クレオス IV号駆逐戦車L/48製作記②

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

IV駆の続きです。

ヴァルダ
ヴァルダ

車体上部の組立てだね。

スポンサーリンク

伸ばしランナーを使った穴埋め

ヴァルダ
ヴァルダ

しかしその前にやることが出来たのでやっておこう。

前回あの後この穴について調べたが部品を取り付けるわけでもないようなので埋めることにした。

ついでだから伸ばしランナーを使って穴を埋める方法を紹介しよう。

アドルフ
アドルフ

伸ばしランナー……あれですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

伸ばしランナーは基本的に棒状になった部分を使う。

でも今回はこの普段捨てるような錐状部分を使うんだ。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずは使いやすいようにカット。

ヴァルダ
ヴァルダ

そして接着剤を塗って穴にはめる。

接着剤が乾燥したら写真のように不要部分を大まかにカット。

アドルフ
アドルフ

ランナーが錘状のおかけでこちらから細かい調整をせずともぴったり収まるのですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

あとはヤスリで平面に。これで完了さ。

アドルフ
アドルフ

パーツの裏側まで穴が貫通している場所ならどこでも使えるテクニックですよ。

貫通していない場所でもピンバイスを使えば……。

車体上部の組み立て

アドルフ
アドルフ

いよいよ車体上部の組立てです。

IV駆で合わせ目が出来るのは砲身、マズルブレーキ、横置きマフラーです。ここを接着しておきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者はどうやらこの記事を書く以前、つまり放置前に実行していたようだ。

この合わせ目消しは乾燥時間をとるため一番最初にやることをお勧めするよ。

アドルフ
アドルフ

まずは車体裏の巨大な押し出しピンを切り取ります。

特にフェンダー裏は履帯と干渉するので必須ですよ。

真鍮線によるフック新造

ヴァルダ
ヴァルダ

ハッチ類には取っ手が着いているが成形の都合か板状になっている。

このままではつかめそうにないので新造してみよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

板状のモールドを削り0.5mm径のピンバイスで穴を空ける。

ハッチを締め切りにするなら後ろまで貫通させたほうが作業がしやすいが今回は貫通させず。

ヴァルダ
ヴァルダ

あとは0.5mm径真鍮線でフックを作成する。

筆者は曲げるのが下手なので近くで見ると結構不恰好だったりする。

アドルフ
アドルフ

綺麗に曲げられる方法を調べたほうが良さそうですね。

そのほかの車体上面作業

アドルフ
アドルフ

こちらは上面パネル。カニ型望遠鏡は後で接着できますので塗り分けに備えて別にしておきます。

ハッチは素の状態で開閉可能ですが今回はシリア軍仕様。フィギュアの手持ちもありませんのであまり生かせないですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ハッチの裏には押し出しピン跡があるけどここもそのままにして製作スピードを上げる。

アドルフ
アドルフ

前面の点検ハッチはパテで穴埋めする場所があります。

他のパーツを取り付ける前に埋めておきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てる前に説明書を確認して乾燥時間をとる場所は先に済ませると作業効率が上がるんだ。

アドルフ
アドルフ

以前のIII号戦車同用、フェンダーのつなぎ目はモールドをあらかじめ彫っておきましょう。

アドルフ
アドルフ

車体上面の後部。ここも押し出しピンがあります。

しかしここは後から見えなくなる場所なのでやはり無視します。

アドルフ
アドルフ

車体上部が出来ました。あまり改造する場所はなかったので比較的楽に進みました。

ヴァルダ
ヴァルダ

前面に甘食のようなピストルポートが左右二つある比較的初期の生産車であることがここでもわかるね。

調べたところ1944年にIV駆L48は最初の量産型が完成。同年3月から左側のピストルポートが廃止されている。

主砲の組立て

アドルフ
アドルフ

いよいよ主砲です。

取り付け基部はプラパーツ。緩い上に磨耗でさらなる緩さが出ることも考えて軸にセロテープを一周巻いて保持力を上げます。

ヴァルダ
ヴァルダ

抑えのパーツもプラ製。

不用意にセメント系を流し込むと軸まで固着するのでゼリー状瞬着などを使って慎重に留めておこう。

アドルフ
アドルフ

防盾、マズルブレーキの取り付け前に陰となる部分に黒を塗っておきます。

また砲身はマズルブレーキを外したネジ部分も再現されていますが今回は取り付けるためネジは切り取ります。

ヴァルダ
ヴァルダ

マズルブレーキは射撃時の砲の後座距離を縮めるためのもの。

しかしIV駆は地面と砲の距離が近く、排出されるガスで砂埃が舞って射撃の妨げになるため外されることも多かったとか。

1944年5月生産車からは装着用のネジ部分が最初からないようだ。

アドルフ
アドルフ

防盾、マズルブレーキを取り付けて砲は完成です。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は車体上下を合わせるところから始めよう。

この記事で作っているキット

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥2,980 (2021/07/26 01:13:24時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました