ブロンコ 41MトゥラーンII重戦車 製作記⑦

※記事内に広告を含む可能性があります

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

ブロンコのトゥラーンを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は車体上部をほぼ形にした。

今回は砲塔と、説明書最後に掲載されていた牽引ロープをセットする。

レーナ
レーナ

ようやく砲塔。

これで組み終わりかな?

アドルフ
アドルフ

まだシュルツェンがあります。

レーナ
レーナ

長引くなぁ。

ヴァルダ
ヴァルダ

語ることが多いからね。

それでは作業を再開する。

スポンサーリンク

砲塔の組み立て

アドルフ
アドルフ

砲塔はこんな感じですな。

左右のハッチは開いた状態にもできますが、今回は閉じた状態にしてしまいます。

特に内部再現もされていませんし、兵士を乗せるわけでもないので。

レーナ
レーナ

左右にハッチってことは、この戦車は3人乗りなのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

原型のT-21戦車から変更された点として、砲塔内部の搭乗員数がある。

T-21では2人乗りだったけど、トゥラーンで3人乗りになったようだ。

登場が遅れてソ連戦車相手には性能不足だったけど、この点に関しては優れている。

アドルフ
アドルフ

とりあえず基部を組んでこんな感じに。

ペリスコープは4つ中2つをここに装備。

残りは車長ハッチの前後に取り付けます。

武装などの組み立て

アドルフ
アドルフ

さてお次は武装類。

トゥラーンIからトゥラーンIIになったことで、最も変化した部分ですな。

レーナ
レーナ

中戦車から重戦車に……。

アドルフ
アドルフ

とはいっても40mm砲が75mm砲になっただけですな。

重量はほとんど変わらず共に20t弱。

ですがトゥラーンIIになって重戦車を名乗るという。

レーナ
レーナ

自称重戦車な事実上の中戦車。

イタリアのP26/40みたいだね。

アドルフ
アドルフ

主砲根元にはリベットパーツを貼り付けます。

主砲パーツと同じKcランナー内にパーツが含まれていますので、それを使いましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

リベットのわりには妙に嵩があるけど、とりあえずそのまま取り付けよう。

アドルフ
アドルフ

各パーツを取り付けます。

機銃は主砲の可動軸はプラ同士の接合。

軸に薄く瞬間接着剤を塗ることで、少し渋みを与えています。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここも各部極小エッチングパーツを取り付ける。

基本的に取り付け指示ははっきり示されているんだけど……

主砲脇のフック(Pa17番パーツ)のみ曖昧だ。

筆者はボックスアートを参考にして取り付けている。

砲塔本体の完成

アドルフ
アドルフ

車長ハッチのある天板部分も組み終わり。

砲塔下部も用意して合わせてしまいましょう。

レーナ
レーナ

ハッチはとりあえず接着せずに進めるみたいだね。

ヒンジ部分に瞬間接着剤を塗って、ここも渋みを与えて……。

アドルフ
アドルフ

これで砲塔本体が完成ですな。

レーナ
レーナ

なんか張り出した天板周りが少し不恰好というか。

アドルフ
アドルフ

主砲をより大型の75mm砲に換装したので砲尾も大型化。

それが内部で干渉しないように、このような張り出しを設けたようです。

ちなみに長砲身75mm砲を装備したトゥラーンIIIでは、更に継ぎ足したような形となっています。

バリエーション展開を考えたからか、今回のキットでも張り出し部分は別パーツ化されているという。

牽引ロープの組み立て

アドルフ
アドルフ

後はシュルツェンだけですが、そこに車体に載せる牽引ロープの組み立てが掲載されていました。

先にこちらを組んでしまいましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

ロープ部分の糸はキツめの片結びにして袋に入れられていた。

糸を痛めないように、ピンセットを使って解いてやろう。

レーナ
レーナ

糸は端を瞬間接着剤で固めてから、斜めに切って切り口を細くするよ。

ロープ端パーツはピンバイスで取り付け穴を広げて、糸が入りやすいように加工。

糸はプラではないので、端パーツとは瞬間接着剤で固定だね。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥366 (2024/05/21 13:27:20時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

後は留め具に糸を引っ掛けつつ車体に接着。

折り返してきます。

糸は長めなので、現物合わせでカットして調整します。

ここも瞬間接着剤でカットする部分は固めておきましょう。

そのままの状態で切ろうとするとほつれやすいので……。

ヴァルダ
ヴァルダ

後に気づいたことだけど、3つある留め具のうちの真ん中のものの右隣に国籍マークがつく。

マークを滑りこませられるよう、この辺りにはロープを瞬間接着剤で固定しないようにしよう。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

砲塔を本体に載せて、これで本体の組み立てが完了です。

レーナ
レーナ

やっと本体が形に。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は残るシュルツェンの組み立てになる予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました