HGUC ギャン(リバイブ版) 製作記②

※記事内に広告を含む可能性があります

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

2016年に発売した、HGUCのギャン(リバイブ版)を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は筆者が作りかけで遺棄していたものを掘り出し、確認した。

今回は胴体に脚部を整形。

並びに腕部の補修作業を行う。

レーナ
レーナ

ここ最近放置品のサルベージが多いみたいだね。

今月は新規購入はなさそうかな。

アドルフ
アドルフ

ところが筆者のスマホに何やらお届け物のお知らせが。

レーナ
レーナ

なんだろう。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず今はギャンに集中だ。

それでは作業を始める。

 

 

 

 

スポンサーリンク

胴体の製作

アドルフ
アドルフ

まずは比較的手をつける箇所が少なさそうな胴体から。

ほとんど一体成型で不動だった旧HGUCから大幅に進化したところですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

胸部・腹部・腰部にブロック分けされており、それぞれがポリ製のボールジョイントで接続されている。

肩口もボールジョイントの受け皿があり、引き出し式の関節となっている。

レーナ
レーナ

ここはほとんどいじらず、基本的なゲート処理やパーティングラインの整形ぐらいかな。

グレーのバックパックが柔らかいKPS製で、少し整形作業に苦労するね。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ筆者のゲート処理方法
アドルフこんなところを見ている人がいるのかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、筆者に代わって本ブログの案内を担当しているアドルフです。ヴァルダ同じく、案内人のヴァルダ。アドルフ今日は何をしましょうか。ヴァルダ気分を変えて初心者向けの講座だよ...

 

アドルフ
アドルフ

それと以前の筆者が加工済みで見落とすところでしたが……

腰部のフロントスカートは左右が繋がった状態になっています。

ここは真ん中で切断すれば、左右で独立可動するようになりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

特に大きな加工を施す箇所も見当たらないので、これで胴体は終了だ、

 

 

脚部の製作

アドルフ
アドルフ

細かいディティールの多い脚部。

関節周りは2016年当時の最新フォーマットで、2023年現在でも十分通じるものとなっています。

レーナ
レーナ

旧HGUCだとヒザ関節がポリキャップそのままだったけど、リバイブ版はモールドの入ったKPS製になっているね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここはスネパーツの前後に合わせ目ができるので、それを接着処理。

筆者は以前に接着・整形済みのようだけど……

接着剤の量が足りなかったのか、一部凹みができてしまっている。

今回はWAVEの黒い瞬間接着剤で埋めている。

created by Rinker
ウェーブ(Wave)
¥1,515 (2024/06/20 00:51:00時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

久々に使いましたが、容器内部で接着剤が固まりかけていますな。

これはそろそろ補充が必要かと。

ヴァルダ
ヴァルダ

最近はラッカーパテに出番を奪われてあまり使っていなかったからね。

それとスネ後部には六角形を半分にしたようなディティールがある。

ヤスリがけで消えると困るので、先にラインチゼルなどで彫り直しておくといいだろう。

 

レーナ
レーナ

モモ側は合わせ目をモールドが兼ねているみたいだから、ゲート処理のみ。

その他に後ハメとかをする必要もないから、簡単な整形作業だけで済ませているよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

これで脚部の組み立ても完了だ。

 

 

腕部の製作

アドルフ
アドルフ

この記事のメインとなりそうな腕部の組み立てです。

ここも旧製品ではポリキャップそのままだったヒジ関節がKPS製の二重関節となってパワーアップしています。

レーナ
レーナ

ほかにも旧製品では肩と二の腕が一体成型になっていたけど、リバイブ版はきっちり独立しているね。

手首もサーベル用のは角度がつけられるように、可動軸が仕込まれていたり。

ヴァルダ
ヴァルダ

問題は筆者が中途半端に切り刻んだ袖口だ。

今回はそこの修復がメインとなる。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずはなぜこんなことになったのか。

キットそのままの状態だと、前腕部分が前後に分かれたパーツ構成となっている。

途中までは合わせ目がモールドと兼ねているんだけど……

袖口ではパーツのど真ん中に合わせ目がくる。

アドルフ
アドルフ

画像の下の白いのが同型のギャンスロットの腕部ですな。

成型色が異なるだけで、今回のギャンと同じ形のものです。

ヴァルダ
ヴァルダ

なので後ハメを試みたのだけど

  • 袖口のモールド部分でパーツを切り離した
  • しかしノコで予定よりも幅広く切り取ってしまい、大きな隙間ができた
  • 隙間を埋めるためにプラ板を接着
  • 接着剤の乾燥待ちをしている間にモチベーションがなくなり放置

といったことがあって、現在に至る。

レーナ
レーナ

あらら。

今度は大丈夫かな?

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず貼り付けたプラ板を削って整形する。

さすがに数年も経過していれば乾燥しているだろう。

アドルフ
アドルフ

この接着剤は速乾でしたかな。

それとも通常だったか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず成型してみたもののまだ切りしろ分の隙間が大きく、モールドとして誤魔化せていないように見える。

レーナ
レーナ

ちょっと離れている感じというか。

ヴァルダ
ヴァルダ

なのでさらに薄手のプラ板を接着し、袖口を嵩増しする。

レーナ
レーナ

このプラ板は以前の記事で使った……

キラッと輝け!塗装でガンプラの目やセンサーを光っているように見せる方法
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は夜戦型の彗星が完成しましたな。 今回は……。 ヴァルダ 先月の時点でガンプラが1つ完成している。 ただ紹介に入る前に、それを使って筆者...

ヴァルダ
ヴァルダ

プラ板の接着剤が乾燥後削って整形する。

とりあえず問題ないようなので、これで決定する。

アドルフ
アドルフ

流し込み式速乾を使ったので、半日程度の乾燥時間でもなんとかなりそうですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

後ハメ加工を施したので、パーツ構成はこんな感じになる。

袖口ブロックが独立して、内部のポリキャップでフレームパーツに接続される。

それ以外の前腕パーツは合わせ目がモールドを兼ねているので接着はしない。

アドルフ
アドルフ

他の人の作例を見ると袖口を前腕と完全に切り離さず

  • 前腕内側
  • 前腕外側+袖口外側+袖口内側

の2パーツ構成にした後ハメもあるようですな。

この辺りはお好みで……。

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

プラ板による補修は片腕のみ。

もう片方は隙間がそんなに広くなかったので、そのまま進めた。

後は各部ゲート処理などにとどめている。

レーナ
レーナ

どうなるかと心配していたけど、なんとか形にはなったみたいだね。

アドルフ
アドルフ

確か以前の筆者は2016年の発売直後に手を加えていたので……

約7年ぶりに進んだ感じですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は武器と、同じく改造途中で止まっている頭部を進める予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

 

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,820 (2024/06/20 07:03:55時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました