ガンプラ新製品HGウィンダム製作記②

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

先日発売されましたガンプラ、HGウィンダムを作りましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は仮組みしてみてキットの素質を確認した。

今回から本格的な工作に入っていこう。

アドルフ
アドルフ

筆者の更新速度がまた落ちてきていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

久しぶりの種系MSで後ハメに悩んでいるようだね。

アドルフ
アドルフ

久しぶり、ということは少なくとも製作したことはあるんですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ジオニストの筆者らしくザクウォーリア、ジンとかザフト系を幾つかね。

例によって奥底にしまっちゃうおじさんしているけど。

とにかく、作業開始だ。

スポンサーリンク

頭部の製作

アドルフ
アドルフ

まずは頭部から。

ジムを連想させるゴーグル状の目とガンダムタイプのV字アンテナが特徴的ですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずは定番工作。

キットのアンテナは安全基準上の都合と破損防止のため裏側先端にフラッグと呼ばれる部分がついている。

画像の黒く塗られた部分だ。

ここを切り取り、削ってやろう。

アドルフ
アドルフ

そのほかはアンテナを左右から削る、頭部側面の合わせ目を消す。

……といったぐらいですね。

ガンダムタイプだとよく顔の部分を後ハメ加工するんですけど、ウィンダムは顔がほぼ白一色なので普通に合わせ目消ししてしまいます。

ヴァルダ
ヴァルダ

頭部はこれで終わり。

胸部の製作

アドルフ
アドルフ

的確な色分けが成型色の時点で出来ている胸部。

ただ、襟元のグレーパーツと青パーツの真ん中に合わせ目が出来ています。

ヴァルダ
ヴァルダ

普通に合わせ目を消そうとするとグレーパーツを挟み込んでしまい、塗装時に支障が出るのでここは後ハメ加工を行う。

やり方は簡単。

1.グレーパーツの首部分の裏側に来るピンを切り取る。

2.青パーツの首部分内側に来る、グレーパーツに噛む凸部分を削る。

これでグレーパーツを背中側からスライドさせてはめ込むことが出来るようになる。

アドルフ
アドルフ

グレーパーツはKPSで多少粘りがあります。

背中側の接続ピンも短くしておくと後で着脱が楽になります。

アドルフ
アドルフ

後は合わせ目消し、各部ゲート処理です。

青い部分は接着剤でどうしても変色してしまいますね。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者は最初の頃は成型色仕上げだったんだけど、この変色が気になって全塗装に移行したんだ。

決め手になったのは旧HGUCのグフ。そういえばあれも青い機体だったね。

腰部の製作

アドルフ
アドルフ

近年スタンダートな構成の腰部。

側面にはビームサーベルの柄が着きます。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここは全くの無改造。

強いて言うなら前面スカートの段差をラインチゼルで彫りなおしたぐらい。

腕部の製作

アドルフ
アドルフ

筆者が肩のダクトを取り付け忘れる事故を起こした腕部。

袖の合わせ目が気になりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

というわけでまずは袖の合わせ目を消すための分割ライン変更型後ハメ加工を。

モールドに沿って前腕を切り離す。

袖部分のみ接着して合わせ目を消す。

肘側のパーツは取り外し可能なので、これで塗装のときに肘関節を塗り分けることが出来る。

アドルフ
アドルフ

切り離した袖口は切り白が目立つので、切り離していない部分のモールドを太めに彫りなおしてごまかします。

FINE BUILD構造の肘関節はやはり粘りが強く、取り外しにくそうだったので内部のかみ合わせ部分を削って調整しています。

ヴァルダ
ヴァルダ

KPSは柔らかいので無理に外そうとして爪などで力を加えると跡が出来てしまう。

なのではめ込みを緩くしておくと力を加えずに簡単に外せるようになるんだ。

腕の製作も終了。開いた手が欲しいと思ったけど、手配ができなかったので今回はパス。

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

脚がないようだね……。

アドルフ
アドルフ

あんなの飾りですよ。

偉い人にはそれがわからんのです。

……正確に言うと、アホな筆者が後ハメに悩んでいて組み立てが完了していないだけです。

ヴァルダ
ヴァルダ

実は後ハメが完了して今接着剤の乾燥待ちだったりする。

というわけで今回はここまで。

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,080 (2021/05/11 18:12:35時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました