イタレリ ユンカースJu86E-1/E-2 製作記⑥(完成)

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

イタレリ社より発売されています、Ju86爆撃機を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装を済ませた。

今回はマーキングとウェザリングを施し、完成に持ち込む。

レーナ
レーナ

ようやく完成だね。

これは今月第1号かな。

アドルフ
アドルフ

そのようですな。

ついでに先月積んだキットからの完成品です。

ヴァルダ
ヴァルダ

先月購入品は先月中には何も完成しなかった。

今月はそいつらを主に崩すことになるだろう。

それでは作業を再開しよう。

 

 

スポンサーリンク

マーキング作業

アドルフ
アドルフ

こちらがキット付属のデカール。

7種類の塗装が収録されているだけあって、かなり豪華な内容となっています。

レーナ
レーナ

……でもあのマークが収録されていないね。

ヴァルダ
ヴァルダ

省略されている鉤十字は別のところから持ってくる。

今回は以前He177でも使用した、別売りの1/48スケールの鉤十字セットを使うことにした。

1/48スケール用だけど1/72のHe111用と同じようなサイズのものがあったので、これを使おう。

ドイツレベル ハインケルHe177A-5 グライフ 製作記⑦
アドルフ ドイツレベル社より発売されています、ハインケルHe177A-5グライフ爆撃機を作っていきましょう。 ヴァルダ 前回は機体の塗装をした。 今回はさらに蛇行迷彩を...

 

アドルフ
アドルフ

今回使うもの、見た感じ1/48のFw190やMe262、Do17などに使うサイズのもののようですな。

白い部分と黒い部分が別々に印刷されているので、先に白い鉤十字を貼り付け、その後黒い鉤十字を重ねて貼ります。

ヴァルダ
ヴァルダ

貼り付けるとこんな感じに。

キット付属、別売りともにデカールは頑丈で発色も問題ない。

ただ凸モールドやリベット上に貼り付けるから、マークソフター・セッターなどデカール軟化剤があるといいかな。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥172 (2022/12/07 09:20:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥220 (2021/10/27 21:38:21時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

特に機番C136の透明ニス部分は空気が入るとかなり目立つね。

ここは切り取って貼り付けるのもありかも。

 

 

 

スミ入れ!

アドルフ
アドルフ

ここから先はウェザリング。

最初にスミ入れですな。

とはいっても本キットは凸モールド

流し込むというよりは、引っ掛ける感じでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

凸モールドなので、塗料を流し込むほかにドライブラシで凸部分に乗せるようなこともしている。

いずれにしろタミヤエナメルのスミ入れ用ブラックフラットブラックと黒系の色を使っている。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,060 (2022/12/07 13:25:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
¥388 (2022/12/07 04:56:38時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ドライブラシについては過去記事参照だよ。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...

 

 

銀のハゲチョロ!

アドルフ
アドルフ

お次はタミヤエナメルのクロームシルバーでの銀ハゲ。

搭乗ハッチやエンジンカウルなど、動いたり振動が加わったりしそうな場所を中心に……。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥570 (2022/12/07 22:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

搭乗ハッチは機体下部。

でも下部はライトブルーだから、銀色が目立たないんだよね。

軽くでいいかな?

 

 

 

2種類の資材で排気管汚れを表現する

アドルフ
アドルフ

そして排気管汚れ。

管本体はウェザリングカラー(ステインブラウン・ラストオレンジ・マルチブラック)。

排気管はウェザリングマスターBセット(ススとサビの混色)で汚します。

ヴァルダ
ヴァルダ

ウェザリングマスターはサビ色を多めに。

今回は茶色味を強めにして擦りつけている。

レーナ
レーナ

この辺りも過去記事を参照に……。

部分塗装省略!戦車の車外装備にいきなり錆ウェザリング
レーナ今日は何しようか。アドルフ前回は、ティーガーIIを完成させましたが・・・・・・。アドルフそういえば、もう1輌ティーガーIIが放置されていますね。今回はそれを完成させましょう。ヴァル...

 

それらしくなる!Ju88で学ぶ飛行機模型ウェザリング3点セット
アドルフこんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。ヴァルダ同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。アドルフ先日ドムの日である10...

 

つや消し ~再び現れる謎曇り~

アドルフ
アドルフ

後はつや消しでウェザリング用品達を定着させ、各部品を接着します。

つや消しはタミヤアクリルのフラットクリヤーをエアブラシ吹きです。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥455 (2022/12/08 01:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

アドルフ
アドルフ

脚カバーは少々複雑。

分割線のところで折り曲げて、主脚本体や機体下部と接着します。

ヴァルダ
ヴァルダ

カバーはかなり大きく曲げることになる。

折れそうにも感じるね。

レーナ
レーナ

一度分割してから再接着したほうが良かったかも。

アドルフ
アドルフ

後はマスキングを剥がせば完成ですが……

ここで問題が。

  • 風防内部に吹き込んだか謎の曇りが
  • 前面風防の機銃に塗り忘れが
  • マスキング時に強く押したからか機銃が外れかかっている
  • 一区画窓部分を塗りつぶしてしまった

などなど。

ヴァルダ
ヴァルダ

慎重に風防を外してまずは曇り取り。

これは何も浸けず、乾いた筆や綿棒で内側から擦ってやればいい。

間違って塗りつぶした区画やはみ出た窓枠塗装は爪楊枝で軽く擦って剥がす。

レーナ
レーナ

機銃は単純に塗って再接着。

マスキング時にティッシュを押し込んだのがまずかったかな。

アドルフ
アドルフ

これで修復が完了。

ようやく完成となります。

レーナ
レーナ

以下、ギャラリーだよ。

 

 

イタレリ ユンカースJu86E-1/E-2 完成!

レーナ
レーナ

この下部銃座はなんか乗りたくないなぁ。

アドルフ
アドルフ

以前作った九六陸攻なんかも、このタイプの引き出し式下部銃座でしたな。

マイクロエース 九六式陸上攻撃機一一型 製作記③(完成)
アドルフ九六陸攻の続きを作っていきます。ヴァルダ前回苦戦しながらも組み立てが終った。今回は塗装作業から始めよう。アドルフ順調に更新が進んでいると思ったら、また期間が空いてしまいましたね。ヴァルダ...
ヴァルダ
ヴァルダ

この手の引き出し式銃座は展開時に空気抵抗が大きくなるという欠点があったようだ。

レーナ
レーナ

……敵の攻撃で銃座がもげたらどうなるんだろう。

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

ちょっと難しいかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

大元が古めのキットだからね。

全体的にイモ付けの部品が多く、組み立て途中の部品外れには注意だ。

記事では触れていないけど、筆者は何度も主翼のフラップ部分を折っていたりする。

アドルフ
アドルフ

キットというよりは、Ju86のデザイン自体が組み立てを難しくしている要因になっている感じもしますな。

マスキングの手間がかかる窓枠の多い風防、主翼や尾翼に多数ついた細かい部品などなど。

ヴァルダ
ヴァルダ

それらを乗り越えるとそれなりのボリュームでいい感じのものが出来上がる。

この飛行機の模型は他のメーカーではあまり見られない。

おそらくイタレリ社1択だね。

レーナ
レーナ

調べても他のメーカーのキットは見当たらないね。

高高度偵察機型ならRSモデルズから出ていたみたいだけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

貴重なJu86のキット。

ドイツ機モデラーなら是非とも挑戦してもらいたいところ。

レーナ
レーナ

ところでこのキット、そこそこの大きだけど保存は……。

アドルフ
アドルフ

筆者が以前購入したダイソーの300円ケース。

これを追加購入したので大丈夫ですよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

入れるとこんな感じに。

幅はほぼぴったりで上が少し余る。

レーナ
レーナ

これなら安心。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は航空機も考えていたけど、それは後回し。

久々に航空機以外のキットを紹介することになりそうだ。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました