タミヤ 1/35 パンターG型(後期型) 製作記②

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤMMシリーズより、後期のパンターG型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はキットの中身を確認した。

今回は組み立て作業に入る。

足回りまで進める予定だ。

レーナ
レーナ

うーん。

話題がロシア&ウクライナ一色だよ。

アドルフ
アドルフ

しかし我々が何か出来るわけでは・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

情報も錯綜しているし、下手にあれこれ言えない状況だ。

アドルフ
アドルフ

今後どのように影響してくるのか・・・・・・。

 

スポンサーリンク

接着作業

アドルフ
アドルフ

まずは真っ二つのパーツを接着。

とはいっても砲尾は外から見えないので無視しても構いません。

筒型ケースと主砲だけ貼り合わせます。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについては、過去記事参照だよ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。ヴァルダうむ。また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。合わせ目消しヴァルダ作業の前に使用するキットの紹介を。...

 

車体下部の組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて車体下部から組み立てていきます。

下部パーツはこちらです。

ヴァルダ
ヴァルダ

同社のパンターA型など、一昔前のキットだとひっくり返したときに車体内部が見えるものがある。

このキットは車内が見えないようになっているので安心だ。

タミヤ パンターA型 製作記②
アドルフ タミヤのMMシリーズより、パンターA型(ドイツ・パンサー中戦車)を作っていきましょう。 ヴァルダ 前回はキットの中身を確認した。 今回は組み立て作業に入る。 ...

レーナ
レーナ

とりあえずサスペンション類を取り付けてと・・・・・・。

以前のティーガーII同様、外からほとんど見えなくなるから整形はほとんどせず・・・・・・。

タミヤ 1/35 ティーガーII(ポルシェ砲塔) 製作記②
アドルフ タミヤMMシリーズより、ポルシェ砲塔を搭載したティーガーII(キングタイガー)を作っていきます。 ヴァルダ 前回は部品の紹介をした。 今回は組み立て作業に入る...
アドルフ
アドルフ

このあたりは特に問題なく組めますな。

 

転輪類の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

パンターはティーガー系列同様の挟み込み式転輪。

数が少し多いから整形に時間がかかる。

アドルフ
アドルフ

幸い切削しやすい材質なので整形は容易ですな。

起動輪と誘導輪のほかに、起動輪周辺に付く補助転輪があるので忘れずに・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

キット付属の履帯は塗装と接着が可能なベルト式。

これはリモネンのタミヤセメントで接着した。

接着面は乾くまでクリップで留めておくといいかな。

流し込み式接着剤は接着部分の薄い箇所に浸透して千切れるので注意だ。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥352 (2022/05/21 07:17:57時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

より板っぽさが欲しい方は、別売りの接着組み立て式を使うのも良いでしょう。

 

ロコ組してみよう

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はロコ組をしてみることに。

転輪とサスペンションを接着せず、転輪と履帯を接着する。

履帯は弾力があるので、弛んでいるように見えるよう転輪と接着する。

ティッシュなど詰め物をして、接着剤が乾くまで抑えておこう。

レーナ
レーナ

挟み込み式の転輪は間にエアブラシの霧が入りにくい。

なので先に筆で陰になる色を塗っておくよ。

使ったのはクレオスのマホガニーサーフェイサー

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥306 (2022/05/21 02:30:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てが終わるとこんな感じになる。

ロコ組は本来弾力のあるベルト式履帯ではやりづらいけど、履帯が上下から転輪に接するパンターやティーガーでは例外。

こんな感じに転輪と履帯だけ一塊にできる。

アドルフ
アドルフ

これで車体下部の塗装や汚しがやりやすく。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は車体上部の組み立てになるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました