【2022年3月】スペシャルアーマー 35(t)指揮戦車 製作記⑦(完成)【新製品?】

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

スペシャルアーマーの35(t)指揮戦車を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装とマーキングを済ませた。

今回はウェザリング作業をして完成させよう。

レーナ
レーナ

……実際は先月に完成していたんだよね。

アドルフ
アドルフ

ですな。

本日は4月1日ですが、これは本当のことです。

ヴァルダ
ヴァルダ

昨日の集計でちょっとだけ見せたけど実際はどんな完成品になったのか、これから確かめてみよう。

 

 

スポンサーリンク

スミ入れ兼ウォッシング

アドルフ
アドルフ

手始めにスミ入れ兼ウォッシングから。

全体にガイアノーツエナメル塗料の埃色を薄めて塗布。

リベットなどモールド部分にはタミヤエナメルのスミ入れ用ブラウンを流し込みます。

乾燥後は溶剤で拭き取りましょう。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥294 (2022/05/21 07:56:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥277 (2022/05/20 20:23:23時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

この車輌の車長ハッチ四方にはペリスコープがついている。

ここはタミヤエナメルのフラットブラックスミ入れ用ブラックを使って濃度を調整しつつ、ペリスコープ部分の凹みに塗っている。

created by Rinker
¥285 (2022/05/20 16:11:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥295 (2022/05/20 08:55:29時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

エナメル塗料は溶剤で拭き取りやすいのが利点だね。

奥まったところも拭き取りと併用して簡単に塗り分けられるみたいな。

ヴァルダ
ヴァルダ

余談だけど……

溶剤が効きすぎたのか、はめ込んでいた車長ハッチに浸透してヒビが入った。

スケールモデルはガンプラに比べて肉厚だけど、割れるときは割れる。

レーナ
レーナ

あらら。

アドルフ
アドルフ

まさか割れるとは。

ヴァルダ
ヴァルダ

基本的にスケールモデルの場合は接着部分が溶剤成分で外れるぐらいで済むパターンが多いからね。

今回のケースは珍しい。

ハッチのヒビはこれ以上広がらないように内側から再接着。

キューポラ周辺を少し削ってはめ込み負荷を和らげ、ヒビ部分は後でウェザリングをして誤魔化そう。

 

ドライブラシ

アドルフ
アドルフ

続いてドライブラシ。

今回はグレーの車体なので、明るめのグレーでハイライトを入れます。

タミヤエナメルのニュートラルグレイを使ってみましょう。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥515 (2022/05/20 21:47:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

ドライブラシについては過去記事参照だよ。

今回は細かいエッチングパーツをたくさん使っているから、擦る際は力加減に注意して……。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ2020年があと3日で終わってしまいます。ヴァルダ筆者は何時だろうと模型製作だ。アドルフ相変わらずですな。レーナ今日は何をするのかな。ヴァルダ前回手をつけた一式砲戦車を使って、また...

 

 

オイル染み!

レーナ
レーナ

後部のエンジンデッキとかには筆者特製のタミヤエナメルオイルカラーを撒き散らすよ。

これも詳しくは過去記事参照……。

気軽に行こう!戦車プラモのオイル染みウェザリング
アドルフついに大晦日となりました。レーナ2020年最後の記事は何をするのかな。ヴァルダ幾つかプラモ製作が進んでいるんだけど……。どれも途中になるので、年の終わりに紹介するには切りが悪い。なので、今...

 

アドルフ
アドルフ

筆者特製カラーはタミヤエナメルのフラットブラックとクリアーオレンジの混ぜ物ですな。

近年はガイアカラーのエナメルでもオイル色が発売されているので、そちらを使うのも良さそうですね。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥291 (2022/05/21 03:00:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

ウェザリングカラーの錆と傷

アドルフ
アドルフ

続いてウェザリングカラーで車体上面を汚していきます。

まずは傷類。

同カラーのグランドブラウンを筆にとり、可動部やら角やらにチョコチョコと置いていきます。

なるべく塗り分け部分がギザギザになるとそれらしく見えますな。

レーナ
レーナ

なるべく「液体を塗っている感」をなくしてあげるのがポイントかな。

排気管は錆。

同カラーのステインブラウン・ラストオレンジ・マルチブラックの順にペタペタ塗って排気管の錆と煤部分を出しているよ。

これも過去記事が詳しいね。

部分塗装省略!戦車の車外装備にいきなり錆ウェザリング
レーナ今日は何しようか。アドルフ前回は、ティーガーIIを完成させましたが・・・・・・。アドルフそういえば、もう1輌ティーガーIIが放置されていますね。今回はそれを完成させましょう。ヴァル...

 

ヴァルダ
ヴァルダ

過去記事では工具ごと錆びさせているけど、今回は排気管のみに留めている。

 

 

 

ウェザリングライナーで雨だれ

レーナ
レーナ

続いてウェザリングライナーで雨だれ。

錆色セットのスートブラックを使って線を引いて再現しているよ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥373 (2022/05/10 03:07:43時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

線を引いて溶剤を含ませた筆・綿棒・フィニッシュマスターで伸ばしてやります。

これも以前過去記事で触れていますね。

本ブログの黎明期のものなので、またリメイクしたい記事ですが……。

ヴェスペでウェザリングライナー&ウェザリングマスターレビュー
アドルフうーむ、次は何を作るか・・・・・・。ヴァルダアドルフ、ここはレビュー系の記事なんてどうだろうか。アドルフレビュー系ですか?ヴァルダうむ、便利グッズとかを実際に使ってみた感想を書いてみたり。...
ヴァルダ
ヴァルダ

ウェザリングライナーは2022年4月現在、錆色・泥色・雪色の3種類がある。

筆者はまだ雪色を持っていないみたいだけど……。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥710 (2022/05/20 20:52:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥370 (2022/05/20 20:52:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

足回りの泥汚れを施す

アドルフ
アドルフ

続いて足回りの泥汚れを。

まずはウェザリングカラーのグレイッシュブラウン

これを適当にペタペタと塗ってから、半乾き状態のものを擦ってぼかしてやります。

作業前に完全乾燥してしまったのなら、溶剤を少し含ませた筆やらで擦ってやると溶けてくれます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥369 (2022/05/21 02:56:47時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

泥はね防止の役割をもつフェンダー周辺を境目に塗り分けてやるとそれらしくなるかな。

後は転輪と履帯の擦れる部分はなるべく汚れを落としておきたいところ。

ここは走行中常に擦れて磨かれているからね。

アドルフ
アドルフ

これだけでは物足りなかった、というより粗を隠したかったので更に盛り付けます。

クレオスよりウェザリングペーストのマッドブラウンを用意。

泥が溜まりそうな奥まった部分を中心に盛り付けて、立体感のある泥を再現します。

レーナ
レーナ

前回作ったFCM36と同じような感じかな?

ICM FCM36軽戦車(ドイツ軍仕様) 製作記⑦(完成)
アドルフ ICM社より発売されています、ドイツ軍仕様のFCM36軽戦車を作っていきましょう。 ヴァルダ 前回は塗装とマーキングを済ませた。 今回はウェザリングを行い完成...

アドルフ
アドルフ

最後に乾いた土の上を走行して、履帯の凸面が磨かれた感じを再現。

タミヤエナメルのクロームシルバーをドライブラシします。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥285 (2022/05/20 23:14:12時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

……なんか履帯というよりも土がピカピカ光っているような。

ヴァルダ
ヴァルダ

一連の作業で履帯表面が凸凹していたからかもしれない。

一度表面をふき取ってから再チャレンジだ。

アドルフ
アドルフ

そんなこんなで最終的にはこんな感じに。

イメージとしては1940年6月の対フランス戦辺りでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

本車が所属していたのは第1軽師団改め第6戦車師団。

同師団はフランス戦でルントシュテット将軍率いるA軍集団配下となり、アルデンヌの森を突破し英仏連合の背後を突くことになる。

アドルフ
アドルフ

ポーランド戦では1輌のTKSに10輌の35(t)が撃破され、ソ連戦では寒気によるブレーキの不具合やT-34・KV-1に太刀打ちできず……。

フランス戦が35(t)の最も輝いた時期ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

フランス戦時の同師団は35(t)のほか、II号戦車やIV号戦車も配備されていたようだ。

created by Rinker
¥1,880 (2022/05/21 02:29:58時点 楽天市場調べ-詳細)

 

最後の仕上げ

ヴァルダ
ヴァルダ

とにかく最後の仕上げをしよう。

タミヤアクリルのフラットクリヤーをエアブラシで吹きつけ、その最中にタミヤのウェザリングカラーを擦り付ける。

Aセット全般を足回りの砂埃に。

Bセットはススを砲口、サビを予備履帯に使っている。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥515 (2022/05/21 02:29:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

これで完成かな?

アドルフ
アドルフ

ですな。

以下、ギャラリーとなります。

 

スペシャルアーマー 35(t)指揮戦車 完成!

レーナ
レーナ

そういえば、筆者は以前同型のキットを作っていたよね。

アドルフ
アドルフ

アカデミー社製品ですな。

それの通常型と並べてみましょう。

レーナ
レーナ

なんか微妙に違うような……。

ヴァルダ
ヴァルダ

砲塔やキューポラ周りが少し違って見えるね。

アカデミー製品はやや横に広めで、スペシャルアーマー(CMK)製品は少し縦長に感じる。

アカデミー 35(t)製作記①(完成)
アドルフさて、前回アカデミーOEMのエアフィックス製品。35(t)軽戦車が完成しました。今回は何をするのでしょうか。ヴァルダ丁度いい機会なので……エアフィックス製品の元となった、オリジナルのア...

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

ちょっと手こずった感じだったね。

ヴァルダ
ヴァルダ

新発売とは言ったものの、実際は古いCMK製品にエッチングパーツとレジンパーツを追加したものだ。

今でこそ35(t)系列はアカデミーやブロンコからも発売されているけど、それまでは長らくCMK製品に頼ることになっていた。

created by Rinker
ブロンコモデル
¥6,570 (2022/05/21 07:56:59時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

両製品とも、2010年代のつい最近になって発売されたキットですからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回のキットは元が古いのでパーツの精度にやや難有りといった感じかな。

のっぺりしたジャッキとか、斜めになっている起動輪・誘導輪の接着面とか。

全く組めないわけではないんだけど。

アドルフ
アドルフ

筆者も素人時代にタミヤ箱のCMK製品を組んでいますが、特に問題なく完成させていますからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が今回苦戦したのは指揮戦車特有のフレームアンテナや追加のパーツ類が原因だね。

ジェリカンは底面の荒れが気になり付属のレジン製は使わずエッチングパーツもプラストライプで追加工作することに。

後はジェリカンラックが上手く取り付けられず、設置済みのアンテナの位置を修正したり。

レーナ
レーナ

この辺はアンテナよりも先にジェリカンラックを取り付ければ良かったかも。

ヴァルダ
ヴァルダ

キットの値段は最近のものと比べると安価なのが利点。

納品書を確認したところ、筆者はこのキットを2392円で購入したようだね。

アドルフ
アドルフ

レジンパーツとエッチングパーツが付属していますが、近年の1/35キットとしては比較的安価な部類ですな。

アカデミーの35(t)系列も比較的安価な部類でしたが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

新しいだけあって、アカデミーやそれを元にしたエアフィックス製品のほうがパーツの精度は高い。

ただあちらは何故か目立つところに押し出しピン跡が多数あったね。

車体前後のフックとか、前面のアンテナ基部とか。

もっとも、スペシャルアーマー(CMK)はアンテナ基部がヒケで凹んでいたけど。

エアフィックス 35(t)軽戦車 製作記③
レーナアカデミー社OEMの、エアフィックスから発売中の35(t)軽戦車を作るよ!ヴァルダ前回は履帯の組み立てが終わった。今回は車体の組立てを進めていく。アドルフ筆者がなにやら苦戦していますな。ヴ...
アドルフ
アドルフ

ブロンコ製品は……筆者はまだ買ったことがありませんな。

見た感じフルインテリアだったり、東欧諸国所属車がラインナップされていたりするそうですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

あちらも組んで、3社製品で作り比べたいものだ。

とりあえず、今回のスペシャルアーマー版はこれで終了だ。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました