を取り付けている。

レーナ
レーナ

やっぱり。

アドルフ
アドルフ

防弾版はモールドもない平面な1パーツ。

実物はパイロットの後頭部が当たる部分がクッションになっているようなので、今回そこだけ茶色に塗っています。

ヴァルダ
ヴァルダ

他のキットはモールドで表現しているけど、このキットはそれがないんだ。

レーナ
レーナ

ここまでできたら風防をマーキング。

全体図が出来上がってきたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

Bf109の風防はマスキング箇所が少なく直線的。

大戦機のなかでは比較的やりやすい。

この後は残りの部品を取り付けていこう。

細かい部品をとりつける

ヴァルダ
ヴァルダ

残りの部品の大半は細かい部品。

切削時の強度を考えて、筆者はランナーに付いた状態である程度成型している。

レーナ
レーナ

これまたガタガタなパーツだね。

アドルフ
アドルフ

パーティングライン部分で段差があり、ズレて成型されている部品もありますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

切削も多少妥協している。

元々細かい部品なので、あんまり手を加えると折れそうなんでね。

ヴァルダ
ヴァルダ

そんな細かい部品の取り付け。

まずは尾翼から取り付ける。

アドルフ
アドルフ

初期のBf109は支柱のある水平尾翼が特徴ですな。

やはりそのままでは取り付けにくかったので、逐次削ったりして調整しています。

ヴァルダ
ヴァルダ

更に主翼裏のフック類や胴体下面の艦載機装備を取り付け。

後者は取り付け穴が存在しない。

塗装図を参考に、それらしく取り付けている。

レーナ
レーナ

フックばかりだね。

アドルフ
アドルフ

艦載機装備は前方のがカタパルト用フック。

後方のが着艦フックだそうです。

ヴァルダ
ヴァルダ

着艦フックは零戦などでもよく見る装備だ。

ヴァルダ
ヴァルダ

風防上にはアンテナ線支柱がある。

精度が悪い&筆者が紛失したので、今回は伸ばしランナーから自作。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

そんなこんなでようやく組み立てが終了。

全体像はこんな感じです。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てにてこずったけど、それさえ済んでしまえば後は他のキットと変わらない。

今回はここまで。

次回はようやく塗装作業だ。

レーナ
レーナ

長かった……。

アドルフ
アドルフ

Bf109T-1の塗装はわりと単純なスプリッター迷彩のため、そこまで苦労しないはずです。

レーナ
レーナ

続きは次回!

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました