タミヤ T-34/76(1943年型) 製作記④

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤのT-34/76(1943年型)を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は車体上部と砲塔を組み立てた。

今回は細かい装備類を取り付けて全体の組み立て作業を終えよう。

レーナ
レーナ

今回は何か……。

アドルフ
アドルフ

本日ここで語ることは特にありませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

さっさと作業に入ってしまおう。

 

 

 

スポンサーリンク

車体の部品を修正する

ヴァルダ
ヴァルダ

さて、前回・前々回で少し触れた修正点がある。

ここでその点について筆者が気がついたので手を加えている。

レーナ
レーナ

フックがなんたらとかだっけ。

アドルフ
アドルフ

まずは車体前後に計4つついた牽引フック(A13番パーツ)ですね。

説明書では返しが大きいほうが上、小さいほうが下向きの指示ですが……

どうも実物では逆向き(返しが大きいほうが下、小さいほうが上)のようです。

なのでこれを反転させています。

ヴァルダ
ヴァルダ

前部のものは溶接跡の中に埋まるように接着されていたので、台座が剥がせなかった。

なので台座を残しフックだけ切り取り。

フック部分だけ天地を反転させて再接着している。

アドルフ
アドルフ

それともう1つ。

前面フックの下に牽引用のアイプレート(A14番パーツ)があります。

どうも実物には見られないものなので、これは切り取り。

隙間をパテで埋めています。

レーナ
レーナ

そういえばボックスアートの車輌もこのプレートは描かれていないね。

ヴァルダ
ヴァルダ

少し調べてみたけど詳細は不明。

もしかしたらII号戦車A~C同様、博物館が後付けしたものをタミヤがそのまま立体化したのかもしれない。

タミヤ 1/35 II号戦車A/B/C型(フランス戦線) 製作記②
アドルフ タミヤのII号戦車A/B/C型。 それのフランス戦線版を作っていきましょう。 ヴァルダ 前回はキットの紹介をした。 今回は組み立て開始。 足回りを...

 

アクセサリーパーツを取り付けよう

アドルフ
アドルフ

修正が済んだので作業を続行します。

本キットにはアクセサリーパーツとして様々な装備品が付属します。

これを取り付けていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

画像右下に見える筒型燃料タンクを今回は使う。

合わせ目接着済みだ。

アドルフ
アドルフ

まずは砲塔の手すりから。

取り付けガイドがないので様々な画像を参考に……。

レーナ
レーナ

筆者って以前アカデミー社製のT-34を作っていなかったっけ。

それを参考にしてみようよ。

アカデミー T34/76-747(r)鹵獲戦車 製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回は筆者が保有していたドラゴン旧製品、パンターF型が完成しました。今回は新たに模型製作をするようですが・・・・・・。ヴァルダうむ。筆者が積み山の最下層か...
ヴァルダ
ヴァルダ

側面と後面の手すりは今回同じ高さになるようにしている。

イモ付けなので接着剤はたっぷりつけて外れないようにする。

後でここは鋳造表現を行い目立たなくするので、多少の接着剤はみ出しは気にしない。

車体側の部品追加

アドルフ
アドルフ

続いて車体側を。

側面は手すりの取り付けガイドがありますが、今回使うものとは位置が合いませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

おそらく同社の別のT-34用のものだろう。

今回は削ったりパテで埋めたりしてしまおう。

レーナ
レーナ

今回使う手すりはE13番パーツ。

車体側面の前から後ろまで伸びた長いやつだね。

……燃料タンクに引っかかりそうだけど。

アドルフ
アドルフ

先ほどのアカデミー製を参考に、短くカットして取り付けてしまいましょう。

他には予備履帯をフェンダー上に載せて……。

鋳造表現をしてみよう

アドルフ
アドルフ

それと鋳造表現を。

車体では操縦手ハッチと機銃マウント部分に施しています。

画像でライトグレーになっている部分ですな。

レーナ
レーナ

鋳造表現については過去記事参照だよ。

簡単! プラモデルに鋳造表現を施すやり方
アドルフこんなところを見ている方がいますかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。ヴァルダ同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。アドルフさて、本ブログも二年...

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

砲塔部分も鋳造表現を施す。

ソ連戦車は粗い鋳造表現がよく似合う。

レーナ
レーナ

隣にいるのは今回参考として引っ張ってきたアカデミー製だね。

あっちは元からかなり粗めの鋳造表現が施されているけど。

アカデミー T34/76-747(r)鹵獲戦車 製作記⑤(完成)
アドルフアカデミー社の鹵獲戦車、T-34-747(r)を進めていきます。ヴァルダ前回は塗装とマーキングを行った。今回はウェザリング作業をして完成させる。レーナやっと完成かぁ。ヴァルダこちらの製...
ヴァルダ
ヴァルダ

今回は少し短いけどここまで。

次回は塗装作業に入る予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました