タミヤ 1/35 III号戦車N型製作記④

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

どうも、本ブログの案内人であるアドルフです。

最近殺風景だった本ブログにも少しずつ装飾が増えてきました。珍しく筆者ががんばっているようです。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥312 (2021/07/29 00:15:08時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

アドルフ、それは装飾じゃない。広告だ。

スポンサーリンク

ウェザリングの下準備

アドルフ
アドルフ

今回のIII号戦車は主にクレオスの「Mr.ウェザリングカラー(以下WC)」を使ってウェザリングをしていきたいと思います。

アドルフ
アドルフ

とりあえずウェザリングに備えてクリアーをかけておきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

この後使うWCはつや消しだとザラザラした粒子に引っかかってうまく拭き取れない。そのため表面を光沢もしくは半光沢にする必要があるんだ。

タミヤエナメルフラットブラウンを使ったスミ入れ

アドルフ
アドルフ

WCのことを話していましたが、最初はタミヤエナメルのフラットブラウンをつかいます。

アドルフ
アドルフ

いわゆるスミ入れです。各部の溝になっている部分に流し込み、拭いていきます。

ウェザリングカラーで砂埃表現

ヴァルダ
ヴァルダ

今回のIII号戦車はアフリカの砂漠地帯で戦闘を行っていた。そこで砂埃系の汚れをメインに行う。使用するのはWCのサンディウォッシュ。

WCは律儀にビンの中に攪拌用のボールが入っているのでビンを振るだけでかき混ぜることが出来る。しかし今回はビンの底にある濃い部分をすくいだして使う。

アドルフ
アドルフ

とりあえず車体下部に塗りたくってみます。

ヴァルダ
ヴァルダ

一回拭き取るとこんな感じに。もっと砂埃がふわっと乗った感じにしたいので再度塗って拭き取る。

アドルフ
アドルフ

とりあえずはこんな感じに。

ヴァルダ
ヴァルダ

WCは他の塗料より定着力が弱いので筆で塗った後に擦るだけでもぼかした塗装が出来る。

ただし触れただけでもとれてしまうのでクリアー塗装するまでなるべく触れないように。

アドルフ
アドルフ

同じ足回りの部品たちにも塗っておきます

ヴァルダ
ヴァルダ

車体上面もハッチ周辺など人が歩いたり足をかけるような場所に薄く塗っておこう。

ウェザリングカラーで雨だれ表現

ヴァルダ
ヴァルダ

お次は各装甲に雨だれ汚れを描き込んでみよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

WCのグランドブラウンを極細の面相筆で縦に描き込む。

ヴァルダ
ヴァルダ

そして溶剤でぼかす&拭き取る。

これは雨だれが不自然に曲がってしまっているのでやり直し。

ヴァルダ
ヴァルダ

再度挑戦。とりあえずこれで行くがもうすこしうっすらとしているほうが理想的だ。

ヴァルダ
ヴァルダ

車体の垂直面を中心にどんどん描きこんでいこう。これに限らずウェザリング全般に言えることだけどとにかく単調にならないように。

ウェザリングカラーで錆表現

アドルフ
アドルフ

前回のティーガー同様、車外装備はステインブラウンを塗った後ラストオレンジを塗ります。

ヴァルダ
ヴァルダ

意外と見落としがちなのが、車体後部のマフラー部分。ここも錆汚れを施す。排気口部分はWCのマルチブラックで焼け表現を。

タミヤエナメルとウェザリングカラーで二重チッピング

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて二重チッピング。これは以前ガンダムに対して行ったね。

一段明るい色が必要なので今回はタミヤエナメルのバフを使う。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずはバフを使い古しの筆で乗せていく。主に物がぶつかりそうな場所に乗せていこう。ドライブラシしてもいい。

アドルフ
アドルフ

やはりハッチの周辺、フック、各エッジ、前面装甲辺りですかね。

ヴァルダ
ヴァルダ

そしてWCのグランドブラウン。これをバフが縁に残るように同じ場所に乗せていく。

アドルフ
アドルフ

塗料を乗せた部分の境界が丸っこくなっていると実感が湧かないので細かく塗料を乗せていくとそれらしくなります。

その他ウェザリング

アドルフ
アドルフ

車体後部には以前のティーガー同様ブラックとクリアーオレンジを混ぜたオイル色で燃料の染みを表現です。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここはいわゆるスプラッシングという技法を使う。

塗料を含ませた筆を弾くようにして塗っていく。

アドルフ
アドルフ

後はその他やり残したことを。まずは車体後部の反射板をクリアーレッドで、前面機銃をガンメタルで塗ります。

ヴァルダ
ヴァルダ

それと、起動輪と履帯内側は常に擦れているのでクロームシルバーでドライブラシ。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここまで来たら足回りの部品を接着してしまおう。

履帯の弛み表現も忘れずに。瞬間接着剤で上部転輪や起動輪、誘導輪と履帯を接着する。

アドルフ
アドルフ

ここまで来たら後はつや消しクリアーを吹いて完成です。

ヴァルダ
ヴァルダ

そうしたいところだけど、まだ人形が残っている。

今回はここまで、次回は戦車兵の人形を塗ってみよう。

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました