HG ジンハイマニューバ 製作記⑤(完成)

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

SEED MSV HGシリーズより、ジンハイマニューバを作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は頭部の組み立てと塗装を行った。

今回はマーキング作業やウェザリングをして完成させよう。

レーナ
レーナ

今回は完成回だね。

10年以上の放置品がようやく完成・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

筆者の手持ちには10年以上の放置品がゴロゴロ転がっていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

この先も完成品を増やしていきたいところ。

それでは作業に入ろう。

 

スポンサーリンク

別売りデカールでマーキングをする

アドルフ
アドルフ

キットにはマーキングシールが付属しています。

ただ筆者の手元にあるガンダムデカールNo.42、1/144スケールSEEDシリーズ用の中にも同じものが収録されています。

今回はシールを使わず、デカールでマーキングをしてみましょう。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,777 (2022/05/21 02:30:13時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

当該デカールだけでなく、1/100スケールのSEEDシリーズ用やジオン軍MS用③も動員。

それぞれ使っていく。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS
¥475 (2022/05/21 08:26:33時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

右肩のザフトマークは1/100スケールのSEED用、膝の三角マークはジオン用③を使って、その他は1/144スケールSEED用を使っている。

やや古いものだからか、前面スカートの数字部分が崩れてしまった。

これはウェザリングで誤魔化そう。

レーナ
レーナ

左肩のマークが特徴的だね。

アドルフ
アドルフ

本機のパイロットの1人であったミハイル・コーストのパーソナルマークだそうです。

元々天才的な腕前を持つ外科医だったことから、この両手を模したマークになったのだとか。

 

スミ入れ作業

アドルフ
アドルフ

続いてスミ入れ作業を。

基本的にはクレオスのウェザリングカラー、マルチブラックを使います。

一部強調したいところはタミヤエナメルのフラットブラックも併用して・・・・・・。

created by Rinker
¥285 (2022/05/20 16:11:47時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

バーニア回りはフラットブラックで塗り潰してしまうとそれらしくなるかな。

エナメル塗料は溶剤で簡単に拭き取れるのが利点だ。

 

ドライブラシ!

アドルフ
アドルフ

続いてドライブラシ。

今回は緑色の機体なので明るい緑色、明灰緑色を使ってみます。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥285 (2022/05/20 20:14:24時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

長年筆者がザク系のドライブラシに使ってきた明灰緑色。

今回の作業でようやく1本使い切ることに成功した。

アドルフ
アドルフ

これ以降は・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

予備をあらかじめ購入していたから大丈夫だ。

レーナ
レーナ

ドライブラシについては過去記事参照だよ。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...

 

銀の剥げチョロ

アドルフ
アドルフ

続いてタミヤエナメルのクロームシルバーを使った銀の剥げチョロ。

これはモールドや関節等、可動部や端など剥がれやすそうな場所を狙って・・・・・・。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥285 (2022/05/20 23:14:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァルダ
ヴァルダ

ここまでで全体図はこんな感じ。

モノアイレールの内部が部品各色に分かれていたので、この段階で筆で黒く塗り分けている。

アドルフ
アドルフ

脚の甲にある金色のノズル部分、実際黒く塗り潰しているのはノズル内側だけで、外側はライトグリーンのままなんですよね。

筆者は内側外側共に黒く塗り潰してしまっていますが。

レーナ
レーナ

これはこれでカッコいいから、いいんじゃない?

ヴァルダ
ヴァルダ

修正するのもアレだし、このまま仕上げてしまおう。

最後の仕上げ

ヴァルダ
ヴァルダ

エンジンやバーニア類周辺はタミヤウェザリングマスターBセットで軽く汚す。

アクリル溶剤を少し染み込ませて液状にしたマスターを、ドライブラシ感覚で擦り付ける。

レーナ
レーナ

その後はアクリル系のフラットクリヤーでつや消しをして・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

最後にモノアイを取り付け。

今回はWAVEのH・アイズ3に収録されている1.8mm径を、自作したモノアイパーツにはめ込みます。

裏側からアルミテープを貼っておくのを忘れずに・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

頭部パーツは後ハメや改造で強度が落ちている。

この段階で接着してしまおう。

アドルフ
アドルフ

お疲れ様です。

これでHGのジンハイマニューバは完成となります。

レーナ
レーナ

以下、ギャラリーだよ。

HG ジンハイマニューバ 完成!

 

レーナ
レーナ

ポジション的には高機動型ザクに該当するジンハイマニューバ。

ザクとはまた違ったかっこよさがあるね。

アドルフ
アドルフ

キットには機甲突撃銃のみ付属します。

他のキットや別売り品と組み合わせて、持ち替えてみるのもいいですね。

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

少し手間がかかったかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

ガンプラの進化速度は速い。

このキットは2004年発売だけど、流石に最新キットと比べると可動範囲は狭い。

それと部品が単純なモナカ割りなので合わせ目も目立つ。

アドルフ
アドルフ

合わせ目については筆者は消して塗ってしまうのであまり気にしていないようですが。

寧ろ変に消しにくい位置に来たほうが作業しづらいので・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

可動範囲は狭いと言っても、2004年製としては脚が意外とよく動くほうだとは思っているけどね。

それと以前のゲルググJでは棒軸の肩関節を改造した。

今回のハイマニューバは作業速度を優先してキットの棒軸まんまだ。

ここはお好みで選ぶといいかな。

HGUC ゲルググJ 製作記③
アドルフガンプラのHGUCシリーズより、ゲルググJを作っていきます。ヴァルダ前回は頭部と腕部を改造しつつ組み立てた。今回は胴体を進めていこう。レーナ今日は月末。毎月恒例の集計をとるよ。ア...
レーナ
レーナ

肩は後ハメのために接続方法を少し変えたね。

パーツ同士の間隔が変わって、ちょっと干渉しそうになったけど。

アドルフ
アドルフ

筆者の手元にはまだジン系列はありますな。

ここは残りのジンを作る際に生かしたいところです。

ヴァルダ
ヴァルダ

2022年2月現在、このキットの定価は税込み1320円。

古い製品は最新キットに比べて比較的安価なのが魅力だ。

レーナ
レーナ

機会があれば是非!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は以上としよう。

さて記事が筆者の作業に追いつきそうだ。

次回は何を作るかわからなくなってきたね。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,080 (2022/05/21 07:45:28時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました