HG ブグ(ランバ・ラル機)製作記④(完成)

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラのHGシリーズ、ブグの続きを紹介していきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装まで進んだ。

妙に白みの強い色合いになったけど、今回はどうなるか・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

ウェザリング作業で誤魔化す、それしかないようですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

いつものパターンだ。

アドルフ
アドルフ

ですな。

スポンサーリンク

マーキングシールを貼ってみよう

アドルフ
アドルフ

筆者はいままでガンプラに対してはキットとは別売の水転写式デカール、ガンダムデカールを使用してきました。

ブグに対応したガンダムデカールは発売済みのようですが手配が出来ず、今回は付属シールを使ってみたいと思います。

アドルフ
アドルフ

シールは予め切り取られており、ただ台紙から剥がすだけでも使えます。

ただ、マークの端の何も印刷されていない余白部分をデザインナイフで切り取っておくと後々見栄えがよくなります。

ヴァルダ
ヴァルダ

それと、シールはデカールと違い滑らせることが出来ない。

ただシールを水につけると一時的に粘着力が落ちるから位置決めがしやすくなる。

アドルフ
アドルフ

貼り付けるとこんな感じに。

どうしてもシール自体の厚みが出てしまうのが欠点ですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

それと、ぴったり密着させてやらないと余白部分が白っぽく見える。

これはデカールでも言えることだけどね。

アドルフ
アドルフ

今回難所ともいえるのがこのマーク。

球状の肩アーマーに貼る為どうしてもシワが出来てしまいます。

アドルフ
アドルフ

そこでシール自体に切れ込みを数箇所いれて曲面にもなじむように試みてみることに。

アドルフ
アドルフ

しかし結果はご覧の通りに。今回は上手くいきませんでした。

ヴァルダ
ヴァルダ

もっと余白を切り取ってもいいかもしれないね。

最悪、国章と数字がバラバラになってでも。

アドルフ
アドルフ

マーキングはこれで完了です。

今回は付属シールのみで十分だと判断、デカールは使用してません。

一気に仕上げろ!ウェザリング

アドルフ
アドルフ

まずはウェザリングカラーのマルチブラックでスミ入れを兼ねたウォッシング。

ブグ、というかオリジンシリーズのMSはモールドが多めなのでスミ入れ作業で一気に引き締まります。

アドルフ
アドルフ

続いてドライブラシ。タミヤエナメルのライトブルーを使ってキットのエッジに塗料を擦り付けていきます。

左が作業前、右が作業後です。

ヴァルダ
ヴァルダ

正直わかりにくい写真だね。

この作業はそのうち別の記事で詳しく説明したほうがよさそうだ。

アドルフ
アドルフ

いつもの筆者ならサビ汚れや泥汚れを施すのですが・・・・・・。

今回のブグは空気のない宇宙空間で戦闘していたと言うことでそれらのウェザリングはしないことに。

代わりにタミヤエナメルのシルバーを使って塗装剥げを再現してみます。

ヴァルダ
ヴァルダ

ドライブラシに近い要領でキットのエッジに塗料を含ませた筆をこすり付ける。

また毛先が広がって二線級に格下げしていた筆を動員。

細長い傷を描きこんで引っかき傷的なものも再現している。

アドルフ
アドルフ

アース系の汚れは施さず今回はこれでウェザリング終了です。

ヴァルダ
ヴァルダ

「銀剥げはやりすぎるとおもちゃっぽくなる」と敬遠する人もいるけど筆者は宇宙用MSにはよく使っている。

「MS IGLOO」のMSはよく見ると銀色の塗装剥がれが表現されているので筆者はよく参考にしている。

忘れ去られていた部分塗装

アドルフ
アドルフ

アホな筆者は部分塗装をすっかり忘れていました。

ヴァルダ
ヴァルダ

うむ、アホな筆者は部分塗装を忘れていたね。

アドルフ
アドルフ

とは言ってもこのキット、塗り分けが優秀でほとんどその必要がないんですよ。

まずはマシンガンのスコープ。Mr.カラーのシルバー下地に水性ホビーカラーの蛍光ピンクです。

ヴァルダ
ヴァルダ

それと、本当はマシンガン本体とマガジンは別の色なんだけど……。

面倒なので今回は同じ色のままで仕上げる。

アドルフ
アドルフ

肩アーマー接続パーツは関節に使ったMr.メタルカラーのアイアン、足首関節のシリンダー部分はMr.カラーのシルバーを。

つや消し仕上げ。青みが欲しい

アドルフ
アドルフ

最後に恒例のつや消し。

水性ホビーカラーのつや消しクリアーを使います。

ヴァルダ
ヴァルダ

ところがアホな筆者はもっと青みが欲しい感じにしたかったらしく……。

なにを思ったのかクリアーブルーをつや消しクリアーに混ぜて吹いた。

写真左がつや消し前。右がつや消し後。

アドルフ
アドルフ

正直、あまり変わっていないですね。

アドルフ
アドルフ

とりあえず、青い部分にこのつや消しクリアーブルーを吹いていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

混色していたブルーが途中で切れたため、残りは普通のつや消しクリアーを使っている。

この辺りはいつも通り……。

アドルフ
アドルフ

あとは組み立てですがやはり肩の部分がバラけます。

これ以上手を加えることはないのでパーツ同士は接着してしまいます。

ヴァルダ
ヴァルダ

やはり接続パーツをCの字に加工する後ハメのほうが良かったかもしれないね。

ヴァルダ
ヴァルダ

これでHGブグは完成。

アドルフ
アドルフ

以下、ギャラリーとなります。

HGブグ(ランバ・ラル機)完成!

アドルフ
アドルフ

素の出来、可動範囲共に良好なキットです。

様々なポーズが決まります。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただ、今回はシール貼りで失敗したようだね。

アドルフ
アドルフ

変な跡が残っていますね。

ヴァルダ
ヴァルダ

スミ入れ塗料がシールの余白部分に流れ込んだようだね。

スミ入れ後にシールを貼ったほうが良かったかもしれない。

アドルフ
アドルフ

まだ以前のグフが奥底にしまわれず、近くにあったため比較。

やはり、ブグの白みが強すぎましたかね?

ヴァルダ
ヴァルダ

グフの濃い青に見慣れたいるからそう見えると言っておこう。

終わりに

アドルフ
アドルフ

今回は積みをしないで買ってきたばかりのキットを速攻で組んでみました。

写真の記録によりますと、ブグを購入したのは今年2月2日。本日は2月26日です。

製作記の①番は2月13日アップ。それ以前にホルヒの待ち時間で少し進めていましたが、事実上作業は約二週間といったところでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

どのキットもそんな感じだね。

筆者が全速力で組んでも月二個が限界のようだ。

なかなか積みプラが減らないわけで。

アドルフ
アドルフ

これは早いほうなのか遅いほうなのか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず、今回はここまで。

の記事で作っているキット

HG 1/144 MS-04 ブグ(ランバ・ラル機)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました