タミヤ 九七式中戦車チハ 製作記⑥(完成)

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤの九七式中戦車チハを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は車体のウェザリングが済んだ。

今回は残る兵士を仕上げて完成させよう。

レーナ
レーナ

前の飛燕が実際は大晦日に完成していたから・・・・・・

ようやく今年最初の完成品だね。

タミヤ 1/72 三式戦闘機飛燕一型丁④(完成)
アドルフ タミヤから発売されています、1/72スケールの飛燕を作っていきます。 ヴァルダ 前回は塗装まで進めた。 今回はマーキングとウェザリングを行って完成させよう。 ...
アドルフ
アドルフ

タミヤの帝国陸軍モノが続きますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただ車輌類の帝国陸軍モノはラインナップ数が少ない。

チハの仲間を作る人はファインモールドのお世話になるだろう。

レーナ
レーナ

そのうちここにもファインモールドの帝国陸軍モノが登場するかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の気まぐれ次第だ。

とりあえず、タミヤのチハを完結させよう。

 

スポンサーリンク

兵士の塗装 顔編

アドルフ
アドルフ

兵士は車輌を塗った際に、全体へ白サフを吹いてあります。

最初に顔部分の塗装から。

今回は水性ホビーカラーの薄茶色を塗ってベースを作ります。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥367 (2022/06/26 23:23:55時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

その後は瞳を塗っていく。

白目はフラットホワイト

黒目とアイラインはフラットブラック

共にタミヤエナメルだ。

瞳類は爪楊枝で塗料を乗せている。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥480 (2022/06/26 23:23:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥282 (2022/06/27 09:58:07時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

なんか狸みたいな。

ヴァルダ
ヴァルダ

エナメル塗料は後で溶剤を使えば拭き取れるので、ここでは多少雑でも大丈夫。

アドルフ
アドルフ

続いて顔の上塗りを。

ここもタミヤエナメルです。

フラットブラウン・フラットフレッシュ・フラットホワイトを混ぜて3段階の色を作って、暗い部分から順に塗っていきます。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥515 (2022/06/27 09:58:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥282 (2022/06/27 02:35:00時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

顔のシワ部分にはブラウンをベースにフレッシュを加えたもの。

中間部分には3色全てを混ぜたもの。

頬や鼻などのハイライト部分にはホワイトをベースにフレッシュを混ぜたものをそれぞれ塗っている。

レーナ
レーナ

アゴ周りは少し青っぽいのは気のせいかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

ヒゲっぽい感じを目指してライトブルーをドライブラシしているようだ。

あまり効果は出なかったようだけどね。

 

兵士の塗装 服編

ヴァルダ
ヴァルダ

続いては服を塗る。

ここは主にタミヤアクリルの出番。

軍服はカーキ色。

それ以外はフラットブラウンバフなどを使っている。

白い部分はサフを生かしてそのままにしている。

created by Rinker
タミヤ
¥377 (2022/06/27 11:41:04時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

一気にそれらしくなったかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

最後にスミ入れとドライブラシで陰影をつける。

スミ入れはスミ入れ用ブラック

ドライブラシはタミヤエナメルのバフだ。

ここは車体とほぼ同じような流れに。

レーナ
レーナ

これで兵士が完成だね。

 

アドルフ
アドルフ

筆者はいままでにはほとんどドイツ兵しか作っていませんが・・・・・・

日本兵として少し違いは出ましたかな。

新製品!タミヤ 1/35 38(t)戦車製作記⑤(完成)
アドルフ こんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。 本ブログの案内人であるアドルフです。 ヴァルダ 同じく、案内人のヴァルダ。 ...
【2021年7月】タミヤ IV号戦車G型(初期生産車) 製作記⑨(完成)【新製品】
アドルフタミヤMMシリーズの新作である、IV号戦車G型を進めていきます。ヴァルダ前回は兵士を仕上げた。今回は車輌を仕上げて完成させよう。レーナようやく完成だね。アドルフ今月頭に客車が完成して以...
ヴァルダ
ヴァルダ

古いタミヤキットの兵士はどうも頭身が低めに造形されている傾向がある。

ただ日本兵の場合逆にそれらしくなるというか。

最後のつや消し

アドルフ
アドルフ

完成まであと少しです。

いつも通り、エアブラシでアクリル塗料のつや消しクリアー(フラットクリヤー)を吹きつけつつ、タミヤウェザリングマスターAセットで砂埃を付けていきます。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥515 (2022/06/27 11:00:27時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

戦車学校の車輌なので、簡単な砂埃による汚れを中心に・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

後は履帯をセット。

マルチプライマーを吹いたので、ポリ履帯だけどある程度は接着剤が効く。

瞬間接着剤で転輪にくっつけてしまう。

ハッチはピットマルチで簡易接着しているけど、形状上ちょっと固定が難しいかな。

重さに負けて垂れ下がってくるね。

created by Rinker
トンボ(Tombow)
¥171 (2022/06/27 08:26:31時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

とりあえず、これでチハたんが完成だね。

以下、ギャラリーだよ。

 

タミヤ 九七式中戦車チハ 完成!

アドルフ
アドルフ

対空機銃と車載機銃が両方装着されていますが、説明書によりますと実際は兼用だったようですね。

こだわる方はどちらかを外したほうがより自然かと。

レーナ
レーナ

あれ、せっかく作った兵士は?

ヴァルダ
ヴァルダ

今から乗せる。

レーナ
レーナ

やっぱり人形を乗せると大きさ比較にもなって生き生きしてくるというか。

アドルフ
アドルフ

やはりハッチが重みに負けてきますな。

リアルに見せたい方は接着固定してしまったほうが良いかもしれません。

ヴァルダ
ヴァルダ

以前作ったファインモールド製の知波単学園版との比較。

同じ57mm砲装備型だが車体が異なる。

タミヤは旧車体ファインモールドは新車体

車体後部両側面の排熱口周りが区別するポイントだ。

レーナ
レーナ

蓋が板状で側面が空いているか、湾曲していて側面が塞がれているかの違いだね。

そういえば今回のタミヤ製は千葉陸軍戦車学校所属だけど、知波単も千葉の習志野にある設定なんだよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

千葉陸軍戦車学校は現在の千葉県千葉市にあったんだけど・・・・・・

元々は隣の千葉県習志野市で1936年8月に仮開設。

同年12月に千葉市へと移転してきたんだ。

レーナ
レーナ

現在は陸自の習志野駐屯地があるから、どうしても千葉の軍関連だと習志野のイメージがあるけど・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに陸上自衛隊の習志野駐屯地、名前とは裏腹に所在地は習志野市ではなく更に隣の船橋市だったりする。

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

組み立て簡単!といった感じかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

タミヤの古いMMシリーズらしく、部品が少なくて値段も安め(2022年1月現在税込み2090円)

部品の合いも悪くなく、組み立てもそこまで苦労しない。

強いて注意するならハッチ取っ手類の部品が極端に細かいので紛失しやすいぐらいかな。

アドルフ
アドルフ

戦車模型というとどうしても複雑な迷彩で敬遠する人もいますが、チハは境界線のはっきりした迷彩の車輌が多いです。

筆者は茶色だけエアブラシ、残りは筆塗りで今回仕上げてみました。

茶色含め全体を筆塗りしてみるのも良さそうですね。

レーナ
レーナ

実際最初に塗った茶色はほとんど迷彩で塗り潰されちゃっているし。

ヴァルダ
ヴァルダ

初心者にもわりとおススメかもしれないね。

砲身が短くて一般の人が思い浮かべる戦車とはちょっと離れた見た目だけど。

レーナ
レーナ

この辺は好みの問題じゃない?

逆にマスコット的な人気もあるわけだし。

アドルフ
アドルフ

ガンダム好きな人に無理矢理ザクやズゴックを勧めるわけにはいきませんからね。

逆もしかり。

ヴァルダ
ヴァルダ

チハや日本戦車に興味がある人には、とりあえず作ってみてほしいキットだ。

今回はここまで。

筆者の作業が遅いせいで、記事が追いつきそうだね。

次は何にするかな・・・・・・。

レーナ
レーナ

チハたん∩(・ω・)∩ばんじゃーい

この記事で作っているキット

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,400 (2022/06/27 11:41:10時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました